週刊まちおこし

週刊まちおこし 第661号【徳島県 神山町 IT企業誘致 その4】

─────全国のまちおこしを応援する注目メルマガ!─────
  ┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏─┓┏────┓
  │週││刊││ま││ち││お││こ││し││2018│
  ┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗─┛┗────┛
              第660号
   発行:株式会社船井総合研究所 地方創生事業グループ
      http://www.machiokoshi.net/
   事務局:TEL 03-6212-2930 杤尾 圭亮
   E-mail:info@machiokoshi.net
───────────────────── 2,471部発行───
みなさん こんにちは!!
船井総合研究所が送る、
日本最大規模のまちおこしメールマガジン
「週刊 まちおこし」の編集長のトチオです。

今週も引き続き、寒い日が続きます。

私のご支援先の多くも雪で大変なことになっています。
反対にこういう時こそ、地域の団結力が試されます。

しっかり、地域の方々同士でこの季節を乗り越え
春を迎えていきましょう。

さて、今週も特集は、徳島県 神山町!

今回は、神山町にIT企業が立地する要因として
都道府県の施策 要素にクローズアップします。

それでは、本日のコンテンツをお楽しみください!!!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
         今週のコンテンツ

■ 今月のトピック 【徳島県 神山町 IT企業誘致 その4】

■ 地域活性化コンサルタントの1日(ブログより)
  http://blog.livedoor.jp/keisuketochio/
  「農商工連携支援業務 オモシロ商品!」

■ お知らせ
 【第2回 さわらサミット 2018 in 芦屋町】
  http://sawara-summit.jp/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
■ 今月のトピック 【徳島県 神山町 IT企業誘致 その4】

こんにちは!週刊まちおこし編集長の杤尾です。
先回までは、地方創生 × 金融 ということで
枚方市の 巡リズムについてお話をしてまいりましたが、
今回からは、テーマを変えて

地方 × IT企業

において大成功している地域 徳島県 神山町にフォーカスし、
お話をしています。

前回までは、訪問した際に訪れた企業群についてお話をしました。

今回からは、いよいよ企業誘致のポイントについて話しましょう。

そもそも、多くの企業立地を進める地域があるなかで、
なぜ徳島県の神山町に多くのIT企業が立地するのでしょうか。

それは、おそらく企業が立地を考える場合に
重要視する3層の支援策がバランスよくかみ合っているからでしょう。
3層とは

第1層 都道府県 層
第2層 市町村 層
第3層 在住の人、企業 層

です。

今回は、まず都道府県にクローズアップしてみましょう。


第一層 都道府県レベルの施策の充実。
これが企業誘致の第一のポイントです。

神山町が立地する徳島県は、かなり早い段階からIT企業の誘致を
推進しています。

現在も県全体でテーマとして「VS 東京」を掲げており、
東京の便利さへのアンチテーゼとして徳島ならではの良さを訴求しよう
としています。

中でもIT企業の誘致については積極であり、
現在も大都市でセミナー等を積極的に開催していあす。

この効果の一環として、今回取り上げた神山町の大成功が
クローズアップされがちですが、
実は他の中小規模の市町村も熱心にIT企業の誘致を行っており、
成功事例も多いのです。

徳島県がIT企業の誘致に熱心なのは、IT企業の特性である、、

1.	場所を選ばす仕事ができる
2.	新たに立地する場合の投資が少ない
3.	クリエーターなどの自由な人材が多い

等に注目しているからでしょう。
また日本を代表するソフト企業の発祥が徳島県である、
という点も関係しているでしょう。

しかし、早期にIT企業にターゲットを絞ることができた
最大のポイントは、

その高速ブロードバンドのインフラ整備施策

にあります。
実は徳島県では、TV受診を充実させる関係で
他県にさきがけて一気にブロードバンドが整備しています。

おそらく県面積が比較的小さいことも影響したと思われますが、
この要素が県全体として、

IT企業に必須のストレスのない通信環境

を打ち出すことを可能にしたと言えるでしょう。

ただ、県の施策だけで十分かといわれれば、
もちろん答えはNo.です。

では、次に市町村としての施策が踏み込んでいきましょう。

それでは、来週もお楽しみに!!

-------------------------------------------------------------
(文責:杤尾 圭亮 プロフィールはこちら↓↓↓↓↓
http://www.machiokoshi.net/members/index.html
ブログ : http://blog.livedoor.jp/keisuketochio/
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
■ 地域活性化コンサルタントの1日(ブログより)
  http://blog.livedoor.jp/keisuketochio/
  「農商工連携支援業務 オモシロ商品!」

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

今日は、一関市にて農商工連携のご支援です。

農商工連携とは、
地域の農業・商業・工業が連携し、
地域ならではの商品を作ることで
 ・地域内での事業者の商品力アップ
 ・商品による地域の魅力そのもののアップ
を狙う事業です。

パターンはだいたい二つに分かれており・・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/keisuketochio

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
■ お知らせ
 【第2回 さわらサミット 2018 in 芦屋町】
  http://sawara-summit.jp/

みなさん、こんにちは!!
さわらサミット 実行委員会事務局です!

現在、芦屋町では、芦屋町No.1プロジェクトの一環で
まちが誇る 水産資源 さわら を使ったまちおこしに
チャレンジしています!

その代表的イベントが、このさわらサミット!!!

まさにいまが旬のさわらを使ったご当地グルメが覇を競う
グルメバトルになっています。
さらに、さらに、さわらの直売や、様々なショーも多彩に展開!

近い方も そうでない方も!

ぜひ、その味を堪能しにいらっしゃってください!

■月日 : 2月24日、25日 土曜日 日曜日
■時間 : 10時~15時
■場所 : 芦屋町 ボートレース場

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mikan-summit.jp/
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

週刊まちおこし

発行周期: 週刊 最新号:  2018/04/03 部数:  1,059部

ついでに読みたい

週刊まちおこし

発行周期:  週刊 最新号:  2018/04/03 部数:  1,059部

他のメルマガを読む