元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:良心の呵責を覚えるとき

カテゴリー: 2019年01月17日
【良心の呵責を覚えるとき】

 人が大きな過ちを犯した自分に苦しんだり、人を真実に愛することができない自分に落胆するのは、私たちが良心を持っているからです。良心によって、私たちは善悪を判断し、自分を裁くことにもなります。

 しかし、私たちの善悪の判断は、自分が基準となってしまっているため、神様の御思いからずれてしまうことがある、ということも憶えておいた方が良いかもしれません。

 罪の疼きや自責の念にさいなまれるのは、自分の良心が自分を赦さないからです。私たちは、赦してほしい自分と自分を赦さない自分との間で分裂してしまっているのです。

 一つの心で生きていきたい私たち。私たちの本当の願いは、この一つの心を神様に委ね、この一つの心を神様に捧げながら生きていくことです。イエス様は、そのことを誰よりも深く知ってくださっています。そして、十字架の血を私たちに注ぎかけ、癒してくださる。この心を清めてくださる。

 私たちを責め立て続ける良心、イエス様の十字架の血はそれさえ清めてくださる。

「また私たちには、神の家を治める、この偉大な祭司(キリスト)がおられるのですから、心に血を振りかけられて、邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われ、全き信仰をもって真心から神に近づこうではありませんか。約束してくださった方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白し続けようではありませんか。」ヘブル人への手紙10:21-23

岩本遠億
__________________

☆★今週の礼拝メッセージ☆★

スマホ向け
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa/episodes/ep-e2ufeb

PC向け
http://kirisutonoheiwa.jp/message/%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB

【真実の指導者と共に】

教会指導者の言葉に聞き従い、それに服従するとは、教会の運営方針や牧師の個人的な考えに服従することではありません。

指導者が見続け、指し示すイエス・キリストを一緒に見ることです。イエス・キリストを告白し続けた彼らの生涯が生み出したものを見て、その生涯に倣うことです。

ジョセフ・ダミエン神父の生涯と彼の生涯が生み出した神の子供達、この世に現れた神の国についてお話しします。

本日のキリストの平和教会のメッセージです。

スマホ向け
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa/episodes/ep-e2ufeb
iPhone, iPadを使っている方は、Anchorなどをインストールすることなく、以下の方法で簡単にPodcastに登録することができます。ご参照ください。
http://kirisutonoheiwa.jp/iphone%E7%99%BB%E9%8C%B2%E6%96%B9%E6%B3%95

PC向け 今日からテキストだけではなく写真等も入れられるようになりました。ダミエン神父関連の写真もご覧いただけます。
http://kirisutonoheiwa.jp/message/%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB

岩本遠億
__________________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分~12時(ただし年末年始はおやすみ)

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。
PC(テキストあり)
https://kirisutonoheiwa.jp/messages
スマホ(テキストなし)
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2019/02/20 部数:  1,014部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2019/02/20 部数:  1,014部

他のメルマガを読む