自分を変える。セルフマイナーチェンジ考

【セルフマイナーチェンジ考】2002.9.7=第2号=

カテゴリー: 2002年09月07日
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

    自分を変える。セルフマイナーチェンジ考
    〜小さな一歩で自分自身を進化させよう〜
       2002.9.7   =第2号=

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

こんにちは、DATCHIです。

引き続きご購読いただきまして誠にありがとうございます。
ご満足いただけるメールをお届けできるように頑張りますので
末永くよろしくお願いいたします。


今回は、自分の嫌いな所を好きになる方法を考えてみましょう。
前回、自分の好きな所、嫌いな所を考えていただきましたが、
再度、自分の嫌いな所を思い浮かべていただきたいと思います。

つぎにご質問です。その嫌いな部分は、


・自分の力で変えることが出来る事ですか?
・自分の力で変えることが出来ない事ですか?


この2点を明確にすることがとても大切です。
この区分けが出来ない為、”自分は運が悪い”とか
”何をやっても駄目なのだ”といった感情に悩まされます。

変えることの出来ない事の例としては
天候、過去、年齢等、事実として存在する事です。
変えることの出来ない事実を考えた時、
どうしても、自分の力で変えられないと思ったらどうしますか。

まず、変えようがない事実を素直に認めてください。
そしてその事実を受け入れてください。
その事実を受け入れた瞬間に新しい思考が可能になると思うのです。
時間がかかる作業かも知れませんが、頑張って下さい。

変えることの出来ない事に対して、あなたの大切な時間やパワーを
使い続けることを止めて欲しいのです。

事実を受け入れる手助けになるアドバイスとしては
その事実から、なにか学ぶべき事はあるか
その経験から、自分にプラスになっている要素はないか
必死に考えてみることです。
経験は、決して無駄な事ではありません。
底辺を見てこそ、上を見ることが出来ます。
怖さを知っているからこそ、勇気が生まれると思うのです。
無駄な時間は、本来なく、その時間をどのように感じるかが
とても大切だと思うのです。

自分自身でどうする事も出来ないことを消化する工夫として
良く言われているアドバイスではありますが3点挙げてみます。

・少しでもマイナス要素から、プラス要素を発見する努力をする
・自分だからこそ与えられた苦難だと理解し、自らを
成長させる要素だと考える
・自分の人生をドラマチックに考え、最後に成功を
勝ち取る演出だと考える。

”プラス要素を発見”する事はとても楽しいことだと思います。
必ず何かプラス要素があると思う事が大切です。


変える事が出来ない事実は、時の流れの中で
変化してゆくかも知れません。それは、問題ないことです。
変える事が出来ないと考えていた事が、ある日突然、
『自分の力で変える事が出来ることだ』と気がつく事もあるはずです。
その瞬間は、あなた自身が成長した瞬間なのではないでしょうか。


一方、自分の力で変えることが出来る嫌いな部分。
この嫌いな部分への接し方がまさに自分を変える第一歩だと思うのです。
自分の力で変えることが出来るのであれば
少しずつでも変えることに取り組む事ができるという事です。

前回、”駄目な自分を、認めるという行為は実はとても難しい”と
お伝えしましたが、この行動はとても厳しさが必要です。
そして時間のかかる行動だと思います。


諦めない気持ち、自分に対して正直な気持ちが大切だと思います。

何かを変えるためには、大きな変化ではなく、まずは小さな一歩から

★今週の言葉
『強い決意は、過去さえも変えてしまうほどの力がある。
       これからどう行動するかが大切じゃないか。』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メールマガジンの退会・解除はこちらからできます。
 http://www.mag2.com/m/0000096234.htm

●ご意見・ご要望等ございましたらお気軽にお寄せください。
 mailto:realbeing@pop12.odn.ne.jp

●発行は、まぐまぐ(http://www.mag2.com/)を利用しております。

●よろしければ、お知り合いの方にも、おすすめして下さい。
 http://www.mag2.com/m/0000096234.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━………‥‥‥‥・・・・ ・
発行:REAL BEING
発行者:DATCHI(ダッチ)
メールアドレス:realbeing@pop12.odn.ne.jp
HP:http://www1.odn.ne.jp/realbeing/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む