日中韓環境情報メールマガジン “伝所鳩”

日中韓環境情報MM  “伝所鳩” No.425


カテゴリー: 2013年01月18日
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   _,  __
   (・>|\/|   日中韓環境情報メールマガジン
   /彡))  ̄ ̄
  / /       “伝所鳩” No.425(2013.1.18)
  /"~k_       http://www.enviroasia.info/

   発行:NPO法人東アジア環境情報発伝所 http://www.eden-j.org/

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 今年もよろしくお願いいたします。昨年秋に予定しておりました、グリーン
・サプライチェーンに関する円卓会議(第6回 東アジア環境市民会議)を、
2月27日(水)に中国・北京で開催することとなりました。昨年は、日中、日
韓共に政府間関係が悪化し、市民レベルの連携にも様々な影響がありましたが、
今年は昨年の分を取り戻すべく頑張っていきたいと思います。今年も応援よろ
しくお願いいたします。(H)


今週の内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼今週の注目ニュース
中国発
・「緑色選択連盟(GCA)」のフォーラムが北京で開催(11/28)

▼環境ニュースヘッドライン
中国発
・李力先生、吉首大学で環境保護についての講義を行う(12/12)

▼飼育係より

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼今週の注目ニュース

【中国】北京の史家小学校分校、ごみ分別を学校の特色に(12/12)

 2012年12月4日、私は北京史家小学校分校の依頼で全教師に「再びごみ分別を
語ろう」というテーマで講義を行った。校内に入るとごみ箱に貼られた子供たち
が工夫をこらしたポスターがたくさん目に入り、校内の壁にもごみ分別、環境保
護に関するマンガや標語に目を引かれた。 

 ごみ分別は中国の環境NGOが最も早く進めたいと思っているテーマであり、現在
の中国ではまだまだ不足とやるせなさがあったが、史家小学校分校のごみ分別が
見事な文化として受け継がれており、ごみ分別が学校の特色として実際の行動と
なり、ごみ分別が厳格に一心に科学的なプロジェクトとして研究されていること
に、私は深く感銘を受けた。私は中国におけるごみ分別に対して、新しい見方を
持ち、衝動に駆られたことを、ここでみなさんと共有したい。 

 史家小学校分校は、2010年9月、「低炭素社会がもたらす満足」というテーマ
で開校し、学校のごみ分別活動をスタートした。2年余りで、学校では各クラス、
各事務室に分別ごみ箱を贈り、全教員と全児童にごみを分別して捨てる習慣を命
じて、すべての児童もごみ分別活動に参加した。各クラスは教室の決まった場所
に分別ごみ箱を置いて、分別の表示を貼って、ごみ袋を設定して、児童たちが分
別情報を紹介する表示板を作ることで、徐々にごみ分別を学んだ。 

 さらに学校はこの基盤の上に学校ごみ分別指導員をおいて、クラスと各階のご
み分別の状況を検査して毎週1回表彰と報告を行った。今年、さらにごみ分別評
価細則を改正して校内テレビ放送によって全校教員と児童にごみ分別の常識を説
明、また毎週ごみ分別指導員例会を開催して問題を発見して速やかに解決、教員
・児童の段階別監督指導を実施している。毎日12:30と午後3:30から4:00は重点検
査の時間とし、抜き取り調査も実施する。 

 ごみ分別を取り巻くテーマで特別研究を行い、児童たちは実践研究を通して問
題を発見、解決している。2011年4月、研究作業グループの児童が小武ごみ分別
場を見学したが、もっとも子どもたちに影響を与えたのは、ごみ収集車が処理場
に運ぶごみが全て再利用できるわけではなく、埋め立て処理のために、搬送ベル
トの側に作業員がいて二次分別検査を行っていることだった。 

 なぜ?ごみ処理場の責任者は子どもたちに「実際の生活で、まだまだごみ分別
がきちんとできていなくて、また分別しなければなりません。大量の水、電力な
どのエネルギー資源を費やしています。事前のごみ分別ができれば、合理的な分
別ができて、ごみ処理場での負担を軽減することができるのです。」 

 学校へ戻ると、児童は学校のごみ分別を観察して、私たちの分別は行き届いて
いない、ただ再利用でききるものと再利用できないものと生ごみを分けているだ
けだが、分類が簡単すぎると、その後の資源化・再利用がうまくいかないことに
気づいた。そして、討論、交流を通して、教員と児童は学校と家庭で出される大
量の使用済み紙類について整理することを決めた。本来、分別の規則がない紙類
と紙きれを出す。私たちは使用済みの紙の需要を伸ばして使用済みの紙を再利用
できないか?この疑問を持ったグループの教員と児童たちが相談して、「使用済
み紙の再利用及び推進活動」という研究テーマを掲げた。昨年のボランティアサ
ービスデーに、テーマグループの児童が自分の作品を持って、地区の使用済み紙
の再利用の環境保護キャンペーンを行った。この子どもたちによるキャンペーン
は地区の住民の称賛のみならず、メディアにも報道された。 

 ごみ分別は政府のみの責任ではなく、やはり市民一人ひとりが共に努力するこ
とが必要です。ごみ分別作業は、確実に任重くして道遠しだが、学校として児童
を教育し環境を保護する意識の確立に影響を与える責任があるので、ごみ分別の
良き習慣を育成する。教員と児童たちが共にゴミ分別意識を学校から家庭や社会
に持ち込み、まず身近から初めて、私たちの生活環境を守り、私たちと私たちの
生活があるこの地球を守るようになる。

→ http://www.enviroasia.info/news/news_detail.php3/C12112802J

▼環境ニュースダイジェスト

【中国】李力先生、吉首大学で環境保護についての講義を行う(12/12)

 2012年11月20日夜、第一回中国環境保護提唱行動ネットワークの年次総会に参
加するため張家界にやってきた李力先生は、魅力的な湘西地域を観光する機会を
放棄して、吉首大学の張家界キャンパスを訪れ、私たち大学生に環境保護に関す
る講義を行った。形にとらわれず、盛り沢山な講義は、100名あまりの大学生の熱
烈な歓迎を受けた。…

→ http://www.enviroasia.info/news/news_detail.php3/C12121201J

▼飼育係より

 我が家の近くで熊が出たという情報がありました。イノシシやサルなどが作物
を食い荒らす被害も大きいようです。自然と人間の共生というのもなかなか難し
いテーマだなぁとあらためて思う今日、この頃です。(H)

このメルマガは現在休刊中です

日中韓環境情報メールマガジン “伝所鳩”

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2013/04/26
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

日中韓環境情報メールマガジン “伝所鳩”

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2013/04/26
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング