ほぼ週刊 お奨め本

メルマガ お奨め本 第609号『ロジカルな田んぼ』


カテゴリー: 2015年01月25日
***********************************************
メルマガ お奨め本
2015年1月25日発行 第609号
***********************************************
『ロジカルな田んぼ』 松下明弘
¥850+税 日本経済出版社 2013/4/8発行
ISBN978-4-532-26196-2
***********************************************

仕事・稲作。趣味・稲作。特技・稲作――。

著者の松下明弘は自他ともに認める日本一の稲オタク。
静岡県藤枝市で有機JAS認定を受けて米作りをしている。
松下が新しい農業のかたちを語る。


タイトル通り、実にロジカルです。

>  雑草はなぜ生えるのか? なんのために耕すのか? 肥料を入れないとど
> うなるのか? 放っておいたら稲は育たないのか? なぜ田植えが必要なの
> か? 土を育てるってどういうことか? なぜ田んぼに水をはるのか? お
> いしい米とおいしくない米の違いは何か? どうして病害虫にやられるのか? 
> そもそも土ってなんなのか……。(5頁)

そうした疑問に、経験と知恵で答えを求め続けて、今も考え続けている。
29歳で初めて米作りを始めて、稲作に関するありとあらゆる本を読み、名人と呼
ばれる人たちに会いに行き、話を聞いた。
といっても、聞いた話がすべてそのまま役に立つわけじゃない。
今、松下は見学者にすべてオープンにしているそうです。肥料の配合から田んぼ
整備の仕方まで。
それが見学者にそのまま通用するわけじゃない。
土地が違えば気候も違う。日照時間、気温、降雨量、土の栄養も違うし水はけも
違う。
どんな名人の完璧な手法も、そっくり真似ては意味がない。
情報をカスタマイズして、自分の田んぼに合うように、考えること。


たとえば、昔は、深く耕せば耕すほど収穫が増えると信じられていました。人力
や、せいぜい牛を使って耕すしかなかった時代。
土の浅いところに生息する好気性菌と、深いところの嫌気性菌。
深く耕すといっても好気性菌の層が限界だった時代、有機肥料しかなかった時代
には、耕せば耕すほど、肥料が空気に触れて、分解が進む。
今は機械を使って簡単に深く耕せます。肥料も化学肥料だから即効性がある。深
く耕すメリットは化学肥料にはない上に、機械で深く耕しすぎて嫌気性菌の層ま
で掘り返されてしまって、メタンガスが発生する。

……古い感覚、古い言い伝えの上に、理由を考えることなく新しい道具を接ぎ木
してしまった例です。


考えて、実践して、考えて、試行錯誤を繰り返して。
いやもう、読んでてワクワクしてしまいますね。

自ら稲オタクを名乗る松下の、コメにかける愛情、ハンパないです。
何か一つことに夢中になって体を動かす人って、どうしてこんなに魅力的なんで
しょうね。
さらに松下は、自分だけが楽しく米作りができてればいいやとは思ってない。
日本の農業の将来まで見据えてる。
頼もしいですね~~~。


> 若い世代が胸をはって「これが俺の職業だ!」と稲作を語る。そんな時代にす
> るには、何が必要なのか。これからの私の大きなテーマです。(237頁)








☆★☆★☆★☆★☆ Amazon ☆ 購入はこちらから ☆★☆★☆★☆★☆
『ロジカルな田んぼ』 松下明弘
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532261961/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4532261961&linkCode=as2&tag=sivabookpage-22
***********************************************
メルマガ お奨め本(ID:0000099780) 
発行人:siva 
読書とかいろいろ日記:
http://blog.goo.ne.jp/ksivasiva/c/ae2c0c3c85c365822876c18e384024c9
ご意見お聞かせください♪
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0000099780.htmからできます。
----------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

ほぼ週刊 お奨め本

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2015/01/25
部数 1,039部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ほぼ週刊 お奨め本

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2015/01/25
部数 1,039部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング