私の出合った日本百名山

週刊 私の出合った日本百名山 他の山々 No.338

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

☆☆☆  週刊 私の出合った日本百名山 他の山々 第338号  2011/02/16  ☆☆☆

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 みなさん、こんにちは。

 立春は過ぎたというのに、大雪が降ったりしてまだまだ寒い日が続いていますね。
我が家の庭の梅もかなり咲きました。
 もうすぐ「雨水」です。気温も上がり暖かくなって、雪が雨にかわり氷が溶け始め
る頃ですね。一歩一歩春が近づいてきています。

 今回紹介する山は、伊豆半島の東側、伊東市にある大室山です。
富士山型の木のない独特な風貌の山です。私はこれまで、登山禁止になっているとは
知りませんでした。それほど危険はない山です。さあ、どうしたらよいか・・・。
 本文をお楽しみください。また、HPの写真もご覧ください。


【今週紹介する山】


    大室山(580m おおむろやま) 伊東市 静岡の百山


 サブタイトル
    
  「 登山禁止とはびっくりで残念な 大室山 」


【歩いた日】     2010年2月27日(土)

【天候】       時々小雨

【コース及び時間】

大室山リフト乗り場11:00=リフト発11:14~山頂駅11:19-(左回り

)-11:28大室山三角点〈580m〉-11:34リフト山頂駅11:36発~

11:41リフト下

     【 大室山周遊 15分 】


【大室山リフト】  420円(往復)

*コースタイムは休憩や写真撮影などを含む私が実際にかかった時間です。
 その時の体調や天候によって大きく変わってきます。歩き方で全く変わりますので
  あくまでも参考タイムにしてください。
 また、温泉等の料金もよく変わりますので、あくまでもその時の料金です。


【感想 等】

 伊東の大室山。伊豆高原に1つだけぽつんとあるのでよく目立つ山である。
また、「国指定の天然記念物」であり、木がなく360度の展望があり、天気が良け
れば南アルプスや伊豆の島々が見える。

 700年以上も続くと言われる「山焼き」は毎年ニュースになるので山の名前を目
や耳にすることも多い。
だから、静岡県人ならこの大室山を知らない人は少ないだろう。
その伊豆の春を告げる伝統行事が、今年も2月13日に予定されていたが、雪のため
2月20日に延期になった。

 独特な風貌のこの大室山は静岡の百山に選ばれてもおかしくはない。
ただこの山に歩いて登った人はあまりいないだろう。
なぜなら山頂までのリフトがあるから。

 私も大学生時代から近くまでは何回も行ったことがあるが、登る機会はなかなかな
かった。
標高差230mの山頂にわざわざリフトで登ろうとは思わなかったからである。


 今回、伊豆にある「静岡の百山」の登り残しの山にすべて登りたくて出かけたので
ある。
以前書いたが、立春を過ぎると暖かくなり、庭の梅が一斉に咲き出す。
熱海の梅園や河津のカワヅザクラの開花のニュースが飛び込んでくる。
私の住んでいる所と大して暖かさは変わらないが、伊豆に行きたくなる。

で、昨年も2月下旬に伊豆に出かけた。
「城山(メルマガNo.299)」「猿山[敗退](メルマガNo.300)」は昨年このメルマガ
ですでに紹介した。
この「大室山」はそのときに登った山である。
城山 http://h1933.web.fc2.com/hyaku-e/yama299/yama299.html
猿山 http://h1933.web.fc2.com/hyaku-e/yama300/yama300.html

 地形図には登山道は出ていないが、ネット上の地図には出ているものもあった。
その登山道は西側にあった。
しかし、行ってみると鳥居のある登山道らしきところに「登山禁止」と出ていた。
「室の腰」に車を止め、近くの店の人に聞いた。
すると、もう何年も前から登山は禁止だという。

 禁止でも火山や崖があるわけでもないので、登れなくもない。
急なので落石や滑落が心配だともいう。
これくらいなら簡単に登れるとも思う。

 しかし、鳥居もある神の祭ってある山だ。
無理はしたくない。
リフト乗り場に行ってもう1度聞いて、ダメならリフトで登る決心をした。

 11時前、大室山の駐車場に着いた。
山の周りには河津桜や菜の花が咲いていた(写真1)。
ソメイヨシノの仲間で一番早く咲く「河津桜」は大変な人気で、この時期、狭い伊豆
の道は大変な渋滞をしてしまう。
しかしここ大室山を始め、多くの地域に河津桜がある。
焼津アルプス付近の川沿いにも河津桜(メルマガNo.251)があり、隠れた人気スポッ
トになっている。
焼津アルプス付近のカワヅザクラ
 http://h1933.web.fc2.com/hyaku-e/yama251/yama251.htm

 あいにくの小雨が降っている。
大室山を眺めるだけで十分な人も多いようだ。

リフト乗り場に行き登山ができるか聞いたが、やはり登山禁止ということだった。
しかたなく、そのままリフトを待つ。

 少ししてリフトは来た。
風が強そうなのですぐに雨合羽を羽織ったが、それでも少し寒かった。
徐々に高度を上げ、周りの風景が見えてくる。
やはり木のない山は展望がいい(笑)。

 リフトは5分で山頂駅に着いた。
小雨の中なので、歩いている人はいない。
山頂には私の他に2人がいるだけである。

 真下に火口が見え、そこには弓道場がある。
左回りにお鉢を1周することにした。
「眺望のご案内」の看板がある(写真2)。
その向こうに「相模灘」が見渡せる。
こんな天気なので、残念ながら説明板にある富士山は見えない。

 下から見た山肌もそうであるが、お鉢の中も枯れ草で茶色である(写真3)。
今年は天候が良くなく、山焼きが済んでいないからだ。
昨年のこの時期の大室山は、山焼きが済んで黒かった(メルマガNo.256 矢筈山)
矢筈山 http://h1933.web.fc2.com/hyaku-e/yama256/yama256.htm

 その先には「五智如来地蔵尊」が見守っていてくれた(写真4)
晴れではなく、少し寒い今日のような日には地蔵が余計にありがたく感じる。

 ほぼ半周し、反対側に来たところに「三角点」があった(写真5)。
地形図上には出ていたが、お鉢はほぼ同じ高さであり、大室山のピークはどこにある
のだろうと、思っていた。

 少しずつ、ガスが出てきた。
近くには「八ヶ岳地蔵尊」もあった。

 お鉢は巾2mくらいの舗装道であったので、山というより軽い散歩であった。
時間もわずか15分しかかからなかった。
下山後はリフト乗り場近くにあった「河津桜」をしっかり観察した(写真6)。

 家には「ヒカンザクラ」があるが、ソメイヨシノに近いこのカワヅザクラの方が好
きだ。
 我が家の庭に植えて身近で観察したくなった。



◆◆◆◆ この写真付きのページは次のURLからご覧になれます。

 http://h1933.web.fc2.com/hyaku-xindex.html
 *引っ越し作業中に付き、まだ一部リンクが切れています。) 

======================================

◆◆ masarusのコーナー ◆◆  ・・・ 山岳保険に加入を ・・・

 今年も山岳保険の案内が来ました。近い内に更新の手続きをとりたいと思っていま
す。山を歩かれる方は是非加入することをお勧めします。特に、中高年の方は入った
方がいいですね。
 私の加入しているのは日本山岳協会の「山岳共済会」ですが、いろいろなものがあ
りますので、ご自分にあったものに加入すると良いと思います。
 パンフレットの表紙に平成21年山岳遭難の概況」のデータが載っています。
発生件数 1676件
遭難者数 2085人
死者・行方不明者 317人

 この中に入らないように準備すると共に、遭難したときの救助費用がばかにならな
いので「お守り」のつもりで加入しています。

    
(読者の皆さんからのメールを募集します。このメールマガジンを読んでの感想でも
いいですし、ご自分の体験談でも、ご質問、ご意見でも何でもかまいません。このコ
ーナーではそれらを紹介していきます。)
======================================

◆◆次号予告◆◆ 竜頭山(りゅうとうざん 1352m)浜松市天竜 静岡の百山  
                              
======================================

 週刊 メールマガジン 「 私の出合った日本百名山 他の山々 」

発行者 masarus への E-mail  masarus21?yahoo.co.jp   ?を@に換えてください。
バックナンバー  http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000109155

……………………………………………………………………………………………………
 ↓ 講演で使った写真や文を加えかなり加筆しました。    
┏━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━┓
   私の出合った日本百名山 他の山々 HP&メルマガを編集し収録
  メルマガ250号達成記念!CD-ROM 250座を紹介しています 
  詳しくは http://www.geocities.jp/masarus21/250CDR/250go-cdrom.html   
   __________________________________
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛
……………………………………………………………………………………………………

このメールマガジンは下記サービスを利用して配信してます。
登録・解除はそれぞれのサイトから出来ます。
まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000109155.htm
melma        http://www.melma.com/backnumber_89224/
めろんぱん   http://www.melonpan.net/mag.php?004502
E-Magazine  http://www.emaga.com/info/100yama.html

「私の出合った日本百名山」
 ホームページ http://h1933.web.fc2.com/hyakumei-index.htm
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

私の出合った日本百名山

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/04 部数:  1,070部

ついでに読みたい

私の出合った日本百名山

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/04 部数:  1,070部

他のメルマガを読む