日中韓環境情報メールマガジン “伝所鳩”

日中韓環境情報MM  “伝所鳩” No.429

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   _,  __
   (・>|\/|   日中韓環境情報メールマガジン
   /彡))  ̄ ̄
  / /       “伝所鳩” No.429(2013.4.5)
  /"~k_       http://www.enviroasia.info/

   発行:NPO法人東アジア環境情報発伝所 http://www.eden-j.org/

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 あっという間に2013年度がスタートしました。年度末の各種報告書の作成な
度に追われ、1カ月ぶりの伝所鳩の発行となってしまいました。
 昨年度の主要事業であった企業のサプライチェーンのグリーン化プロジェク
トのまとめとして、『グリーンチョイスアライアンスレポート2~アパレル業
界の動向と動き始めた日本の家電メーカー』を発行いたしました。
 このレポートでは、過去1年にGCAが発行したレポート3冊の概要や、円
卓会議の情報などを掲載しております。下記、発伝所のGCA特設ページから
ダウンロードしていただけます。ぜひご高覧ください。(H)
→http://www.eden-j.org/GCA/index.html

今週の内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼今週の注目ニュース
韓国発
・逆行する韓国政府、
          気候変動問題を無視した第6回電力供給基本計画(3/29)

▼環境ニュースヘッドライン
日本発
・エネルギー政策選択と環境アセスメントの役割(4/8)

▼飼育係より

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼今週の注目ニュース

【韓国】逆行する韓国政府、
          気候変動問題を無視した第6回電力供給基本計画(3/29)

 2013年2月22日、韓国・知識経済部が、第6回電力基本計画(以下、電力計
画)を発表した。
 電力計画は、知識経済部が2年毎に策定するもので、今後15年間にわたる電
力需要の展望、需要の管理目標、(電力の)適切な予備率及び発電所の建設計
画などが含まれている。今回発表された計画は、過去5回目よりも多い電力需
要増加率の前提を、発電設備の増加は不可欠だと強調している。 

 具体的には2027年までに、石炭(1074万KW)、LNG(506万KW)など火力発電
1580万KW、コージェネレーションなどを含む総合エネルギー371万KW、太陽光・
風力など自然エネルギー456万KWなど、関連施設の増設が盛り込まれている。原
子力発電については、判断が保留され8月に改めて決める見込みになっている。 

 新しい計画で議論になっている一つが、火力発電所の増設である。電力計画
によると、2027年までに、新たに12基の石炭火力発電所を増設することで、電
力の安定性を保つとされている。温室効果ガスの増加への懸念を無視し、電力
の需要だけを優先する政府の主張には懸念が広がっている。 

 この計画が実行すれば、韓国政府が打ち出した温室効果ガスの削減目標(20
20年までにBAU30%削減)を10%上回る可能性があると、専門家たちは指摘して
いる。あんまりにも強行な発表に、環境部が知識経済部を批判する異例なこと
も起きた。 

 今回の電力計画について、環境団体からは、「韓国のエネルギー全体消費の
70%を占めるエネルギー効率が悪い産業の付加価値は30%も足りない、このよ
うな企業に韓国の未来を任せてはいけない」「FIT制度からRPSに『格下げ』し
たにも関わらず、たったの一年間で、RPS制度すら着実に実行できない政府は無
責任すぎ」るという批判があった。 

 また、パク・クンヘ政権は政府部署、学会、市民社会の強い反対を無視して
は行けない、失敗に間違いない今回の電力計画を改めて全面的に検討し、国内
では大手企業の利益ではなく、国民の健康を配慮する政府に、海外では温室効
果ガスに寄与する国へとシフトすることを、環境団体などは強く求めている。

→ http://www.enviroasia.info/news/news_detail.php3/K13032901J

▼環境ニュースダイジェスト

【日本】エネルギー政策選択と環境アセスメントの役割(4/8)

 NPO地域づくり工房(長野県大町市)は、くるくるエコプロジェクト(ミニ
水力発電の普及)と菜の花エコプロジェクト(菜の花オイルとバイオ軽油の普
及)を両輪に活動を展開し、これまでに4つのタイプのミニ水力発電所の設置
・運営を経験し、バイオ軽油は年2万リットルを生産しています。…

→ http://www.enviroasia.info/news/news_detail.php3/J13040501J

▼飼育係より

 今年の地元の桜は、三分咲き状態でおしまい。よーくみるとつぼみがなくな
っていました。どうも鳥に食べられてしまったことが原因のようですが、地元
の方もこんなのは初めてとのこと。これも気候変動の影響でしょうか…。(H)

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む