旧い漢字の使い方~旧字・異体字・俗字~

旧い漢字の使い方◇第511号◇【埒】と【埓】

カテゴリー: 2009年05月11日
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
===================================

              旧い漢字の使い方〜旧字・異体字・俗字〜
          第511号/2009年5月11日    【埒】と【埓】

===================================
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

■【埒】と【埓】■−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〈音〉ラチ、ラツ、レツ
〈訓〉訓なし

【埒】
◇表外字
※土+ノ+ノ+ヽ+ヽ+寸 〔形声。土+レツ(爪+寸)→
              馬場のかこいの低い垣かき。〕
《部首》つちへん(土)7画(総画数10画)
区点コード 5231/JISコード 543F

【埓】
◇【埒】の俗字
※土+ノ+ツ+寸 〔【埒】の俗字〕
《部首》つちへん(土)7画(総画数10画)
区点コード 5232/JISコード 5440

----------------------------------------------------------------------
《語句解説》
----------------------------------------------------------------------
◆埒(らち)
(1) 馬場の周囲の柵(さく)。低い土の垣。
(2) 物事のくぎり。限界。けじめ。
(3) ひとしい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
▼埒外(らちがい)▲
(1) 埒の外側。
(2) 物事の一定の範囲外。局外。

▼埒内(らちない)▲
(1) 埒の内側。
(2) ある限界のうち。許された一定の範囲内。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

▼為埒(しらち)▲
処置して埒をあけること。あとかたづけ。始末。

▼不埒(ふらち)▲
(1) 法にはずれていること。道にそむいていること。ふとどき。不法。
  言動が限度をわきまえず、けしらかぬこと。
  「不埒を働く」「不埒な言動」「不埒千万(ふらちせんばん)」
(2) 埒のあかないこと。物事の決着のつかないこと。要領を得ないこと。

▼放埒(ほうらつ)▲
(馬が囲いから放たれる意) 
(1) 気ままにふるまうこと。
(2) 酒色にふけり、素行がおさまらないこと。「放埒者」

▽放埒三昧(ほうらつざんまい)
社会的な制約を無視して、好き勝手に振る舞うさま。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
○埒が明かない(らちがあかない)
踏ん切りがつかない。いつまでももたもたしている。一向に進展しない。

○埒が明く(らちがあく)
物事に決着がつく。はかどる。おわる。済む。

○埒を明ける(らちをあける)
(1) 物事のきまりをつける。はかどらせる。
(2) 立派に申し開きをする。弁明する。

○埒も無い(らちもない)
順序が立たない。乱雑である。つまらない。とりとめもない。
もとは「らっしもない(臈次もない)」。
「臈次」は僧侶の出家後の修行年数。転じて物事の順序。

■ごあいさつ■ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 こんにちは。マガジンのご登録ありがとうございます。

                      ×  ×  ×  ×  

 ウィンドウズで「ほうらつ」を漢字変換すると「放埓」と俗字に変換されます。
 その他の「埒」を使う熟語では正字に変換されるのですが。

 グーグルでの検索結果。
 ◎放埒 の検索結果 約 18,200 件
 ○放埓 の検索結果 約 75,400 件

 ◎不埒 の検索結果 約 211,000 件
 ○不埓 の検索結果 約 37,200 件

 ◎埒 の検索結果 約 439,000 件
 ○埓 の検索結果 約 123,000 件

 他の用例では正字の「埒」が多いことから、明らかに「放埓」の誤変換が
 目立ちます。
 パソコンが変換する漢字が正しいとは限りませんね。

 「埒」の右上部分は「つめかんむり(爪)」です。
 つめかんむりは筆記体や常用漢字では「受」の上部分のように「ノ+ツ」の
 形になります。

■参考文献■ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『旺文社 漢字典(第二版)』ISBN978-4-01-077597-4
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html#oubunsha-2
『全訳 漢辞海 第二版』三省堂 ISBN4-385-14046-4
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html#kanjikai
『記者ハンドブック 新聞用字用語集 第9版』共同通信社 ISBN4-7641-0475-X
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html#kyoudou
『広辞苑 第五版 CD-ROM版』岩波書店 ISBN4-00-130072-9
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html#kojien5cd
『常用字解』〈白川静〉平凡社 ISBN4-582-12805-X
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html#joyojikai
『人名字解』〈白川静・津崎幸博〉平凡社 ISBN4-582-12808-4
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html#jinmeijikai
……などなど
字の成立、語釈などがお手持ちの辞書とは異なる場合はご容赦ください。
上記で文字を分解しているのは手書きする参考のためで、字解とは無関係です。

《夏貸文庫/漢字用語》常用漢字・旧字などの用語
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-a.html
《漢字部首名一覧@夏貸文庫》漢字の部首
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/kotoba03.html
《参考文献リンクページ》オンライン書店への個別リンクあり
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/pc-kanji-b.html
《メールマガジンで紹介した本》
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/magazine-b01.html
《無料翻訳サービス・オンライン辞書リンク集》
 http://dearbooks.cafe.coocan.jp/link-tr.html

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
▼まぐまぐメールマガジン
 『和服の基礎知識〜日本文化を愉しむために〜』週刊
  現代日本人が縁遠くなった和服・着物についての用語・常識・時代考証を
  やさしく解説します。
  登録・解除は http://www.mag2.com/m/0000116269.htm からできます。

 『家紋の描き方〜画像編集の基礎基本』週刊
 「ペイントの楽しい使い方〜画像編集の基礎基本」からタイトル変更
  幾何学模様など簡単な図形から、日本伝統のデザイン・和柄の粋「家紋」
  を効率よく作成するテクニックを教えます。Windows(ウインドウズ)
  付属の画像編集ソフト「ペイント」や、PhotoShop Elements(フォト
  ショップ・エレメンツ)の基本的な使い方を初心者向けに解説。
  登録・解除は http://www.mag2.com/m/0000270896.html からできます。

 『画材置場〜お絵描きの道具箱〜』週刊
  ぬりえの着色やイラスト描きで新しい画材に挑戦して自分の世界を広げて
  みませんか。色鉛筆・水彩絵具からスケッチブック・練り消しゴムなど
  初心者にも挑戦しやすい画材、絵を描く基本的な道具を紹介します。
  登録・解除は http://www.mag2.com/m/0000285990.html からできます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
発行者   :詞己
お問い合わせ:dearbooks+qkan★gmail.com
       (★→@に差し替えて、半角に変換)
ホームページ:http://dearbooks.cafe.coocan.jp/
ブログ(日記):http://right-left.tea-nifty.com/
===================================
『旧い漢字の使い方〜旧字・異体字・俗字〜』
 週2回刊行
このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
登録・解除は http://www.mag2.com/m/0000102660.html からできます。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む