内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2018年07月02日
   ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
      2018年7月1日(日) 
       2000年前の種から発芽し開花した蓮の花=縄文蓮=大賀蓮
   ★朝・昼・夕・夜と咲きわける花たち、朝顔・昼顔・夕顔・夜顔
   『源氏物語』の「夕顔の変身譚、花の一代記」 。
   白い花ダチュラ=朝鮮朝顔=エンジェル・トランペット
   ★白い鷺草と小鷺の冠羽、紋白蝶
   ☆カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹の上陸作戦を連続6枚
   ☆生きた化石、シーラカンスに似た青い錦鯉、シーラ。
   ☆浮上する錦鯉☆木星(ジュピター)と14日の月=幾望
   ☆「トラりん」に似た虎猫など40枚の写真と“言葉”を【二重(ダブル)イ
   メージ】で観じて〔新しい方向性を、深く考えるため〕のご参考に
   なれば幸いです  
         --------*----------*---------*----------*
   下弦 7月6日 新月 7月13日 上弦 7月20日満月 7月28日
   ・今月の異名(いみょう)は 文月(ふみづき)
   ・24節気 小暑(しょうしょ) 7月7日 大暑(たいしょ) 7月21日 
   ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 ↓
      http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html
      ・  7月   new  8月
  ●はじめてのかたも●さらにヨガを深めたいかたも
  ●ご遠方のかたも日帰りで【集中レッスン・セミナー】
      http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
   
     7月29日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
                  〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
              2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
   
   ・ new 8月26日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
                  〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
                      2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
 
   ★New9月23日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
                  〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
                      2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
  
   **********************************************
   ◎蓮(ハス)の花-1 約2000年前の種から発芽し開花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆縄文時代の遺跡を発掘していたら、
   古代の木製の舟があり、その下の泥の中に、
   蓮(ハス)の花の台(うてな)があり、
   そこに蓮(ハス)の種が3個、残っていました。
     1951年(昭和26年)、千葉県の千葉市にある、
     東京大学の検見川・厚生農場でのことです。
   舟の断片で、炭素分析をすると約2,000年前の
     蓮(ハス)の実ということになります。
   そこから、いろいろな大学の専門家が協力し、
      紆余曲折(うよきょくせつ)があり、
   大賀(おおが)一郎博士が、蓮(ハス)の種を育て、
    1個だけ開花させることに成功しました。
   縄文蓮(じょうもんはす)とよばれる古代蓮(こだいはす)、
   別名を大賀蓮(おおがはす)の誕生です。
     30センチほどの大輪で美しい薄紅色の蓮の花です。
   約2,000年前の蓮(ハス)の花のは、
     ふんわりして、ふくよかで、時代を超えて美しかったです。
   ☆千葉市は、落合遺跡の発掘場所でもあり、
     公園として整備され、モノレールの上からも見られます。
   蓮の花が咲く池、蓮池(はすいけ)は、観賞用ではなく、
   蓮田(はすだ)として耕す、食料用だったわけです。
   今でも、蓮の実は砂糖漬けなどでお菓子になっていますし、
   レンコン(蓮根)は、煮物や天ぷらなどに料理されます。
   ☆蓮の茎(くき)を[代用ストロー]にして、
   蓮の葉についだ酒をのむ、ということもあったとか。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎蓮の花-2 縄文蓮(じょうもんはす)、別名を大賀蓮
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆大きく開花した縄文蓮=大賀蓮。
      花びらが《光》を透かし、輝いています。
   ★まん中に黄色い【台(うてな)】があります。
      熟すとと、丸い実が、ここにみのります。
   ★つぼみ(蕾)が開花するときを見ていましたが、
      音(おと)は、しませんでした。。。。
   『いきの構造』をかいた哲学者の九鬼周造(くきしゅうぞう)が
   「蓮の花は開花するとき、音がする」
   と、かいたので、「蓮の開花の音」は 伝説になっています。
    けれども、各地の蓮池=蓮田のつぼみをみつめていると、
     つぼみが、開花しても音が響くことはありませんでした。
    …蓮の花は朝早く静かに開き、昼前には、静かに閉じます。
   美術の岡倉天心(おかくらてんしん)に薫陶(くんとう)をうけ、
   フランスに留学して、J・サルトルやM・ハイデッガーに
   実存哲学を学んだ、九鬼水軍(くきすいぐん)の末裔、
   九鬼男爵の御曹司(おんぞうし)…京都大学・教授、九鬼周造。
     繊細な感性(センス)の九鬼周造には【蓮の開花する音】や、
   【響き】がきこえたのかもしれません。
   ……京都の祇園育ちの美しい母上は、
   繊細な神経すぎて、精神を病んでしまったかたでしたし…。
   ★「実存」という“言葉”は、九鬼周造の訳語です。
     「ある(在る)という英語の[be 動詞]
   フランス語の[ etre エートル]」を「実存」と翻訳したわけです。
      現【実】的に【存】在する=【実存】(じつぞん)
   ・・・とてもわかりやすいようで、当たりまえすぎて、
     哲学的にいうと、むずかしいことになります。。。
   プラトンやアリストテレスのギリシャのむかしから。
          現実(リアル)って何?
     当たりまえすぎて、“言葉”にすると、わかんない、、、。
   それで、[実存]について語る[実存主義]や
    [実存哲学]は難解なもの、とされるようになりました、、、
   ☆さて、話を戻すと、
   [蓮の花が開花する音]を聴くために、ホテルに泊まりこみ、
   早朝から千葉市の縄文蓮=大賀蓮の蓮池=蓮田に
   でかけたグループがあります。現実的な [実証主義]です。
   結果的には、[蓮の花が開花する音]はきこえませんでした。
   ※※★「いき」=気息(いき)=粋
   =「意+気」→「意気」の呼吸法
     「いき」=「意+気」についてのお話と絵解きは、
   内藤景代【意気の呼吸法】シリーズ4冊をどうぞ。
   ☆かきおろし☆横書き →無料アプリで今すぐ読書 
    スマホ・PCで読める電子書籍Amazon Kindle。 ↓↓↓↓
   『意気の呼吸法-001 多層的な世界観を呼吸する』
   『<神>の世界観を呼吸する 002-意気の呼吸法』
   『神通力の世界観を呼吸する 003-意気の呼吸法 』
   『たましい(魂)の世界観を呼吸する 004-意気の呼吸法』
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎蓮の花-3 縄文蓮=大賀蓮のつぼみ(蕾)にトンボ(蜻蛉)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆蓮池=蓮田にのびる縄文蓮=大賀蓮のつぼみ(蕾)に
   トンボ(蜻蛉)がとまっていました。
      黄色と黒の虎縞(とらじま)のトンボ(蜻蛉)です。
   透明な4枚の羽根を開き、閉じた薄紅色の花びらを
   抱くようにして、じっとしています。
     オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)のメス♀です。
   ★薄紅色の花びらは、すこしずつ外側から1枚ずつ
   開いていきます。 まだまだ時間がかかりそうです。
   。。。。時(とき)がゆっくりと、、、、すぎていきます。
         ある夏の日の思い出です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎放射雲と昼の月
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎サギソウ(鷺草)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白い鷺(さぎ)が翼を広げ、飛んでいる姿のような、
      白い花、サギソウ(鷺草 さぎそう)。
   ☆大好きな花なので、1975年刊のデビュー作、
   『こんにちわ私のヨガ』の1章の扉にかいていただきました。
      あのころは、数が少なく、知る人も少なく、
     貴重な花でしたが、最近は園芸店でもみかけます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺)と冠羽 (かんむりばね)。強風
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆クチバシ(嘴)の黒い白鷺(しらさぎ)が、
   強風のなかで、たたずんでいました。コサギ(小鷺)です。
    白鷺の頭部には、2本の冠羽 (かんむりばね)があり、
   細い羽根が風に舞っています。
   風が強く吹いていますが、小鷺は逃げずに、
   風上(かざかみ)を凝視(ぎょうし)していました。
   向かい風(むかいかぜ)をもろにあびて。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ふわふわ流れる雲と青空
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎モンシロチョウ(紋白蝶)と紅い花-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆アザミ(薊)に似た、はじめて見る紅い花。
     めずらしい花なので撮影していると、
   白いチョウ(蝶)が飛んできて蜜(みつ)を吸っています。
      モンシロチョウ(紋白蝶)です。
   ひとや自転車がくると、羽根をひろげ 飛び去ります。
   けれども、すぐまた戻って  紅い花の蜜を吸っています。
     よほどおいしい蜜で、去りがたいのでしょう((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎モンシロチョウ(紋白蝶)と紅い花-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ふわふわ雲と青空
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★夏至(げし)をすぎると、夜より昼の時間が長くなります。
   これからの楽しみは、朝・昼・夕・夜と咲きわける花たちを
   それぞれの時間にあわせて、見られることでしょう。
   ★たとえば、朝顔は咲く時間が、朝から午前中なので、
   見る時間が昼過ぎだと、しぼんでしまい、見られません。
     [宵っ張りの朝寝坊](よいっぱりのあさねぼう)だと、
   朝顔の花は楽しめません。かつての わたしのように((笑))
   ★現代人に多い、[夜型](よるがた)だと、
   朝顔は無理でも、夜顔(よるがお)ムーンフラワーが、
       向いている花かもしれません。
   ★「花は、実が食べられるのが好き…」
    というかたは、夕方に咲く夕顔の白い花がおすすめです。
   ★炎天下(えんてんか)の日中(にっちゅう)に咲くのは、
   フェンスや樹木にからみつく、昼顔(ひるがお)の花。
   ★そのほかにも、朝顔という名のついた、
   エンジェル・トランペット=朝鮮朝顔やダチュラは、
   夕方から朝まで、咲いています。
      では、朝・昼・夕・夜と咲きわける花たち、
   朝顔・昼顔・夕顔・夜顔などを ご紹介していきましょう。
   ★☆ご自分のライフスタイルにあわせ、実際に咲く花をみて、
      お楽しみください。 夏の楽しみのひとつとして((笑))。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎天に向けて開花する、朝顔(あさがお)の紅い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ツル(蔓)をのばし、からみつき咲く朝顔(あさがお)。
   花は、太陽のほうに向けて咲くようです。
   ラッパ型の花が、天を向いて開いている紅い朝顔をみました。
     ろうと(漏斗)や、じょうご(漏斗)で
     液体を注ぎこみ、吸収しているような、花の風情です。
   ★人体の[7つのチャクラ]の向き(方向性=ベクトル)は、
   頭頂のサハスラーラ・チャクラだけが、上に天に向いて開き、
   天からの《光》とエネルギーをとりいれると象徴されます。
   この朝顔(あさがお)をみると、縦(|)に、
   頭頂でサハスラーラ・チャクラが開き、
       《光》を吸収しているように、感じます。
   ほかの6つのチャクラは、前を向いて開きます。
   横(―)の世界の波動をとりいれ、
   自分からも、そのチャクラの波長(波調)を放射しています。
   ※7つの各チャクラについての詳細は、
   『綺麗になるヨガ  心とからだを波動から美しく』
   内藤景代・著 実業之日本社・刊をどうぞ。↓
      http://yogakirei.fc2web.com/
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎青い朝顔(あさがお)と風船カズラ(ふうせん蔓)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆朝顔(あさがお)は、英語で朝の栄光( Morning glory)。
      昼顔(ヒルガオ)科です。
   ☆濃い青の朝顔(あさがお)が涼しげに咲いています。
      朝顔のツル(蔓)にからんでいるのは、
   風船カズラ(ふうせん蔓)のツル(蔓)と果実。
      紙風船(かみふうせん)のような、黄緑のふくらみが、
   風船カズラ(ふうせん蔓)の果実。5つもみえます。
      赤と青の太極図風船カズラ(ふうせん蔓)の果実には、
     内部に白と黒の太極図のような種(たね)がとれます。   
   ☆朝顔と風船蔓の緑の葉が建物をつつみ、涼しげで
   巨大な「グリーン・カーテン」になっています。
       さすが、伝統の国民公園、新宿御苑(ぎょえん)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎五芒星(☆)の白線が入った、ピンクの朝顔
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆朝顔(あさがお)は、つぼみ(蕾)がねじれています。
      ねじれを巻き戻すように、花びらが開いていき、
   全開になると、まん丸の花になります。
     横から見ると、ろうと(漏斗)の〔かたち〕です。
   薄紅色(うすべにいろ)の朝顔が開いていくと、
   五芒星(☆)の白線が入っていました。
      下のピンクの昼顔(ひるがお)は、
   ねじれた花びらが開いていくと、
   五芒星(☆)のスジがきざまれた五角形になります。
      朝顔も昼顔も、【同じ】ヒルガオ(昼顔)科です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎昼顔(ひるがお)は五角形で、薄いピンク
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆昼顔(ひるがお)は薄いピンクの小さな花です。
      朝顔(あさがお)のように、つぼみ(蕾)がねじれ、
   開いていくと3センチほどの[五角形の花]になります。
      上下左右にツル(蔓)をのばし、
   炎天の鉄柵や金網(かなあみ)フェンス、
   ツツジ(躑躅)やサツキ(皐月)などの生け垣や、
   常緑樹の枝にからみつき、広がり、花を咲かせます。
      それで、花の終わったツツジ(躑躅)やサツキ(皐月)が、
   ふたたびピンクの花をたくさん咲かせたように見えます。
   まるで「昼顔の木」のようです。
      朝顔より小さなラッパ型の花を咲かせる昼顔は、
      可憐な花ですが、強靱(きょうじん)です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◎透ける白い雲と青空
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆涼(りょう)をよぶ夏の飾りとして、
   朝顔のある、黒塗りのミニ下駄を飾りました。
     大きな青紫と、小さな薄紅色の朝顔です。
   オレンジ色に白の水玉模様の鼻緒(はなお)が、
      素足にはく、黒の下駄にはえます。
   ☆朝顔下駄のとなりには、白い陶器の猫がいます。
      白い猫の丸い目は、朝顔下駄をみつめています。
      青いヒゲや、頭頂の飾りがチャーミング。
   陶製なので、さわると、ひんやりしていい気もちです。
      白い猫は、からだ(体)に、青い金魚がいます。
      金魚のシッポ(尻尾)はスカートのように、ひらひら。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎朝顔のあるミニ下駄。金魚のいる陶製の猫。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆宵(よい)になり月がのぼるころになると、
    白い[夜顔(よるがお)、ムーンフラワー]が咲きます。
   ☆夜顔(よるがお)は、朝顔や昼顔と【同じ】で、
      ヒルガオ(昼顔)科です。
   ねじれたつぼみ(蕾)が、巻き戻るように開きます。
      月光の下で開花する、華麗な大輪の白い花。
   ★花屋さん、園芸店では
   [夜顔 ムーンフラワー]を[夕顔]と呼びます。
   江戸時代から呼び名が、混乱しているようです。
   多数派は、この白い花を[夕顔]と記憶しています。。。。
     さはさりながら(然は然り乍ら)・・・
   [夜顔]を[夕顔]とよぶのは自由ですが、
   [夜顔]を『源氏物語』の[夕顔]の花と思うのは、まずい…です。
    というのも、『源氏物語』の平安時代には、
   夜顔は日本にまだ、なかったのです。
     それだけでなく、世界に誇る小説『源氏物語』の世界観を、
   誤解していることになります。
   詳細は、以下の[夕顔]の花のところでお読みください。↓↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夜顔(よるがお) ムーンフラワー
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕暮れになると白い5枚の花びらが開く夕顔(ゆうがお)。
   夕顔(ゆうがお)は、ウリ(瓜)科なので、
    ヒョウタン(瓢箪)の白い花と【同じ】5弁の花が咲きます。
   【5弁の「夕顔と月」の紋どころ】を下に掲載しました。
   夕顔の白い5弁花は、サクラ(桜 )やウメ(梅)の5弁花のように、
     「食用の果実」をみのらせます。
   夕顔の果実は、丸い球体や長いウリ(瓜)の〔かたち〕です。
     その果実の皮をむき干したものが、かんぴょう(干瓢)。
   白く長いヒモ(紐)状の食べ物が、かんぴょう(干瓢)。
   煮染めて、寿司の海苔巻きに入っている茶色の物体((笑))。
   ★・・・優雅な『源氏物語』の夕顔(ゆうがお)のお話が、
   世俗的なかんぴょう(干瓢)の話になってしまうのは…
   耐えられない・・・というかた達が
   むかしから多くいらしたのでしょう。
   それで、夜顔(よるがお)が江戸時代ころ(?)に
       輸入されると、夜店(よみせ)や露店(ろてん)で、
   「これが、『源氏物語』の夕顔だよ! さぁ買ってきな」
     と売られ、今に続く、人気商品になったらしいです。
   ★というのも、国宝になっている江戸時代(17世紀)の絵で、
   【夕顔の花や果実をはわせた棚】の下で、涼んでいる
   父と母、そして子どもという親子の絵
   『納涼図 屏風』(のうりょうず びょうぶ)があるからです。
     狩野派の絵師、久隅 守景(くすみ もりかげ)の作品です。
   ★このように、庶民の家庭にグリーンカーテンかわりにある
      【夕顔の花や果実をはわせた棚】。
   かんぴょう(干瓢)にもなるし、煮付けにもなるウリ(瓜)。
     それが、夕顔(ゆうがお)なのです。
   ★その事情は、平安時代でも【同じ】で、
   庶民の家に【夕顔の花や果実をはわせた棚】がありました。
   ところが、貴族の光源氏(ひかるげんじ)は、
    白い小さな花を はじめて見たわけです。
   それが夕顔(ゆうがお)の花でした。
      そのときの絵が国宝になって残っています。
   下に掲載した『源氏物語 絵巻(えまき)』です。
      「夕顔の君」には娘・玉鬘(たまかずら)が生まれ、
   『源氏物語』の後半の複雑な物語になります。
      夕顔は、大きな果実が実る、可憐な白く小さな花。
   男性に一番人気がある儚く(はかなく)若死にした
   「夕顔の君」に、娘・玉鬘(たまかずら)が残される…
      という展開を、紫 式部(むらさき しきぶ)は、
    計算していたのではなかろうか・・・と愚考いたします。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕顔(ゆうがお)と「夕顔と月の紋」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★「夕顔の変身譚、その一代記」を絵と写真で、
   以下のように 画像でまとめてみました。
   ☆左には、平安時代のイラスト版『源氏物語』である
   『源氏物語 絵巻』にかかれた、夕顔の白い花。
   「夕顔の巻」(ゆうがおのまき)にある夕顔の花。 
     その下には、開いたばかりの、夕顔の白い5弁花。
   ☆右は、夕顔のつぼみ(蕾)とその開花。
   一番右は、ツル(蔓)から下がる、夕顔の果実。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎『源氏物語』の「夕顔(ゆうがお)の変身譚、花の一代記」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆この[瞑想フォト・エッセイ]のはじめの頃から、
   実際に夕顔の写真を撮影し、夕顔について調べ、
   上記のような「まとめ」的なお話ができるようになりました。
     なん年もかかってすこしずつ、わかってきたお話です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎上弦の半月に向かう、夕月(ゆうづき)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダチュラ=朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)白い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕月(ゆうづき)が西の空にのぼる頃、
   白く咲く、朝顔(あさがお)があります。
     [ダチュラ]という、朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)です。
   朝顔のような ろうと(漏斗)状の丸い花で、
     上向きに咲く花と、下向きに咲く花があります。
   朝顔に似ていますが、ナス(茄子)科です。
   ★朝鮮と名づけられいますが舶来(はくらい)という意味。 
   ★江戸時代に渡来(とらい)した花で、
   麻酔(ますい)効果や沈痛(ちんつう)効果があります。
      綺麗で香りもよく、薬効成分もありますが、 
   毒性も強く、意識障害にもなります。
   ★毒にも薬にもなるのが、ダチュラです。
   花が悪いわけではなく「使い方」がポイントでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎エンジェル・トランペット=ダチュラ=朝鮮朝顔 白花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★下向きに咲くダチュラは、白だけでなく黄色や橙、
   オレンジ、ピンク、黄色とオレンジ混合の色などがあります。
   夕闇のなかで、芳香をはなち、下向きにゆれています。
      天使(エンジェル)がトランペットを吹いているイメージで、
         エンジェル・トランペットといいます。
   ☆下向きのダチュラ、エンジェル・トランペットは、
   低い「木」のように咲き、枝から花がつり下がります。
   それでキダチ(木立)という名がつきキダチチョウセンアサガオ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎青空に弾(はず)む、ポップな白い雲たち
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆あるときのカルガモ(軽鴨)の親子、ヒナ6匹を
   以下に連続で6枚、お楽しみください。
     まずは、母親のカルガモ(軽鴨)を中心に、
     戦隊を組んだように左右に広がり、
     泳いでいくヒナ6匹です。
   ☆ヒナ6匹は、同時に生まれた兄弟姉妹。
       兄といい、姉といっても、
   【同じ】ときに、卵から孵った(かえった)兄弟姉妹。
   とはいえ、6匹のそれぞれに【ちがい】があるようです。
       どの仔たちが生き残るのでしょう?
   というのも、だいたい、ヒナは2匹くらいしか
      生き残れないからです。
   はじめは、10匹、8匹・・・生まれたヒナたち。
      それが、池にいくたびに減っていく・・・現実。
   逆にいうと、全員が生き残れないので、多めに生む…。
   それぞれが個性的なのも「危険分散の知恵」という、
      [野生の思考]なのでしょう。
   そして、結果的に、縄文時代から今まで、
   カルガモ(軽鴨)は、この地に生き残っています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆戦隊を組んで泳いでいた、カルガモ(軽鴨)の親子たち。
   そのうちに、ヒナ6匹が、それぞれ自由な動きをしだし、
       隊列が乱れてきます。
   母親という、群れの中心はありながら、
   6匹みなそれぞれで、自由な雰囲気でいい感じです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆カルガモ(軽鴨)の母親が、水面から上陸しました。
     そして、顔を隠すように、首を曲げて後ろをみています。
   下の水面にいるヒナ6匹からは、母親の顔は見えません。
      ・・・さぁ、どうする? 
   ヒナ6匹は、それぞれの【よいと想う、対応】をしています。
   前を向いて立つと、顔がぶつかるほど狭い空間(スペース) 。
     ・・・上にいる母親の胸は見えても、顔は見えません。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹-4
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆1匹のカルガモ(軽鴨)のヒナだけが、
   コンクリートや石の壁(?)をよじ登り、
   なんとか、母親のそばへ、上陸をはたしました。
      顔を隠していた母親は、首を立て、
   その上陸したヒナを労うように、みつめます。
       (よく、やったね)
   ☆涼しい水面には、ヒナが1匹、まだ泳いでいます。
   暑い日なので、ここにいるのはいいけれど、
     そのまま居続けていたら、取り残されてしまう…。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹-5
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆2匹めのカルガモ(軽鴨)のヒナが、
   石の壁=岸壁(がんぺき ?)をよじ登り、
   ♪♪岸壁の母♪のそばへ、上陸をはたしました。
   (よく、やったね)
      と、みつめる、♪♪岸壁の母(がんぺきのはは)♪
   先に上陸したヒナは、萌えだした緑の草を食べています。
   次に上陸したヒナも、いそいそと草を食べにいきます。
      おいしそうな、ご褒美(ほうび)。。。。
   カルガモ(軽鴨)母さんの「特別訓練=特訓(とっくん)」は、
   全員ができるまで、続きます。
      決して、諦めない。  厳しくて、優しい。
   こういう教育システムが、縄文時代から、
   連綿(れんめん)と、カルガモ(軽鴨)一族には、
     伝えられていたのでしょうか。
   カルガモは【水陸両用】だけでなく、空も飛べます。
   一つひとつの段階(ステップ)をふんで、
   水、陸、空と【生きる技術】を身につけていくのでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ拡大-6 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆岸壁の母(がんぺきのはは)に見守られ、
   次の段階(ステップ)に挑もう(いどもう)とする、
   健気な(けなげな)ヒナの拡大図です。
      カルガモ(軽鴨)のヒナは、目の横(―)に
   焦げ茶色の線があります。
   クチバシ(嘴)は、黄色ではなく、ほとんど黒です。
   ふわふわのモフモフで、縫いぐるみのようなヒナ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎かき氷のような、大きく白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎真鴨(♂)と軽鴨(♀)のカップル
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆この池に、マガモ(真鴨 まがも)は、
   オス♂が1匹しかいません。
      だから、ひとりぼっちで、
   マガモ(真鴨) オス♂ が生きているか、
       というと・・・・そうではありません。
   ☆緑の頭部のマガモ(真鴨) オス♂に対して、
   マガモ(真鴨)のメス♀は、茶色です。
   マガモ(真鴨)のメス♀はカルガモ(軽鴨)に似ています。
   カルガモ(軽鴨)は、オス♂とメス♀が、
      ほとんど【同じ】色と〔かたち〕です。
   ☆そのせいか、この池に住むマガモ♂は、
     カルガモ♀とカップルになっています。
   いつも、仲よく、いっしょにいます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕焼け空-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎生きた化石、シーラカンスに似た青い錦鯉
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆桜の花びらが池に散っているころ、はじめて見た、
   青く大きな錦鯉(にしきごい)に、このごろ、よく会います。
     黒い真鯉(まごい)たちといっしょにいるので、
   目立たず(めだたず)、探さないとわかりにくですが。
     赤や白、黒、橙などのまじった錦鯉たちの仲間より、
   黒い真鯉たちのほうが、似ているし、
   黒い群れの中に、とけ合いやすいのでしょうか?
      保護色(ほごしょく)のように----。
   もしかしたら、自分を錦鯉とは想っていないで、
   黒い真鯉にしては、[色が薄く、青っぽい、へんな鯉]
      とでも想っているのかもしれません・・・
   ☆カメラを向けると、足もとまでよってきます。
     蒼く、紺色のふちどりの鱗(うろこ)が、
      青銅色(せいどういろ)にも見えます。
   その色と鱗が、鋼鉄製の魚(さかな)のような古代魚、
    生きた化石、シーラカンスを彷彿(ほうふつ)させます。
   ・・・それで、この青い錦鯉を「シーラ」と名づけました。
     会うと、(シーラ!)と
   こころ(心)の中で呼びかけて、カメラを向けています。
      こちらに寄ってきてくれるのが、うれしいです。
   ☆生きた化石ともいわれる古代魚、シーラカンス。
   約4億年前に現れ絶滅したと想われていたが、20世紀に
   インドネシアで発見された[硬骨魚類の青褐色の魚]です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シーラ。シーラカンスに似た青い錦鯉 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆いつものところに、いないのかな?と想ったら、
     水底(みなそこ)にいた、白い錦鯉(にしきごい)。
   白いコイ(鯉)、ゴマちゃんが、口をむんずとすぼめ、
          ぐーんと水面に浮上してきました。↓
   両目がサーチライトのように光り、
   紅い胸びれをピンと左右にのばし、
   丸い潜水艦が浮上してきたようです。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎浮上する錦鯉、ゴマちゃん-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆水面に浮上すると、口をほっと開き、
   こちらを見あげ、胸びれの緊張をほどく。↓
     おでこから背面は、まだ水中なので、
   水が、からだ(体)をゆがませ、
     ゆらいでいる〔かたち〕にみせます。
   背びれと背面の鎖模様が[灰色の山脈]のような、
   ゴマフアザラシに似た、白いコイ、ゴマちゃんです。
    [灰色の山脈]というより、「青灰色の水脈」にみえます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎浮上する錦鯉、ゴマちゃん-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆浮上してきたときの緊張がほどけ、
   リラックスして口を開き、紅い胸びれをこちらに向けて、
   みつめる、錦鯉、ゴマちゃん。
      白い顔がまん丸です。
   ライトがあたり、両目が光っていますが、
   やわらかいまなざしで、
   鼻の黒いところが、子犬(こいぬ)のようです。
     口の下に水滴(すいてき)がついているのも、
   「ハ」の字になった白いヒゲも 、ご愛嬌(あいきょう)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎浮上する錦鯉、ゴマちゃん-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎木星(ジュピター)と14日の月=幾望(きぼう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆満月の前日、14日の月は、ほぼまん丸。
    小望月(こもちづき)幾望(きぼう)とも呼ばれます。
   ★明るい14日の月=小望月=幾望の下に、
   大きく輝く星が見えます。
     英語でジュピターとよばれる【木星(もくせい)】です。
   【木星(ジュピター)】は、ギリシャ神話の最高神・ゼウス。
   ローマ神話では、最高神ユピテルと同一視されています。
     天上の最高神・ゼウス=ユピテル=ジュピター=木星。
   ※ギリシャ神話とローマ神話の[神々]とのつながりぐあいなどにつ
   いては以下をどうぞ。↓↓Amazon Kindle版 
   『<神>の世界観を呼吸する 002-意気の呼吸法』内藤 景代・著
   *---*---*---*---* 
   ●小暑(しょうしょ) 7月7日   大暑(たいしょ) 7月21日 
   ●小暑は24節気のひとつで「梅雨が明け、
      本格的な暑さが始まる時季」です。
   ●大暑は24節気のひとつで「1年で一番、暑い時季」です。
   *-------*----------*---------*
   今月、ご紹介した花や生きものは 《★花と緑と翼あるもの、蓮と朝
   顔・昼顔・夕顔・夜顔と月。夕焼け、鷺と軽鴨ヒナ、鯉と猫の瞑想
   =観想★》としてもお楽しみください。40枚   
   *************************** 
   #1☆蓮(ハス)の花-1 約2000年前の種から発芽し開花 
   #2☆蓮の花-2 縄文蓮(じょうもんはす)、別名を大賀蓮 
   #3☆蓮の花-3 縄文蓮=大賀蓮のつぼみ(蕾)にトンボ(蜻蛉)
   #4☆放射雲と昼の月 
   #5☆サギソウ(鷺草) 
   #6☆コサギ(小鷺)と冠羽 (かんむりばね)。強風 
   #7☆ふわふわ流れる雲と青空
   #8#9☆モンシロチョウ(紋白蝶)と紅い花-1-2 
   #10☆ふわふわ雲と青空 
   #11☆天に向けて開花する、朝顔(あさがお)の紅い花
   #12☆青い朝顔(あさがお)と風船カズラ(ふうせん蔓) 
   #13☆五芒星(☆)の白線が入った、ピンクの朝顔 
   #14☆昼顔(ひるがお)は五角形で、薄いピンク 
   #15☆透ける白い雲と青空
   #16☆朝顔のあるミニ下駄。金魚のいる陶製の猫。 
   #17☆夜顔(よるがお) ムーンフラワー
   #18☆夕顔(ゆうがお)と「夕顔と月の紋」 
   #19☆『源氏物語』の「夕顔の変身譚、花の一代記」 
   #20☆上弦の半月に向かう、夕月(ゆうづき) 
   #21☆ダチュラ=朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)白い花 
   #22☆エンジェル・トランペット=ダチュラ=朝鮮朝顔 白花
   #23☆青空に弾(はず)む、ポップな白い雲たち
   #24#25#26#27#28#29-1-2-3-4-5-6
        ☆カルガモ(軽鴨)の親子・ヒナ6匹
   #30☆かき氷のような、大きく白い雲 
   #31☆真鴨(♂)と軽鴨(♀)のカップル 
   #32☆夕焼け空-1 
   #33☆生きた化石、シーラカンスに似た青い錦鯉 
   #34☆シーラ。シーラカンスに似た青い錦鯉 
   #35#36#37☆浮上する錦鯉、ゴマちゃん-1-2-3
   #38☆木星(ジュピター)と14日の月=幾望(きぼう)
   #39☆夕焼け空-2 
   #40☆「トラりん」に似た、虎猫(とらねこ)
   *-------*----------*---------*
     観想=瞑想は、むずかしくはありません。
        考えるのではなく、ふんわりと観てください。
   眉間にしわをよせず優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
     ◎夕焼け空-2
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★☆寒暖差の激しい、梅雨(つゆ)があけ、
   30度以上の猛暑が続いています。
     お元気におすごしですか?
   ☆これから小暑(しょうしょ)、大暑(たいしょ)と、
   暑い時季が続きます。
     外出時だけでなく、室内でも
   「熱中症」にお気をつけください。
      汗をかくので、こまめに、ちびちびと
   水分補給をなさってください。
       我慢して、まとめて、ぐいっーとでなくて。
   ★それだけでなく、汗をかいたときは、
   体内のミネラルも同時に出てしまうので、
   「ミネラルの補給」も、お忘れなく。
      「塩分控えめ」は、汗をかいたときは、忘れましょう。
   少量の塩分や梅干し、塩昆布(しおこんぶ)がおすすめです。
   みそ汁が熱いなら、「みそを入れた冷や汁(ひやじる)」を。
   九州などの名物で、胡瓜(きゅうり)や豆腐などを入れます。
      ネギ(葱)、ゴマ(胡麻)、ノリ(海苔)も
      お好みで、ふりかけると、持久力(スタミナ)アップ。
   火を使わないで、涼しく、ミネラルも豊富な
   豆腐の冷や奴には、ネギや大葉の薬味をそえて。
   納豆に、山椒やねばねば野菜をいれると、
      元気になります。    おためしくださいませ。
   ★【内臓は、常温で冷やさないほうがいい】ので、
   暑いからといって、冷たいものばかり飲まないほうが、
   よろしいです。「常温ドリンク」の価値を再発見しましょう。
   ★気候や気圧の〔変化〕にスムーズに対応できるように、
   <自律神経>に協力してもらいましょう。
      ★CD『くつろぎの冥想(瞑想)』 には、
   【自律訓練法】が内藤景代の声の誘導ではいっています。
   《寝ころんで自律神経の機能をととのえる効果》があります。
   → 「くつろぎの冥想」CD    http://yogacd.1ne.cc/
  =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その114
   =============================
   ◎「トラりん」に似た、虎猫(とらねこ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆「トラりん」に似た眼光鋭い(がんこうするどい)
   虎猫(とらねこ)に会いました。
      目力(めぢから)の強さは相当(そうとう)なものです。
   「トラりん」に似ていますが愛嬌が、いまいち足りない・・・
   ☆「トラりん」は、尾形 光琳(おがた こうりん)作の
   「竹虎図」の墨絵(すみえ)の虎(トラ)です。
     国宝の「燕子花図(かきつばたず)」など、
   絢爛豪華(けんらんごうか)な絵で知られた光琳(こうりん)。
      墨(すみ)の濃淡だけでかいた、光琳の「竹虎図」は、
   遊び心にみちていて、目つきが鋭いけれど、
      愛嬌がある、虎(トラ)がお座りしています。
   この墨絵の虎は京都・国立博物館の公式キャラクター。
      墨絵のグレイ(灰色)と黒の虎(トラ)そのままなのに、
   …かわいいく、チャーミング。ニックネームが「トラりん」。
    全国のミュージアム・グッズでは、人気ナンバーワンとか。
     漢(おとこ)の矜恃(きょうじ)を感じさせる、トラりん。
     媚びない(こびない)孤高(ここう)の虎(トラ)の魅力です。
   ~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」7月号を
   アップしました。こちらへ↓  
    http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」 仲よく上下に並んで・・・
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」 タヌキ(狸)が室内に!
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 60」 赤土の建物。
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」 ぐっすり。。。。そら君
   ●美樹さんは「お台場の空と紫陽花」白い紫陽花と青空の白い雲
   ●Kayokoさんは「二度目の訪問「鴨川デルタ」」空高く川は流れる
   ●mariko さんは「うちの猫」シッポ(尻尾)・・・縞はみえない…。
   ●シンゴさんは作曲&シンセサイザー演奏【Swing】10 「カーテン」
   ●Ryoさんは「百日草  2」 みごとに開花!オレンジ色。
   ●健治さんは「私の居場所」 旅行記。・・・広島城。
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 86  「紫陽花 3」
   ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
      「NAYヨガスクール体験記 86  「紫陽花 3」
   ※追記: 内藤 景代 (ないとう あきよ)記
   ●・・・合掌。
         そう……。
   “言葉”にならない、【無】の時間。
   なにも無い、からっぽの【無】もありますが……
     ありすぎて、充満する想いで、
   “言葉”にならない【無】もあります……。
   ☆おばあさまは紫陽花の花影(はなかげ)の向こうで
   あなたの【無言】を丸ごとぜんぶ
   受けとめて、ほほえんでいらっしゃるように想います。
   ☆★☆ 「影につかまったままの言葉。」
     いつか時が熟すると、影(シャドー)の向こうから、
   “言葉”が響き、きこえてくることでしょう。
     そのときを、楽しみに待つのもよろしいのでは…?
    「影(シャドー)」は、ユング心理学の
   【元型(アーキタイプ)】イメージのひとつです。
      意識できる自分を《光》の自分とすれば、
   影(シャドー)は、意識できない【闇】の自分の領域です。
      大切だけれど、あつかいにくい……領域。
   ☆★☆★すこしずつ、ご自分の影(シャドー)をみとめ、
      殺さずに生かそうとしている和之さん。
   《光》だけでなく、【闇】もふくんだ、太極図のように、
   大きな器(うつわ)になっていってください。
   *******************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2018年7月29日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は  http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
    ▼登録/解除 下記のシステムを利用して配信しています
   『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/   ID: 0000106654
          **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/01
部数 511部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/01
部数 511部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング