モバイルオフィスの作り方

[モバイルオフィスの作り方 Vol.0622] Excelは最強!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ 新春ももう後半・・・・                 第622
 ☆モバイルオフィスの作り方 ★
                                 Vol.0622

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

□   Excelは最強!
□   Winのシステムのうっとうしさ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ Excelは最強!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しい!忙しい!といっていたら、あっという間に人生が終わってしまいますの
で少し暇を見つけて探検をしました。

◇ 2日ほど時間ができた
 たくさんのシステムを同時に作っているので年末から年始にかけてはとっても
 忙しかったのですが(その上Winのアップデートのトラブル対応もあった)、仕
 事の切れ目を見つけて大好きな新しい技術の開発を試みました。
 
 現在はプログラミングはほとんどHTML5で行います。
 ということはすべてのプログラムはHTMLとJavaScriptで作り、サーバーでは
 データベースの登録や検索をPHPのプログラムが引き受けてくれます。
 
 データはサクラサーバーに借りた領域で保管しているのですが、これがなかな
 か高速でとっても快適なので気に入っています。
 でもどうしてもWindowsに依頼しないといけない問題もあります。
 
 例えばプリントで、これだけはWindowsのプリントを専門に受け持つサーバー(
 実態は単なるPCですが)が行います。
 
 現在はPowerShellがFTP経由でプリントリクエストを受信し、Excelが指定のフ
 ォーマットにデータを送って印刷します。
 これはこれでうまく稼働していますが、以前からこの仕組みをもう少し簡単に
 できないかとあれこれと検討していました。
 

◇ データの受け渡しはXmlHttpRequest
 JabaScriptのプログラムはデータの検索や登録、そしてプリントの指示もすべ
 てXmlHttpRequestという機能を使います。
 
 サクラサーバーのPHP(サーバー側のプログラム)にこの機能を使ってデータを
 送信したり受信したりするのです。
 
 一方、プリントを受け持つプリントサーバーはPowerShellのFTPの機能でプリ
 ントのリクエストを受信し、Excelに投げるのですが、あるときExcelでもXml
 HttpRequestを使えることを発見していたのです。
 
 そのときは簡単なサーバー上のテキストを受信する実験だけにしていて、いつ
 か本格的にテストしようと思っていたのです。
 
 今回、貴重な時間の余裕ができたのでちょっと本格的にテストしてみました。
 
 例えばある顧客の1ヶ月分のデータを検索すると言った現実的なテストです。
 今回試したケースでは約6万件のデータが検索されるのですが、なんとExcel
 は6秒ほどでデータを検索してきました。
 
 使えるじゃん!!
 
◇ Excelは最強!
 Excelがクラウドサーバー上のデータを検索したり登録したりできるとわかっ
 たことはとても重要です。
 HTMLでしか作れなかったシステムがExcelでも作れると言うことなのです。
 
 HTMLとExcelでプログラムする際のメリットとでメリットは・・・
 
 ☆ Excelのメリット
  何より強力なことはプリントが直結していることです。自身のPCに接続して
  いるプリンターに書式を決めて自由に印刷できます。
  
  また、ローカルにあるテキストファイルを読み書きできる(HTML+JavaScrip
  tではセキュリティー上の問題からローカルのデータは操作できない)ことも
  大きな魅力ですし、他のプログラムとも簡単に連携できます。
  
  今までの経験からExcelで作れない業務システムはありません。
  例えば納品伝票や請求書と言った開発言語でないとできそうにないシステム
  でもExcelのみで作る自信があります。
  そしてできたシステムをVBやCで作ったプログラムと区別できないほどそれ
  らしく見せる自信もあります。
  
  Excelのデータサーバーがサクラサーバーになるという革命的な技術です。
  かなり高速で世界中どこからでもアクセスできるサーバーをExcelが手に入
  れたと言うことです。
  
 ☆ Excelのデメリット
  Excelはプログラムも含めて環境が各PCにあります。
  プログラムを改造した場合、顧客が次回使うときには必ず最新であるHTMLに
  比べるとメンテナンスが少し大変です。
  
  何らかの形で顧客のPCに直接通信でアクセスして新しくする必要がありま
  す。少し前なら当たり前のメンテナンスですが、HTML5になれた今では少し
  おっくうです。
  
◇ Microsoftの遺産
 このXmlHttpRequestという機能は実はかなり昔にMicrosoftがIEに搭載した機
 能で、その後FireFoxやChromeが追随し、今ではHTML5の標準機能になりまし
 た。
 
 当初のHTMLではデータの送受信時にはページごと送信してサーバーで新しい
 ページを作り、ページを差し替えるのが基本でした。
 だからお買い物などは入力するごとに次のページに移動するのです。

 もしそれしかできなかったら私はHTMLには移行しなかったと思います。
 
 XmlHttpRequestがデータだけをサーバーに送信して仕事をしてもらい、データ
 だけを受信してページの中の表示を変えることができるようになったので今の
 仕組みを作ったのです。
 (このことでWinのデスクトッププログラムと同等の快適さが実現できた)
 
 そしてそれがMicrosoftの作った機能であることはつい最近まで知りませんでした。
 だからExcelがこの機能を使えることを知ってとても驚いたのです。
 
 http://gihyo.jp/dev/serial/01/crossbrowser-javascript/0012
 
 先ほども言ったようにExcelがこの機能を使えることは極めて重要です。
 ExcelというPC界で最も強力なプログラム環境がクラウドサーバーとデータの
 送受信をできるのですから・・・・
 
 Excelが超強力なクラウドサーバーを手に入れたわけです。
 数万件のデータを数秒で取得することなどは自社のLan上のサーバーに対して
 もできない離れ業で、それをいとも簡単にするのですから・・・
 

◇ まずはプリントサーバーを改造
 Excelがクラウドサーバーと親しくなったことはとてつもなく大きな可能性を
 実現してくれますが、まずは懸案のプリンターバーを作り替える実験を始めま
 した。
 単なるPCで実現しますが、それでも機能的にはサーバーであり、24時間ずっと
 クライアントからのプリントリクエストを待ち続けるのですから安定性が命で
 す。
 24時間稼働のプログラムを作り、ずっと起動させてテストを始めました。
 
 もしうまくいったらPowerShellを省くことができ、Excelを起動しなくてよく
 なりますから当然応答速度が速くなります。
 
 何より仕組みがシンプルでうまくいけば安定性が向上します。
 
 この実験は最低でも数週間かかり、いろいろなLogを取って解析しないといけ
 ないのですが、自社のサーバーで始めました。
 

新しい技術開発はいつも心躍る取り組みで私の取ったらドラゴンクエストを楽し
むようなものです。そして今回のことは成功したら”天空の剣”を手に入れたい
ようなのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ Winのシステムのうっとうしさ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
MS-IMEをATOKに変えてからメルマガを書くのがとっても楽しくなりました。
今までは文字の変換をやり直すことでエネルギーの半分ぐらいを奪われていたの
ですが、書く楽しさを思い出しました。でもいいことばかりではありません。

◇ ATOKがバージョンアップをしてくれる
 Windowsのアップデートはセキュリティー向上のために必須です。
 そしてATOKのバージョンアップも基本的にはよいことです。賢いATOKをさらに
 賢くしてくれるのですから是非行うべきです。
 
 でも・・・・・
 IDとパスワードを尋ねるのです。"あんたは私が正規ユーザーだと知っている
 からバージョンアップの案内をしてくれたのでしょ?なんでIDやパスワードを
 入力しないといけないの??"と思う次第です。
 
 しかたがないので控えているOneNoteを探してIDやパスワードを入力すると今
 度は先に進むかどうかを尋ねます。
 準備ができたらさっさとバージョンアップをすればいいのに・・・と思うので
 す。
 そして最後に再起動をします。
 
 まあ、ATOKもWinUpdateもOSの奥深くを触りますから仕方がないと言えばしか
 たがないのですが・・・
 
 Windowsのプログラムを主にしていた頃はあまり気になりませんでしたが、HTM
 L5のプログラムになれた最近ではこのアップデートや何かがとても面倒に感じ
 られます。
 
◇ 環境設定のうっとうしさ
 PCですから・・・コンピュータなのだから・・・とは思うのですが、もう少し
 簡単にならないものでしょうか?
 
 本編でも書きましたがExcelに強力な機能がつき、いっそHTMLよりExcel主体の
 プログラムをしてみようか・・・と思う反面、この環境の問題を思い出すとど
 うしても二の足を踏みます。
 
 HTML5ならOSのバージョンどころかMACやアンドロイド、UNIXでもURLさえ伝え
 れば使うことができます。
 
 Win7であってもWin10であっても全く関係なく稼働しますが、ローカルのネイ
 ティブのプログラムではどうしても環境に左右されるのです。
 
 何か機能を追加するごとにセットアップを実行して・・・というのがとても面
 倒です。
 

◇ ブラウザがOSの代わり??
 HTML5ではブラウザがOSのバージョンや、そもそもUNIXやWinといったOSの違い
 も吸収してくれます。
 
 環境はブラウザが用意してくれるので、どれかで動けばほぼすべてのコンピ
 ュータ(スマホも含む)で稼働します。
 
 昔、”ネットスケープはOSになるか?”という雑誌の特集を読み、”そんなこ
 とがあるか!”と思ったことがあります。
 
 まだ2000年の最初の頃だったと思うのですが、ダイアルアップでインターネッ
 トに接続していた時代ですからその当時の判断は正しかったのですが、今では
 ネットスケープはなくなりましたが、ブラウザがOSの代わりです。
 
◇ 少し時代が遅いですが・・・・
 Microsoftは”.netフレームワーク”というUNIXで言うSHELLのようなものを持
 っており、これがUNIXや他のOSで採用されたらWinで作ったプログラムが他のO
 Sでも稼働する・・・という構想を持っていました。
 
 そしてつい最近”.netフレームワーク”はUNIXやLinux、Macでも採用されたそ
 うです。
 残念ながらもう時代はスクリプト言語の時代で、このようなSHELLに近いもの
 を使わないような気がするのですが、なかなかの快挙です。
 
 https://ja.wikipedia.org/wiki/.NET_Framework
 
 10年前に実現していたら・・・と悔やまれるところです。
 
◇ でもアジュールは間に合った??
 アジュールというサービスはMicrosoftのクラウドサービスで、Microsoftは
 サーバーOSの代わりにこのサービスを勧めています。
 
 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/
 
 そして信じがたいことに2018年の1年間で世界最大のクラウドサーバーである
 アマゾンのシェアを逆転し、世界一のクラウド屋さんになったようです。
 
 このサービスもせめて5年前に作ってくれていたら間違いなく私は乗ったでし
 ょう。今まで作ったプロウラムを何も改造せずにMicrosoftのサーバーを借り
 てインターネット上のサーバーにデータを置けたのですから・・・
 
 いまの私たちのプログラミングはUNIXサーバーにPHPでデータのアクセスのエ
 ンジンを置き、あくまでもUNIXに対してプログラムしています。
 
 すっかりなじみ、快適に使っていますが、そこに行くまでにはとてつもない苦
 労と冒険の連続でした。
 
 そんな苦労なしにアジュールはふるさとの言葉で仕事ができたのです。
 
 5年前に”将来どこに行くべきか?”を真剣に検討して見知らぬ異国の地であ
 るUNIXを試していた頃なら100%乗っていたと思います。
 
 
 それにしてもMicrosoftは世界中のよいお客さんを持っているのでたった1年で
 先行しているアマゾンのシェアを奪えたのでしょうね。
 快挙と言えば快挙ですが私たちには遅きに失したように思います。
 

インターネットは数々の問題を持っていながら世界中でお買い物をする人がいる
限り進化を続けることでしょう。
そのたくさんの買い物客に紛れて、ブラウザが提供してくれる機能で業務システ
ムを作っていきます。環境に振り回されるのはもううんざりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[モバイルオフィスの作り方] はサボのマナベが日々気づいたこ
とや思ったことをお天気の良い日の縁側に座ってポツリポツリと
お話しするようなマガ ジンです。
ご意見などもあることと思います。
もしご意見等がありましたらお寄せいただければ随時話題にして
いきたいと思います。


新規登録・解除はこちら
      ↓
http://sabot.jp/MailMagazine/Merumaga.html
==========================================
★発行責任者:
 (有)ファクトリー・サボ
  真鍋隆彦
 兵庫県神戸市垂水区東舞子町9-9
           マリタイム舞子501号
 Tel:078-787-3602 Fax:078-787-3619
 Mail:manabe@sabot.co.jp
 http://www.sabot.co.jp/
 ☆ソフトウェアーギャラリーに遊びに来てください
  https://secure3552.sakura.ne.jp/sabot.jp/Mitumori/
==========================================

モバイルオフィスの作り方

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/19 部数:  148部

ついでに読みたい

モバイルオフィスの作り方

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/19 部数:  148部

他のメルマガを読む