元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:わたしの神様

カテゴリー: 2018年09月13日
【わたしの神様】

3時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。マタイの福音書27:46 

+++ 

イエス・キリストが十字架にかけられ、断末魔の苦しみの中で叫ばれたのが、この言葉です。詩篇22篇の冒頭部分ですが、イエス様は、この詩篇をご自分の最後の信仰告白として叫ばれたのです。 

神に見捨てられる罪人の苦しみを身に受け、キリストも絶望したのだと言われることがありますが、私は、むしろ「エリ!エリ!」という呼びかけの言葉の中にイエス様の神様に対する揺るぎない、深い信頼を感じます。 

「エリ」というのは、「私の神様」という意味です。他の誰かの神ではなく「私の神様」。決して切れることのない、個人的な関係があるからこそ叫ぶことができる言葉です。イエス様の神様への信頼は、あの十字架の上でも壊れることはなかったのです。 

私たちも、単に「神様」と言って祈るのではなく、「私の神様!」と呼びかけながら祈りましょう。あなたの神、キリストとのより深い人格的な関係が揺るがないものとなっていくでしょう。 

その時、私たちは、十字架の上で「エリ!エリ!私の神様!私の神様!」と叫ばれたイエス様のお心に触れることができるのです。 

岩本遠億 
__________________

☆★今週の礼拝メッセージ☆★

【あなたは完全な者】

あるところに罪を犯し、莫大な借金を負ってしまった息子がいました。父親が、その罪を責を負い、借金を肩代わりし、息子を家に呼び返しました。

その息子が父親に、毎日顔をあわせる度に、「私は、悪い息子です。私は、悪い息子です」と言い続けたら、父親は嬉しいでしょうか。

しかし、息子が「お父さん。僕は、お父さんの子供で良かった」と言ってくれたら、父親はどんなに嬉しいだろうかと思います。

神様は、私たち一人一人とこのような関係と会話を望んでいらっしゃるのです。

今週のキリストの平和教会のメッセージです。よろしければお聞きください。

https://kirisutonoheiwa.jp/message/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AF%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AA%E8%80%85

岩本遠億
__________________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分~12時

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。

https://kirisutonoheiwa.jp/messages

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2019/02/20 部数:  1,013部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2019/02/20 部数:  1,013部

他のメルマガを読む