内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2018年10月01日
     ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
   2018年10月1日(月) 
      ◎酔芙蓉(スイフヨウ)、朝は白、午後はピンク、夜は濃い桃色に
    〔変化〕☆白い花、仙人草(センニンソウ)。
   白い花、イタドリ(虎杖、痛取 スカンポ)
   ☆秋空の鱗雲、紗の白雲、幻日(げんじつ)と夕陽
   ☆赤星ゴマダラ蝶☆ダイサギ(大鷺)の低空飛翔
   ☆4匹の赤い錦鯉と白い光りものなど39枚の写真と“言葉”を【二
   重(ダブル)イメージ】で観じて〔新しい方向性を、深く考えるため
   〕のご参考になれば幸いです。《★花と緑と翼あるもの、秋空と夕
   焼け、蝶と鷺、鯉と猫の瞑想=観想★》としてもお楽しみください。

           --------*----------*---------*----------*
      
   下弦 10月 2日 新月 10月9日 上弦 10月17日満月10月25日
   ・今月の異名(いみょう)は 神無月(かんなづき)18.10月ピック
   アップ写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]
   ・24節気  寒露(かんろ) 10月8日
   霜降(そうこう)10月23日 
   
   *2018年 24節気 月の満ち欠け 
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
        ★今月のピックアップ写真 
   ******************************************
   ◎ NAYヨガスクール(内藤景代・主宰)
         http://www.nay.jp/
   
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階です
   
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 こちらへ
     http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html
     ・  10月  ★new 11月
   
   ●はじめてのかたも●さらにヨガを深めたいかたも●ご遠方のかた
   も日帰りで     
   集中レッスン・セミナー
   http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
   
   ・10月28日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   3時間の集中レッスン・セミナー〕
   2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
   
   ★ new11月25日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
     2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
   
   ★ New12月23日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
     2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
   
**********************************************
   ◎スイフヨウ(酔芙蓉) -1 夕暮れは ピンク
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ★夕暮れになると、ピンクから濃い桃色になる、
   スイフヨウ(酔芙蓉 すいふよう)。
   
   朝には、白い花がすっきりと八重の花びらを開く。
   
   大輪の白い花が、午後にはピンクになり、
   夕暮れには、濃い桃色に〔変化〕していくようすを、
   フヨウ(芙蓉)の花が、ほろ酔いになっていく、、、と
   [見立て]て、スイフヨウ(酔芙蓉 すいふよう)。
   
   花びらの色が〔変化〕していくようすを、以下に
   連続写真で掲載しました。
   
   (このために、時間を変えて、通いました←苦労話)
   
   1日の花の〔変化〕を、お楽しみください。↓↓↓↓
   
   ★スイフヨウ(酔芙蓉 すいふよう)は、
   アオイ(葵)科 フヨウ(芙蓉)属。
   
   朝は、白。夜は紅にちかい桃色の花。
   
   だから、散歩時間が朝のかたと、夕方や夜のかたでは、
   花の色が、ちがいます。
   
   どちらが正しい花の色かと争うのは野暮(やぼ)になります。
   そこで、戯れ歌(ざれうた)を つくりました((笑))↓
   
   「白と赤 どちらも正しい 酔芙蓉   akiyo(景代)」
   
   ☆先月の、風蝶花(西洋風蝶草)は、
   ピンクの小花が夕暮れから咲きはじめ、
   朝になると白く変わるという〔変化〕でした。
   それを酔いに[見立て]て、
   「酔蝶花(すいちょうか)」という呼び名もあります。
   
   「酔い」の[見立て]は【同じ】ですが、
   順番がちがいます。
   酔芙蓉(すいふよう)は、白からピンクへ。
   酔蝶花(すいちょうか)は、ピンクから白へ。
   
   色(いろ)の〔変化〕にも、いろいろありますね((笑))
   
   ※「酔蝶花=風蝶花はピンクから白へ」
   その写真とお話は、こちら↓↓
   http://www.bigme.jp/00-18-09/18-9/18-9.html
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎スイフヨウ(酔芙蓉)-2  朝、白く花開く
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆朝、大輪の八重の白い花を開く、スイフヨウ(酔芙蓉)。
   
   一日花(いちにちばな)なので、
   夜がくると、濃い桃色になっていた花が、
   朝になると、花を閉じ、しぼみます。
   
   それで、早朝は、大輪の白い花と、
   濃い桃色のしぼみかけた花が並びます。
   
   うっかりすると、しぼみはじめたのではなく、
   つぼみ(蕾)が開きはじめたようにも見えます。↑
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎スイフヨウ(酔芙蓉)-3  朝の青空、白い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆朝の青空の下、いろいろな状態のスイフヨウ(酔芙蓉)。
   
   黄緑のつぼみ(蕾)、白い花、ピンクの花、濃い桃色、
   丸く紅いかたまり、、、どれもスイフヨウ(酔芙蓉)です。
   
   一番大きい花は、今朝(けさ)、開いた白い花。
   
   秋の青い空にはえて、豪華な白を豊かに咲かせています。↑
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎スイフヨウ(酔芙蓉)-4  午後、ピンクにそまる 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆午後になり、だんだんに白い花が、
   ピンクにそまっていくスイフヨウ(酔芙蓉)。
   
   朝には、ピンとしていた白い花びらが、
   しどけないように、丸まって、
   夕暮れには、薄紅色(うすべにいろ)になっていきます。
   
   薄い花びらが重なりあって、、、乱れ、
   どことなく、色っぽい風情(ふぜい)です((笑))↑
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎フヨウ(芙蓉) 別名:秋牡丹(あきぼたん)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
   ☆秋牡丹(あきぼたん)ともよばれるフヨウ(芙蓉)が
   ピンクや白い大輪の花を咲かせています。
   
   八重のスイフヨウ(酔芙蓉 すいふよう)と ちがい、
   5枚の薄い花びらの、一重(ひとえ)の花です。↑
   
   花のまん中に、紅い色があり、
   そこから長い柱頭が天を向いています。
   
   夏に咲く、ハイビスカスとも似た花です。
   似ているはずで、
   どちらも【同じ】アオイ(葵)科 フヨウ(芙蓉)属です。
   
   ☆フヨウ(芙蓉)は、蓮(ハス)の美称でもあるので、
   秋牡丹のほうは「木芙蓉(もくふよう)」、
   蓮のほうは「水芙蓉(すいふよう)」と、
   【木と水】をつけて区別してよんだりします。
   
   ☆「すいふよう」と耳で聞くだけでは、
   スイフヨウ(酔芙蓉 すいふよう)か、
   蓮の花の水芙蓉(すいふよう)なのか、
   混乱する場合もあるかもしれません、、、。
   
   
   ※以前、フヨウ(芙蓉)の花粉を自分の身につける、
   [へんな虫]に出会いました。
   
   後でしらべると、卵が「ウドンゲ(優曇華 うどんげ)の花」
   ともよばれているクサカゲロウ(草蜉蝣)の幼虫でした。
   
   伝説のウドンゲ(優曇華)の花は、植物ではなく、
   動物、虫だったのです。
   
   [3.000年に一度花を開き,
   そのときに如来(にょらい)が現れる]と
   大乗(だいじょう)仏教で伝えられている花が
   ウドンゲ(優曇華)です。
   
   そのお話とウドンゲ(優曇華)の花といわれる
   [卵と幼虫そして成虫]の写真などは、以下をどうぞ。 ↓↓
   
   【2005年11月2日(水)
   ☆「ウドンゲノハナ(優曇華の花 うどんげのはな)」が開いたも
   の】といわれる「へんな生きもの」に出会う。 
   ☆クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫。】
   http://www.bigme.jp/000-000-05-11/05-11-2/05-11-2..htm
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎秋空 鱗雲(うろこぐも)と太陽 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オクラ 花(左)と実(右)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆フヨウ(芙蓉)に似た黄色い花びら、
   中央に先端が紅い柱頭の花(左)。
   
   アフリカが原産地といわれる、オクラの花です。
   
   右に尖った(とがった)緑の実(み)がみえます。
   ネバネバ野菜で有名な、オクラの実です。
   
   実には、繊毛(せんもう)がありますが、
   薄く切って、種(たね)ごと生でも食べられます。
   納豆とオクラを混ぜると持久力(スタミナ)食。
   
   ゆでたオクラの実は食べやすいので、おしたし代わりに。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎秋空 立ちのぼる鱗雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎イタドリ(虎杖、痛取)。別名:スカンポ-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆川べりに、白い小花がたくさん咲いています。
   (もしや?)と想い、下に目をやり、
   茎をみると、紅色(べにいろ)。
   
   山間部や崖(がけ)、川原の土手などにはえる、
   イタドリ(虎杖、痛取)。別名:スカンポ。
   
   ☆山などでノドが乾いたときに、太い茎をポキンと折り、
   紅いスジを縦(|)にはがして、かじると、
   酸っぱい味でノドがうるおうので、うまい!
   ・・・と、体験者は懐かしそうにかたります。
   
   子ども時代に、お菓子の代わりによく食べた、
   ・・・と、かたる体験者もいます。
   
   酸っぱい味なので、スカンポ(酸模)。
   彼らは名の由来には、味覚とともに納得していました。
   
   わたしには、そういう体験がなかったので、疑問の名。
   
   はじめて聞いたときは「なぞの呪文」のようでした。
   
   (すかんぽって なに?)
   
   というのも、北原 白秋(はくしゅう)の童謡で
   ♪♪酸模(すかんぽ)の咲く頃♪
   があり、小学校で歌わされたからです、、、、、。
   
   (スカンポ? ジャワ サラサ?
    どういう つながり? なにをいいたい? 意味不明)
   
   ♪♪土手の すかんぽ  ジャワ更紗(さらさ)♪ 
   
   「酸模の咲く頃」 作詞:北原白秋  作曲:山田耕作 
   
   
   ☆スカンポ(酸模 すかんぽ)は、タデ(蓼)科。
   
   ♪♪酸模(すかんぽ)の咲く頃♪は、
   この上下の写真のような白い花がいっぱい咲く
   ・・・というのは、イメージできる今です。
   
   が、布(ぬの)のジャワ更紗(さらさ)との関係は、
   いまだに、意味不明…((笑))
   
   とはいえ、うちにある[ジャワ更紗] とよばれる
   布のバティック(Batik)をみていると、
   以下のような「多層」的なイメージが、
   白秋さんにあったのかもしれない、と想います。
   
   [ジャワ更紗] の模様には、白い斑点が入るので、
   その斑点(ドット)と白い小花の連想かな?
   と、【二重(ダブル)イメージ】で観じています。
   
   ろう(蝋)をひいて絵をかく、ろうけつ染め布地が
   バティックで、インドネシア、マレーシアの特産品。
   ジャワ島の[ジャワ更紗] が江戸時代から有名です。 
   
   ☆山の宿で、山菜料理のイタドリを食べましたが、
   とても美味でした。忘れられないほど((笑))
   春につんだイタドリを塩漬けにして、
   「それを もどしただけ」
   と女主人はお話しされましたが、なかなか・・・の味でした。
   
   ☆イタドリ(虎杖、痛取)の[根っこ]を干したものは
   虎杖根(こじょうこん)という民間薬になります。
   緩下作用、利尿作用、通経作用もあるといわれます。
   
   春の若葉は、もんで 出血した傷口にあてると
   応急の止血作用もあり、痛みもやわらぐといわれます。
   体験者は、子ども時代に効果があったといいます。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎イタドリ(虎杖、痛取)。別名:スカンポ-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎紗(うすぎぬ)のような白雲が流れる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アゲラタム 別名:カッコウアザミ(郭公薊)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆薄紫の細い糸のような花びらが丸く開く、
   小さなアザミ(公薊)のような花、
   カッコウアザミ(郭公薊)。
   
   イメージは、秋の七草(ななくさ)の
   フジバカマ(藤袴 ふじばかま)にも
   似ています。
   
   香りがよいフジバカマ(藤袴)は、藤色ではなく、
   白く細い糸のような花びらですが…。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎蒼い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎十字(クロス)の白花・仙人草(センニンソウ)-1 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆「山にすむ人、仙人(せんにん)」がいるような
   仙境(せんきょう)に咲く、といわれる
   蔓草(つるくさ)、仙人草(センニンソウ)。
   十字(クロス)をつくる4弁の白い小花です。↑↓
   キンポウゲ(金鳳花)科。
   
   都内の住宅地にも、塀(へい)に からみつき
   あふれんばかりに咲いています。
   白いジャスミン(茉莉花 まつりか)のように。
   
   ☆小さな乾いた果実(痩果=そうか)がみのると、
   仙人のヒゲのような綿毛(わたげ)ができるそうです。
   それが、仙人草という、名の由来。
   ・・・そうか((笑))
   
   その頃、また、この道を通ってみましょう。
   羽毛のような仙人のヒゲがみられるように。
   楽しみが、また ひとつできました。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎十字(クロス)の白花・仙人草(センニンソウ)-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎鱗雲がつくる地図 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎マンジュシャゲ(曼珠沙華)-1 赤い花 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
   ★インドの「古い文語体(梵語 サンスクリット)」で、
   manjusaka(マンジュシャカ)とよばれる、紅い花。
   
   漢字を音訳(当て字)して、曼珠沙華(マンジュシャゲ)。
   
   意味は、「天に咲く花」。
   この花を見ると、天人が花を見る人の悪業を払う、
   と大乗(だいじょう)仏教の『法華経(ほけきょう)』
   でいわれる伝説の花が、曼珠沙華(マンジュシャカ)。
   
   伝説では、天人が降らす[浄化の雨]のような、白い花です。
   
   曼珠沙華(マンジュシャカ、マンジュシャゲ)には、
   白い花もありますが、ほとんどが紅い花です。
   
   100万本以上の曼珠沙華が咲く、秩父の高麗(こま)に
   いったことがありますが、圧倒的な紅いパワーでした。
   そこには、紅い花に囲まれて、白い花も咲いていました。
   
   そのお話と白い曼珠沙華や紅い曼珠沙華の写真はこちら↓
   【2002年9月27日(金) ●100万本!の赤い彼岸花(ヒガンバナ)、
   別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)。●黄金色や白色の彼岸花。 ●
    秩父の高麗(こま)と坂口安吾】
   http://www.bigme.jp/00-0-01-2002-09-essay/02-09-27/02-09-27.
   htm
   
   ☆日本では、ヒガンバナ(彼岸花 ひがんばな)
   ということが多いですが、
   地方により呼び名はたくさんあります。
   
   ヒガンバナ(彼岸花)科 ヒガンバナ(彼岸花)属
   
   秋のお彼岸の頃に、咲き出す、紅い花です。
   お灯明(とうみょう)のように、
   お墓のそばに咲かせている地方もあります。
   
   ★下に、つぼみ(蕾)と開花した状態をのせました。↓
   
   紅い花がつくる「花マンダラ」のように
   みえる、中心から放射状に広がる花です。
   
   が、つぼみ(蕾)のときをみると、
   ひとつひとつの花が重なって、
   複雑な【花マンダラ】にみえる、、、
   というのがわかります。↓↓
   
   まるで、紅い花の胎蔵界(たいぞうかい)マンダラ世界に
   小さな ほとけ(仏)たちが集まっているようです。
   
   胎蔵界マンダラ「あまた、おわする仏たち」については、
   本 『ヨガと冥想』 (内藤景代・著)をどうぞ。
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/
   
   そのなかの、三段に詳細があります ↓↓
   →『ヨガと冥想』 三段 目次
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/ym-mokuji-3.html
   
   
   ★マンダラは、古代インドの「神聖図形・ヤントラ」を、
   密教(仏教)的な世界観であらわしたもの、ともいえます。
   
   マンダラは、梵語すなわちインドの
   「古い文語体(サンスクリット)」で、
   漢訳されて、「曼荼羅    曼陀羅」とも当て字されます。
   
   詳細は以下をどうぞ。 ↓↓↓↓
   
   ●紅い8葉の花弁の花を象徴(シンボル)とする
   胎臓界(たいぞうかい)マンダラについては:
   『BIG ME』 p132  図: 胎臓界マンダラを。
   http://bigme.client.jp/
   
   内藤景代著『BIG ME』(ビッグ ミー)目次 2     
    マンダラ発想とは
   
   ☆パート2 デスマッチから、花と咲く
    
    はじめに,村立がある。
    それは,新しい統合へのチャンスだ。GO!
   http://bigme.client.jp/hp-bigme-2new-1.htm
   
   ●「なぜ、マンダラは円に囲まれ、中心点をもつ対称形なのか?」
   
   については、『聖なるチカラと形・ヤントラ』 p 244 、 p 249 
   図 32 
   http://yantra.client.jp/
   
   ●「ヤントラとマンダラの関係」については:
       『ヨガと冥想』p121  図15 
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/ym-mokuji-4.html
   
   ●マンダラとユング心理学、BIG MEの関係は
   →『ヨガと冥想』p119 
    「マンダラは、たましいの全体像 ──ユング」
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/ym-mokuji-4.html
   
   
   ●「マンダラ」についてのお話と写真はこちらへ↓↓
   http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-13/03-04-13.htm
   
   【2003年4月13日(日)  
   ●ピタゴラス、プラトン、ユングのような目があると、
   キク(菊)科の花びらの一枚という
   「小さな部分」に「調和のある宇宙(コスモス)」が透けて見える
    
   ●マンダラ(曼荼羅 曼陀羅 まんだら) 
   ●ヤントラ 『聖なるチカラと形・ヤントラ』
   「なぜ、マンダラは円に囲まれ、中心点をもつ対称形なのか?」
   ●「マンダラ:中心点・対称形・円」 
   ●『BIG ME』:
    胎臓界マンダラ(花) と
    金剛界マンダラ(ダイヤモンド 金剛石)
   ●『ヨガと冥想』:
    「マンダラは、たましいの全体像 ユング」
   ●「ヤントラとマンダラの関係」 象徴(シンボル) 球体 
   ●調和のある全体性の宇宙(コスモス)
   ●見立て コスモス(秋桜)キク(菊)科 花  
   ●花びらの一枚がひとつの花 
     部分=全体 一即多 多即一 
   ●タンポポの花の綿毛 ピタゴラス プラトン ユング 
   ●物理的な宇宙はユニヴァ-ス  
   ※「野生の思考」の例→タンポポ ロゼッタの葉 綿毛 球体】 
   http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-13/03-04-13.htm
   
   
   ※【マンダラなど幾何学的な神聖図形】をヤントラといいます。
   詳細はこちらへ↓
   
   『聖なるチカラと形・ヤントラ』内藤景代・著  実業之日本社刊
    
   →「精神世界」の究極の「なぞを解く」、魔法入門書●
   http://yantra.client.jp/
   
   魔法のかたちと力『ヤントラ』 内藤景代・著 西の雲海と東の海
   洋をむすぶ翼
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎マンジュシャゲ(曼珠沙華)-2 蕾と開花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎沙幕(しゃまく)雲、風で乱れて
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤星(あかぼし)ゴマダラ蝶-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆目の前に、ふわふわっとチョウ(蝶)が飛んできて、
   緑の葉の上にとまり、羽根を閉じて休息しています。
   
   白と黒の縞(しま)もようなので、
   アゲハチョウ(揚羽蝶 あげはちょう)かと想ったら、
   閉じた羽根の下には、紅い斑点(ドット)があります。
   大きめのタテハチョウ(立羽蝶)。
   
   お久しぶりの赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶です。
   
   ☆ゆっくりと近づいて、閉じた羽根の右から撮影。
   
   じっとしているので、左にまわり、左羽根も撮影。
   
   あまりに動かないので、そろそろ♪♪いかなくちゃ♪と想い、
   (羽根を開いてくれたら、うれしいけれど)
   と願っていたら…なんと! 
   閉じていた羽根を静かに、左右に開いてくれました。
   
   ところが、羽根の右には、紅い斑点がありません……↓
   さっき、見えていた紅い斑点は、左羽根のもので、
   欠損(けっそん)のある右羽根ごしに見えていたのです…
   
   ウッとなって、
   痛々しい(いたいたしい)姿(すがた)を見せてくれた蝶に、
   (大変だったね~)
   と、こころ(心)でかたりかけてしまいました。
   
   (そうか~ だから、ゆっくり休息しているんだね。
    邪魔しないから、たっぷりと自分をいたわって
    充分に、、、、くつろいでおくれ……)
   と、念じてしまいました。
   
   向こうから人がきたので、わたしがそばにいると、
   この蝶に気づいてしまうかもしれないので、
   さり気なく、その場をはなれました。
   そろそろ夕暮れが近づいていますし。
   
   ☆秋生まれの元気な蝶も飛び回っていますが、
   秋になると、「傷ついた蝶」によく出会い、
   切なく(せつなく)なります。
   哀愁を感じさせる、、、秋の蝶……
   
   以前、出会った赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶は、
   右側の羽根の横に、丸くえぐれたような傷がありました。
   そのお話と写真はこちらへ ↓↓↓
   http://www.bigme.jp/00-16-10/16-10/16-10.html
   
   欠損(けっそん)があっても、
   ゆっくりと優雅にとんでいます。
   
   【二重(ダブル)イメージ】で人生の場面を 感じます。
   
   じゅうぶんに休息して、傷を癒し、
   天寿(てんじゅ)をまっとうしてほしいです。↓
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤ゴマダラ蝶-2 羽根を開くと…
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎流れる紗(うすぎぬ)のような細い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎蝶の吸水-1 アゲハチョウとアオスジアゲハ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆雨あがりの砂利道(じゃりみち)に、
   白と黒の縞模様(しまもよう)のチョウ(蝶)、
   アゲハチョウ(揚羽蝶)が舞いおりてきました。
   
   立ち止まって見ていると、
   今度は、青い蛍光色のチョウ(蝶)、
   アオスジアゲハ(青筋揚羽) 蝶が飛んできて
   後ろに並ぶように、着地します。
   
   そして、2匹そろって、吸水しています。↑
   
   【泥水(どろみず)をすする2匹のチョウ(蝶)】
   
   という図ですが、
   よほど、ミネラル豊富な水なのでしょう。
   
   花の蜜ばかりをチョウ(蝶)は、吸うわけではなく、
   ミネラル(カルシウム・マンガン・鉄などの無機塩類)
   も、栄養素として必要なようです。
   
   それが、チョウ(蝶)たちの羽根が
   鮮やかに色づいている秘密でしょう。
   
   ☆下のアゲハチョウ(揚羽蝶)は、
   細い脚をしっかりと砂利道につけ、
   細く長い管(くだ)をストローのようにして、
   じっと動かずに吸水し続けていました。↓
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎蝶の吸水-2 アゲハチョウ(揚羽蝶)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎翳った(かげった)大きな雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎左下は【幻日(げんじつ)】? 右は夕陽
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺)-1   2羽:飛翔と立ち姿
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆池のくい(杭)の上に、ダイサギ(大鷺)が2羽。
   
   右のダイサギ(大鷺)は、すっきり立っています。
   
   左のダイサギ(大鷺)は、翼を広げ、飛びたつ準備。↑
   両脚で水面を蹴り、高く飛翔する……
   と、想いましたが、ちがいました。
   
   右の方向へ[低空 飛翔]します。
   右にいるダイサギ(大鷺)より、低い位置を飛ぶ。
   ぶつからないように、ゆったりと[低空 飛翔]。↓
   
   (・・・? どういうつもりかな?)
   
   と見ていると、、、右のダイサギ(大鷺)よりもっと右に飛ぶ。
   
   
   そして、カルガモ(軽鴨)のわきを飛びこえて、
   右の端にある緑の葉のしげみに着地しようとします。
   
   (・・・? どういうつもりかな?)
   
   とよく見ると、、、、手前に白いものがあります。↓↓
   
   [低空 飛翔]のダイサギ(大鷺)がきたので、
   その着地したほうを見ようとする白いもの。↓↓
   
   横顔が見えたので、その白いものが、なにかわかりました。
   
   黄色いクチバシ(嘴)のダイサギ(大鷺)ではありますが、
   細く小さいダイサギ(大鷺)です。メス♀でしょうか?
   
   たぶん、[低空 飛翔]した左のダイサギ(大鷺)は、
   この小さいダイサギ(大鷺)が右にいるのを発見して、
   そばにいこうと、ゆったり低く飛んだのでしょう。
   
   「大切なお相手」になってほしい小さいダイサギ(大鷺)を
   驚かせないように、静かに飛翔したのは…
   優しく紳士(しんし)的なダイサギ(大鷺)の行動……だった
   のではなかろうか、、、と、勝手に想像しています((笑))
   
   というのも、目のあたりに「緑の婚姻色」が見えるように
   想うからです。↓
   春ではないですが、「恋の季節」?
   
   以下に連続写真で、ご覧ください。 ↓↓
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺)-2  右へ低空飛翔
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ダイサギ(大鷺)-3 小さな大鷺のそばへ着地
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トワイライト(薄明) 薄橙に染まる雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤いコイ(鯉)たち 4匹 錦鯉(にしきごい) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆朱(しゅ)色、緋(ひ)色、茜(あかね)色、オレンジ色など
   赤いコイ(鯉)たちが4匹泳いでいます。
   
   4匹のあいだには、黒い真鯉(まごい)たちがいますが、
   影(シャドー)になり、姿(すがた)が見えません。
   
   ☆4匹の赤い錦鯉(にしきごい)が並んでそろうと、
   紅葉した秋の山並み(やまなみ)に[見立て]られます。
   
   鱗(うろこ)が光を反射して輝いていると、いっそうのこと。
   
   水面(みなも)にすけてみえる、紅く燃える山々(やまやま)。
   
   ♪♪ 山が 燃える ♪
   
   「天城越え」(あまぎごえ)   
       
        歌:石川さゆり 
        作詞:吉岡治 作曲:弦哲也
        ロック・バージョン:M・フリードマン
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白い鯉と黒い鯉 光りもの錦鯉と真鯉(まごい) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆大きく白いコイ(鯉)が、悠々(ゆうゆう)と泳いで、
   目の前に姿(すがた)をあらわしました。↑
   
   二重まぶたのような(?)目のまわりも白く、
   みつめられると、長老(ちょうろう)との対面、、
   のような気がしてきます。迫力満点……。
   
   全身がまっ白で、光っています。
   こういう白いコイ(鯉)を「光りもの」とよぶそうです。
   錦鯉(にしきごい)にも、「光りもの」があるわけです。
   
   黒い真鯉(まごい)も近寄ってきましたが、
   こちらは、もっと太くて年を経たコイ(鯉)です。
   貫禄十分(かんろくじゅうぶん)。
   
   白と黒のコイ(鯉)、長年のあいだに、、、
   それなりに顔見知りなのかもしれません((笑))
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤鯉と白鯉の錦鯉 ゴマちゃん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆涼しくなって、いつものところで、
   ゴマフアザラシに似た、白いコイ、ゴマちゃんに
   会えるのが、楽しいです。
   
   久しぶりに会えたときも、こちらを見あげ、
   おぼえてくれていたことが、うれしかったです。
   
   胸の奥に、ぽっと明るい《光》がともったように、
   あったかい気もちになりました。
   
   思わず、錦鯉のゴマちゃんに手をふったりして、
   向こう岸で見ているひとがいたら、
   「へんなひと」と思ったかもしれません((笑))
   
   ☆緋鯉(ひごい)ともいえる赤いコイ(鯉)が、
   ゴマちゃんに近寄ってきて、2匹の錦鯉で
   「人」という文字になりました、、、
   人文字(ひともじ)ならぬ「鯉文字(こいもじ)」((笑))
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎鱗雲(うろこぐも)が秋空を覆う(おおう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   *---*---*---*---* 
   ●寒露(かんろ)  10月08日
     寒露(かんろ)は24節気のひとつで
   「寒くなった〈陰の気〉に合わせて、大気が露(つゆ)を結び、そ
   れが凝る時季」です。
      
   ●霜降(そうこう)10月23日
      霜降は24節気のひとつで
   「霜(しも)がふりはじめる時季で、紅葉が始まる頃」です。
   
   *-------*----------*---------*
   今月、ご紹介した花や生きものは 《★花と緑と翼あるもの、秋空と
   夕焼け、蝶と鷺、鯉と猫の瞑想=観想★》としてもお楽しみくださ
   い。以下に、39枚の順をかきます。
   *************************** 
   
   《★花と緑と翼あるもの、秋空と夕焼け、蝶と鷺、鯉と猫の瞑想=
   観想★》 39枚
   
   #1☆スイフヨウ(酔芙蓉) -1 夕暮れは ピンク 
   #2☆スイフヨウ(酔芙蓉)-2  朝、白く花開く
   #3☆スイフヨウ(酔芙蓉)-3  朝の青空、白い花 
   #4☆スイフヨウ(酔芙蓉)-4  午後、ピンクにそまる
   #5☆フヨウ(芙蓉) 別名:秋牡丹(あきぼたん) 
   #6☆秋空 鱗雲(うろこぐも)と太陽 
   #7☆オクラ 花(左)と実(右)
   #8☆秋空 立ちのぼる鱗雲
   #9☆イタドリ(虎杖、痛取)。別名:スカンポ-1
   #10☆イタドリ(虎杖、痛取)-2 
   #11☆紗(うすぎぬ)のような白雲が流れる
   #12☆アゲラタム 別名:カッコウアザミ(郭公薊) 
   #13☆蒼い雲
   #14☆十字の白花・仙人草(センニンソウ)-1 
   #15☆十字(クロス)の白花・仙人草-2
   #16☆鱗雲がつくる地図
   #17☆マンジュシャゲ(曼珠沙華)-1 赤い花 
   #18☆マンジュシャゲ(曼珠沙華)-2 蕾と開花
   #19☆沙幕(しゃまく)雲、風で乱れて 
   #20☆赤星(あかぼし)ゴマダラ蝶-1 
   #21☆赤ゴマダラ蝶-2 羽根を開くと… 
   #22☆流れる紗(うすぎぬ)のような細い雲
   #23☆蝶の吸水-1 アゲハチョウとアオスジアゲハ
   #24☆蝶の吸水-2 アゲハチョウ(揚羽蝶)
   #25☆翳った(かげった)大きな雲
   #26☆左下は【幻日(げんじつ)】? 右は夕陽
   #27☆ダイサギ(大鷺)-1 2羽:飛翔と立ち姿 
   #28☆ダイサギ(大鷺)-2 右へ低空飛翔
   #29☆ダイサギ(大鷺)-3 小さな大鷺のそばへ着地 
   #30☆トワイライト(薄明) 薄橙に染まる雲 
   #31☆赤いコイ(鯉)たち 4匹 錦鯉(にしきごい) 
   #32☆白い鯉と黒い鯉 光りもの錦鯉と真鯉(まごい) 
   #33☆赤鯉と白鯉の錦鯉 ゴマちゃん
   #34☆鱗雲(うろこぐも)が秋空を覆う(おおう)
   #35☆トウガラシ(唐辛子) 赤・紫 
   #36☆錦(にしき)の夕焼け 
   #37☆夕暮れの十日月(とおかづき) 
   #38☆枯れ葉散る配管の上に、日なたぼっこ猫
   #39☆金目で白ハチワレの茶トラ猫、箱座り
   
   *-------*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、ふんわりと観てください。
   
   眉間にしわをよせないで、
   優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トウガラシ(唐辛子) 赤・紫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆紅や緑だけでなく、
   赤や藤色、紫やクリーム色、橙や白などの
   彩り(いろどり)豊かな
   トウガラシ(唐辛子)がふえてきました。
   
   花のすくない時季に、
   鮮やかな色彩が、目を楽しませてくれます。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎錦(にしき)の夕焼け
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
    ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
   ★先月の9月は、雨のない日が2日だけ。
   気づかなくても、夜にふっているので、
   ほとんど毎日が雨だった…というわけです。
   だからでしょうか、梅雨(つゆ)に咲く、
   青い露草(つゆくさ)が、9月末に咲いていました。
   
   湿気(しっけ)が多く、ブルーな気分になりがちな
   秋のはじまりでしたが、お元気におすごしですか?
   
   ★寒露(かんろ) は、寒い陰(いん)の《氣》にあわせ、
   大気が露(つゆ)を結び、それが凝る時季です。
   わたし達の体調も、陰(いん)の季節に対応するように、
   変調しがちです。
   それを「心と体の休息時間」である「睡眠」で補おうとするのが、
   今の時季でもあります。
   
   だから、眠くてたまらない…という人も多いです。
   そのかわり、よく眠ると、スッキリして体調もよくなります。
   
   ◎というのも、睡眠中に、
   「体の免疫力を高めるホルモン」が分泌されるからです。
   また、「美肌をつくる、成長ホルモン」も分泌されます。
   
   それも、「寝入りばな」の【もっとも深い、脳の眠り】のときに、
   それらのホルモンが分泌されます。
   
   だから、短時間でも〈質のよい眠り〉で、
   「熟睡」できると体調がスッキリして快調になります。
   
   ◎眠りというと、体をリラックスさせることばかりしていると、
   「脳の眠り」ができません。
   
   体がくつろいでいるときは「体の眠り」で、
   脳(=大脳)は、起きて活動しています。
   ──それが「夢を見る」という状態です。
   
   夢を見るのは、筋肉がゆるむ「体の眠り」のときで
   〃浅い眠り〃です。
   
   ぐっすり熟睡した満足感は、
   〃深い眠り〃の「脳の眠り」のときなのです。
   
   →だから、横になって寝ていても、
   夢を見る「体の眠り」ばかりだと、
   「脳の眠り」が充分にできないので、
   いくら寝ても脳は休息できず、
   脳の疲れはとれないのです。
   
   脳と体は、同時には眠らないからです。
   
   下の写真↓の猫さんは、香箱(こうばこ)座りで、
   両手を折り曲げ、【姿勢きちんと】で眠っています。
   【大脳が休息】している背スジが伸びた姿勢です。
   
   【大脳が休息】する【姿勢きちんと】の眠りは、
   「大脳の眠り=ノンレム睡眠」です。
   飼い猫の眠りを科学して、フランスで発見された眠りです。
   くわしいお話は、
   『3つの脳で、楽に3倍生きる 
   大脳・小脳・脳幹は、こころ体いのち。
   明るく豊かに健康に』内藤景代・著 Amazon Kindle版
   をどうぞ。
   スマホ・PCで読める電子書籍です。
   
      
   ★手足やお腹(なか)が冷えると、
   体調不良になりがちなので、
   あったかくしてください。
   
   ★秋は、飲み物も常温から、あったかいものにしましょう。
   
   
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕暮れの十日月(とおかづき)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ===========================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その117
   ===========================
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎枯れ葉散る 配管の上に、日なたぼっこ猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆茶色い壁に枯れ葉が吹きだまり、
   銀色の配管がくねる、陽だまりに、
   木の枝が影絵(シルエット)になっています。
   
   茶トラの猫さんが、秋の光景に溶けこみ、
   茶色の壁の一部のようにして、日なたぼっこ。↑
   
   右端になぜか、丸い時計があり、
   その白い文字盤(○)と呼応するように、
   白い三角(△)のハチワレになっている茶トラ猫。
   
   香箱(こうばこ)座りで、両手を折り曲げ、
   【姿勢きちんと】で眠っています。
   【大脳が休息】している背スジが伸びた姿勢です。
   
   カメラを向けて撮影していると、
   金目の左目を開き、右目は半眼でこちらをみます。↓
   
   (問題なさそう)
   と判断したらしく、また、目を閉じ、眠っていました。
   まるで、秋の情景の一部になったように。
   
   ※【大脳が休息】する【姿勢きちんと】の眠りは、
   「大脳の眠り=ノンレム睡眠」です。

   飼い猫の眠りを科学して、フランスで発見された眠りです。
   くわしいお話は、
   『3つの脳で、楽に3倍生きる 
   大脳・小脳・脳幹は、こころ体いのち。
   明るく豊かに健康に』内藤景代・著 Amazon Kindle版
   をどうぞ。
   スマホ・PCで読める電子書籍です。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎金目で 白ハチワレの茶トラ猫、箱座り
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」10月号を
   アップしました。こちらへ  
   http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm
   
   
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」 屋久島の森…
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」アライグマの兄弟! 
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 63」 塀の中の建物-4
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」 吊り目…眠い?
   ●美樹さんは「西安・兵馬俑坑と敦煌・莫高窟」 中国の旅
   ●Kayokoさんは「ゴジラスクエアのゴジラ」 全長3メートル
   ●mariko さんは「うちの猫」ラウル君の「少年時代」美しい!
  
   ★New シンゴさんは作曲&シンセサイザー演奏【Drawing 】
   1 「水面」今月から、新しい作曲・演奏のCDRでお送りします。
   NAYヨガスク-ルに〔入会して32年〕のシンゴさんの曲を、
   お楽しみください。
   
   ●Ryoさんは「松葉牡丹」 マツバボタン
   ●健治さんは「私の居場所」旅行記。広島城-4
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 89  「言葉 3」
   
   ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
   *~・~・~・~*~・~・~・~*
    「NAYヨガスクール体験記 89  「言葉 3」
   
   ※追記: 内藤 景代 (ないとう あきよ)記
   
   ◎「不幸の連鎖は、次の代(だい)に回さず、
      自分の代で終わりにする」
   
   …そうですか、わたしがお話した言葉が、
   今は和之さんの「心のくせになっている」
   ともいえるほど、あなたの一部になっていますか…
   
   わたしのこころ(心)が伝わり、うれしいです。
   
   鎖(くさり)や金属チェーンのように強固な
   [不条理な不幸の連鎖]
   を感じ続けてきた わたしなので、
   自分の願いや決意、こころざし(志)として、
   わたし景代(あきよ)の代(だい)で、
   小さな鎖ひとつでも、断ち切りたい、
   ……と想って、この仕事を続けています。
   
   たとえ、わたしの背後(はいご)には、
   荒れ地や戦場が硝煙をあげていても、
   わたしの前には、青空や野草の花が咲くように。
   そして、結果として花園や緑豊かな世界が広がるように。
   
   「傷ついたシャーマン」は、
   傷つけたものを呪い、後ろを向くのではなく、
   前を向いて、新しい世界を創造していきます。
   「ないなら、つくってしまえ!」と。
   
   この言葉も、よくお話しましたね。
   「今・ここが過去と未来の交差点」
   過去は変えられない。でも今を変えれば、未来は変わる。
   
   過去の[因縁の鎖]を、今の自分の代(だい)で断ち、
   未来には、花を咲かせたいと、今も願っています。
   
   和之さんも、ご自分の傷を癒やしたら、
   次の代(だい)のかた達のために、
   新しい道をつくっていらっしゃるのですね。
   
   例の件、おめでとうごさいます!
   ご発展をお祈りしています。合掌

   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2018年10月28日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
  **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/01
部数 518部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/01
部数 518部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング