必見!誰でもわかる「お茶の間法律ミニ講座」

必見!誰でもわかるお茶の間法律ミニ講座

::::::::必見!誰でもわかる「お茶の間法律ミニ講座」::::::::
       -----------------------------------------------------
       〜え?こまったな、借金かかえて死んじゃったよって?〜  
       -----------------------------------------------------

すみません、またまたまた相続ネタです。
すっかりその道にはまっている今、他のネタが思いつきません。
お許しください。

さて、相続って「遺産がもらえる!(プラスの財産)」だけと思ったら大間違いです。
債務(マイナスの財産)も相続するんですねえ。。
つまり相続は被相続人の権利と義務の双方を引き継ぐことなんです。
だから遺産に債務が多い場合は要注意なんです。
うっかり相続財産を一部でも処分してしまったりすると、「単純承認」といって
相続を全部承認したことになるのでお気をつけくださいね。

もし、あなたのパパが亡くなり(最近メルマガ上でパパを殺してばっかりの筆者。。。)
と〜んでもない金額の借金があった事が発覚したとしましょう。
「ひゃ〜、パパったら、こんなに借金があったのおォォォォ〜!
私のこの先の人生真っ暗だわ〜」と、嘆かなくても方法があります。

明らかにパパの借金がプラスの財産より多かった場合は
「相続の放棄」をしましょう。

民法第915条1
「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから
三ヶ月以内に、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。
但し、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所
においてこれを伸長することができる」

相続の放棄は、上記の通り、自己のために相続の開始があったこと
を知ったときから三ヶ月以内に、家庭裁判所に申述する、という方法で行います。
家庭裁判所においては、本人の意思をきちんと確認した上で受理することに
なっています。

条文の中に「限定承認」というものがありますが、これはプラスとマイナスの財産
がどちらが多いかわからない、なんて場合に使う制度。

相続によって得た財産の範囲でのみ借金を払い、余ったらその分を相続するという
制度です。つまり、責任がその相続財産の範囲内で有限なのです。

なんだかとっても便利な制度ですけれども、相続人全員がしないとできませんし、
財産目録をきちんと作って家裁に提出しなくてはなりません。
放棄とは違い手間はかかります。ですので、一般的には放棄が利用されている
ようです。

う〜ん、とどのつまり、
相続が開始になったらまず、借金があるかないか、あるとしたらいくらぐらいか
調べた方がよいってことですねっ



--------------------------------------------------------------------
〜今週の主婦の目〜

   行政書士兼主婦である筆者の身の回りの出来事、
   常日頃考えていることを「思いのまま」に書かせていただきます!
--------------------------------------------------------------------

さてさて、なんだか、法律に携わる方って小難しかったり、すぐくってかかってくる
方が多い気がして仕方がない主婦です。

もちろん、法律がわからない、困っている方にはいろいろ説明してあげることは
よいことだと思います。
そういうことではなく、それぞれ法律知識が幾分かあるとして、ちょっと誰かが、
「あれは、こういう解釈だ」と言ったら、「いや、違う。こういう場合はこちらの条文
があてはまる。」だの「判例ではこうだ。絶対君は間違っている!」など
言い返したりする方が多いような気がするってことなんです。

そういう方はそういう方で集まって討論すればよいのでしょうけど、主婦は
そういう趣味はありません。
もちろん書物を読んだり、お偉い先生にお話を伺ったりして勉強することは
好きです。
でも同じくらいのレベルの人で討論することはあまり好きではありません。

「おらおら、リングあがって来いよ」みたいな方って実際います。
そんな人を話している時間があったら、困っている人の相談にのったり、
書物を読みたいと思います。

なんのための知識か。主婦は困っている人のためにそれを使いたいと思います。

ちょっと嫌なことがあって、柄になく、くら〜くなっちゃいましたね。

次号は元気はつらつ!でカムバックしま〜す!


                              
--------------------------------------------------------------------
主婦が作ったホームページはこちら!遊びにきてください。

http://www.ehakamada.com


ご意見・ご感想はこちらへどうぞ!いじめは禁物です。
あと、あくまでこのマガジンは「娯楽」なのでこ難しいことも厳禁で〜す。

かなりのお便りをいただくため、すべての方に返信できないこともありますので
ご了承くださいませ。

eri-hakamada@mwc.biglobe.ne.jp

--------------------------------------------------------------------
★☆ご紹介のページですっ★☆

*******************************************************************
「強い会社・凄い会社を作る」(無料メルマガ)
経営者の方・幹部の方必見!凄い会社になるコツ・ツボを提供します!
SCM・ビジネスモデル・顧客創造・TOC・経営品質の観点から。
http://www.mag2.com/m/0000105711.htm
バックナンバー300本掲載中!http://homepage2.nifty.com/idc/
*******************************************************************
--------------------------------------------------------------------
あなたの身近な法律アドバイザーです。「わかりやすさ」がモットーです。
敷居が高くありませんのでお気軽にご相談ください。

東京都世田谷区上祖師谷7-14-7         
行政書士   袴田栄里子事務所         
URL: http://www.ehakamada.com
E-mail: eri-hakamada@mwc.biglobe.ne.jp

〜現在、「依頼」を前提とした「相談メール」無料(初回に限る)です!〜

なお、匿名やペンネームなどの場合はご返答しかねる場合もございますので、
ご了承ください。

---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ 
を利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0000110176.htm からできます。
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンの内容に関する事項のご利用は、
自己責任においてお願いいたします。
万一、損害が生じても、当事務所は一切責任を負わないことをご了承ください。

無断使用・無断転載禁止





このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む