元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:天の父

カテゴリー: 2018年12月01日
【天の父】

私は、大学生の時、東京で下宿をし、毎月父から送られてくる仕送りで生活していました。父がキリスト教の伝道をしていたため私は小さい時からクリスチャンとして育ちましたが、私は大学3年の時、信仰を否定して自分の好き勝手な生き方をしようとしました。

父の生き方とその価値観を否定したわけですが、父はそんな私の状況を知りながら、毎月の仕送りを続けてくれました。新学期になると、本を買うようにと、いつもより多めに送ってくれていました。

元気な時も、病気に倒れた時も、信仰に燃えている時も、信仰を捨てた時も、変わらずに仕送りを続けてくれたのです。親として当たり前のことかもしれません。しかし、親だから当たり前なのです。

神様は、私たちが良い時にも悪い時にも、太陽を昇らせ、雨を降らせて下さる。私たちが悪くても、その恵みを決して減らしたりなさらない。神様が、私たちの天の父だからです。

この方が永遠に私たちのことを心に留めて下さる。決して見捨てられることはないのです。

「天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせて下さるからです。」マタイ5:45

岩本遠億
__________________

☆★今週の礼拝メッセージ☆★

PC向け(テキストあり)
https://kirisutonoheiwa.jp/message/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%81%AB%E3%81%AB%E7%87%83%E3%82%84%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6
スマホ・PC 向け(テキストなし)
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa/episodes/ep-e2ks7d

【キリストの火に燃やされて】

神の火は、私たちの存在を燃やし、罪を焼き尽くして純粋な神の子の本質を取り出す力です。

預言者マラキは、「この方(神)は、銀を精練し、これをきよめる者として座に着き、レビの子らをきよめ、彼らを金のように、銀のように純粋にする」と預言しました。

これは、当時から知られていた灰吹法という銀の精錬法を念頭に語られたものですが、神が私たちを火の中に置き、聖霊の風を吹きかけつづけることによって清めてくださるということを語っています。

聖霊が私たちの存在を燃え立たせてくださる。この火によって、私たちは暗闇の世を勇気をもって歩いていくことができるのです。そして告白することができる。「イエスは、甦られた」と。

本日のキリストの平和教会のメッセージです。

岩本遠億

PC向け(テキストあり)
https://kirisutonoheiwa.jp/message/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%81%AB%E3%81%AB%E7%87%83%E3%82%84%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6
スマホ・PC 向け(テキストなし)
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa/episodes/ep-e2ks7d
__________________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分~12時

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。
PC(テキストあり)
https://kirisutonoheiwa.jp/messages
スマホ(テキストなし)
https://anchor.fm/kirisutonoheiwa

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2018/12/15 部数:  1,018部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2018/12/15 部数:  1,018部

他のメルマガを読む