日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

【アメリカ通信】中国の弱点「マラッカ・ジレンマ」

┠──────────────────────────────────
 ┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信  ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
 ├ 2013年01月22日 中国の弱点「マラッカ・ジレンマ」
┠──────────────────────────────────

(前回よりつづき)

『月刊日本』(2012/11月号)より

■中国の弱点「マラッカ・ジレンマ」

―― アメリカの外交政策の重心は、中東から東アジアへとシフトしつつある。
   これに対して、中国はどのように出ると考えられるか。

奥山

中国はアメリカに追いつくために軍事力を増強させているが、
彼らがアメリカと対等に渡り合うためには、
何よりもまず「マラッカ・ジレンマ」を克服しなければならない。

私が翻訳した、オバマ政権のブレーンの一人である
ロバート・カプランの著書『インド洋圏が、世界を動かす』にも詳しく書かれているが、
中国は石油をはじめとするエネルギー物資の輸入ルートとして
マラッカ海峡に過剰に依存している。

しかし、マラッカ海峡は狭く、簡単に封鎖することができる。
マラッカ・ジレンマとは、このようにマラッカ海峡において
中国が抱える潜在的な脆弱性のことである。

マラッカ・ジレンマから脱却するためには、
マラッカ海峡を通過させずにエネルギー物資を国内に運び入れる必要がある。
そのために中国が目をつけたのが、パキスタンのグワダル港を経由する陸上ルートだ。

パキスタンを経由すれば、インドの前もマラッカ海峡も通る必要がなくなる。
また、多くの中国人がパキスタンを友好国だと考えており、信頼関係もある。
そのため、中国は現在、このグワダル港に莫大な投資を行っている。

しかし、ここには一つ大きな問題がある。
パキスタンの首都イスラマバードに住む人々(パンジャブ人)と、
グワダルに住む人々(シンド人)は民族が異なっており、対立関係にあるのだ。

グワダル周辺のシンド人たちは
これまで何度もパキスタン軍から強い弾圧を受けており、
死者もたくさん出ている。そのため民族主義運動を行っているシンド人たちは、
パキスタン政府が自分たちの権利を踏みにじるような開発を行えば、 
中国から出稼ぎに来る労働者たちも殺し、
グアダル港開発計画を終焉させるとさえ述べている。

また、港の北部から吹き込む大量の砂を含んだ風のおかげで、
すぐに港の底が砂で埋まってしまうという難点もあると聞く。

このような状況を考慮すれば、中国がマラッカ・ジレンマを解決するには
まだまだ時間がかかると言わねばならないだろう。

■日本人は日本が小国であることを望んでいる

―― 翻って日本である。石油を中東に依存する日本にとっても、
   アメリカの中東政策の転換やマラッカ・ジレンマは決して他人事ではないはずだ。
   しかし、日本ではほとんど関心が払われていない。

奥山

地政学では、資源のある場所と、人々の住んでいる場所とをつなぐ通り道が重要となる。
中東から日本へ資源を運ぶルートはこれまでアメリカによって守られてきたわけだが、
アメリカの中東からの撤退が進めば、日本としても何らかの対策を講じざるを得なくなる。

もちろんイランで戦争が起こった場合も同様だ。
しかし、日本政府が何かオプションを持っているようには見えない。

日本では竹島問題や尖閣問題など、「点」としての領土の問題は大きく取り上げられるが、
シーレーンなどの「線」の部分が軽視されがちである。
他国にシーレーンを握られるということは、生殺与奪権を握られたも同然だ。

実際、最近の中国海軍は沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡を通過しはじめており、
本のシーレーンの分断を図っている。

太平洋戦争の時も、日本はシーレーンを守ることができずに敗れた。
同じ過ちを繰り返してはならない。

―― 尖閣問題などが典型的だが、日本で行われている議論は、
   アメリカに頼ってさえいれば何とかなるといったものばかりだ。

奥山

冒頭で述べたように、これまでアメリカによって支えられてきたシステムは現在、
崩壊の一途をたどっている。崩壊しつつあるシステムにすがりついていれば、
日本も一緒に崩壊してしまうだろう。

日本が生き残るためには自主防衛の道を探るしかない。
国防を米軍に任せているようではダメだ。マキャベリも述べているように、
国防を傭兵に頼っている国家は必ず滅びる。

もちろん、自衛隊員たちは、
自分たちは命懸けで国を守っていると主張するだろうし、
私もそれを否定するつもりはないが、
自衛隊が米軍に依存していることは厳然たる事実だ。
実際、自衛隊の演習も、まず自衛隊が敵の侵攻を食い止め、
米軍の支援が来るのを待つというシナリオになっている。

―― このような状態では核武装などなおさら夢物語だ。

奥山

核武装するためには強い意志が必要である。
たとえば、インドは核武装に際して、
「インドは核武装に反対である。それゆえ、
全世界が核を放棄すればインドも核を放棄する」
と一貫して主張し続け、経済制裁にも怯まず、ついに核兵器を手に入れた。

日本で行われている議論を見ていると、
そもそも日本人は日本が大国になることを望んでいないのではないかと思えてくる。
核兵器を持ち大国になれば、尊敬もされるが、それだけ責任も重くなる。
多くの人たちは、こうした責任から逃れたがっているように見える。

要するに、今までのようにアメリカの属国でいたいということだろう。

(次回につづく)

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼S・ウォルトに学ぶ日本が生き残るための国際政治学

このCDは、日本にリアリズムを浸透させリアリスト(学派)をつくる
という大それた目標のためのものです。
タイトルはのんびりしていますが、実は切迫してきています。

リアリスト派は、
アメリカは一極覇権はこれまでも、これからも続けるべきでない。
(そもそもその力もなくなってきている。)
むしろ地域覇権国や友好国を利用して、軍事介入も減らしつつ
世界管理をしていくべきだという勢力です。

太く短い一極覇権でなく、強く長くつづく覇権を目指す勢力です。

リアリズムの泰斗、シカゴ大学のミアシャイマー教授の定義では
経済規模の小さいイギリスやフランスは大国なのに、
日本は大国ではないとされています。

その現実を見ることが必要です。

そして、「現実をみる」とはどういうことなのでしょうか?

それは、日本人の多くが米国の国際戦略を学ぶことで、
米国の動きを予測し、他の東アジア諸国の戦略をも理解し、
日本の安全保障上の危機を悟り、外国との同盟や、
また、軍事衝突も含めた紛争にどう対処するのか。

あくまでもリアルに、
そして、シビアに学ぶということなのです。

今回企画した、S・ウォルト教授の理論を説明したCDは、
こんな方に、ぜひお聴き頂きたいです。

・外交戦略を「善悪」ではなく、「強弱」で見るように訓練したい人。
・国際戦略をビジネスにも応用したい人
・パワーを持った相手に抵抗するための戦略を知りたい人
・日本が無意識に行っている戦略を知りたい人
・政治家を目指す人
・経営者として欧米の戦略を応用したいと思っている人

そして、残念ながら、このような方には必要はないかもしれません・・・

・米国の一極覇権が続き米国が日本を今後も守ると考えている方
・中国の念願である「日米分断」を果たすことはないだろうと考えている方
・米国が経済成長で中国に追いつかれることがなく、軍事費も同様であると思う方

収録内容

▼大著「米国世界戦略の核心」を一時間で理解するための十の質問

1:なぜいまウォルトの理論を理解する必要があるんですか?
2:ウォルトって何者ですか?ハーヴァード大学教授ってやっぱりすごい?
3:本の全体像を教えて下さい
4:ウォルトの理論はあるんですか?どんな「前提」があるんでしょうか?
5:アメリカ以外の国々が採用している「抵抗戦略」を具体的に教えて下さい。
6:日本もアメリカに対して「抵抗戦略」を使っているんですか?
7:アメリカのパワーを利用する戦略
8:この本でウォルトが本当に訴えかけたかったことは?
9:「オフショア・バランシング」ってどんな大戦略なんですか?
10:これを踏まえて日本のリーダーはどう考えればいいんですか?

ぜひ、下記のURLよりお申込み下さい。

http://www.realist.jp/walt-cd.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「戦略の階層」徹底解説CD|
 http://www.realist.jp/strata.html

奥山真司が提唱する「戦略の階層」を
いろいろな用途で試していただきたい。
誰でも戦略を持つことができます。

以下のようなことが学べます。

□戦略と戦術の違い
□長期的視野でものをごとをみる
□個人の人生設計
□企業の経営
□過去の偉人の「戦略の階層」をみる
□会った人のスケールの大きさ
□政治家の政策が世界観があるとか、どのレベルを目指しているのか
など

使い方をもっと学びたい方は以下のアドレスからどうぞ。
http://www.realist.jp/strata.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼『管理人Twitter』
https://twitter.com/#!/crfpfj

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
 ┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信  ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────

ついでに読みたい

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

発行周期:  週刊、不定期 最新号:  2019/03/22 部数:  13,827部

他のメルマガを読む