元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:平和のうちに蒔かれる種

カテゴリー: 2019年02月07日
【平和の内に蒔かれる種】 

神様が私たちの心に中に入ってきてくださるとき、何も無理強いはなさらない。聖書の言葉が自然と心の中に入ってくる。神様の御手は何と温かいことだろう。 

分裂していた自我が一つにされ、心の中に平和が訪れる。 

そのように心の中に蒔かれた神の言葉は、やがて義の実として結実していく。イエス様の姿が、私たちの人格の中に映し出されていくのだ。 

今はまだ小さな芽かもしれない。しかし、神様は、これに光を注ぎ、雨を降らせ、育ててくださる。雑草を抜き、害虫を駆除してくださるのも、種を植え付けてくださった父なる神様だ。 

花が咲き、実がなるのを楽しみにし、待ってくださっている方がいる。私たちも、神様と共に待とう。 

私の心の中、あの人の心の中に蒔かれた神の言葉の種がある。神様の言葉は必ず成る。 

「義の実を結ばせる種は、平和をつくる人によって平和のうちに蒔かれます。」ヤコブの手紙3:18 

岩本遠億
__________________

☆★今週の礼拝メッセージ☆★

スマホ向け
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa/episodes/ep-e33l3g
PC向け
http://kirisutonoheiwa.jp/message/%E7%A5%9E%E3%81%AF%E4%BA%BA%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E6%8A%9C%E3%81%8F

【神は人を信じ抜く】

聖書が私たちに語りかけ、知ってもらいたいと願っていることは、神様は人を信じ抜いておられるということです。

確かに、人は神様に従わなかったし、神様を裏切り、神様の顔に泥を塗るようなことばかりしてきました。

サタンは、神様にチャレンジします。「ほら、あなたの姿に造られた人は、あなたの信頼に値するものなのですか」と。(ヨブ記1~2章参照)

人としてやって来られたイエス様の戦いは、このサタンの挑戦に真っ向から立ち向かうことでありました。そして勝利なさったのです。

イエス様には二つの戦いがありました。一つは、ご自分が神様に信頼されるものとしての生涯を全うすることであり、もう一つは、ご自分の弟子を信じ抜くということでした。

今日は、このうちの2つ目のポイント、弟子たちを信じ抜かれたイエス様について語ります。第1のポイントは来週です。

一般に教会では、私たちがキリストをどのように信じるかということが重要だと理解されていますが、さらに重要なのは、神様が信頼するに値しない私たちを深く信頼してくださっていること、信じ抜いてくださっていることを知ることです。ここに、神様との深い交わりがあります。

今週のキリストの平和教会のメッセージです。

スマホ向け
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa/episodes/ep-e33l3g
PC向け
http://kirisutonoheiwa.jp/message/%E7%A5%9E%E3%81%AF%E4%BA%BA%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E6%8A%9C%E3%81%8F

岩本遠億
__________________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分~12時(ただし年末年始はおやすみ)

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。
PC(テキストあり)
https://kirisutonoheiwa.jp/messages
スマホ(テキストなし)
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2019/03/20 部数:  1,004部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2019/03/20 部数:  1,004部

他のメルマガを読む