元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:私たちを待つ神

カテゴリー: 2018年09月11日
【私たちを待つ神】

イエスは、弟子たちに言われた。「あなたがたはみな、つまずきます。『わたしが羊飼いを打つ。すると、羊は散り散りになる。』と書いてありますから。しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたより先に、ガリラヤへ行きます。」マルコの福音書14:27-28 

 +++ 

 人間が行う動作には、自分の意志で行うものと、自分の意志では行うことができないものがあります。「食べる」などは自分の意志で行いますが、「生まれる」などは自分の意志で行うことができません。 

 同様に、「つまずく」は絶対に自分の意志では制御できない動作で、どんなに気をつけていても、つまずく時はつまずきます。 

 イエス様は、ここで「あなた方は、つまずく」とおっしゃいました。あなたがたは、自分の意志でわたしを捨てるのではない、と。 

 ついて行きたい、信じたいと思っていても、分からなくなる時がある。イエス様と関係のない生活に戻ってしまうことがあるのです。 

 そんな弟子たちにイエス様は、前もって言われました。「わたしは、甦ってからあなた方より先にガリラヤに行く」と。 

 ガリラヤとは、彼らがイエス様に出会った場所、イエス様を知らずに生きていたところです。 

 「あなたがたは、わたしのことが分からなくなって、わたしと出会う前の生活に戻るだろう。しかし、わたしは、そこであなたがたを待っている。わたしはもう一度あなたがたに出会う。」 

つまずき倒れ、神のいない生活に戻ろうとする私たち。しかし、甦ったイエス様は、私たちより先にそこに行き、私たちを待って下さっている。赦しを伝えるためです。愛で満たすためです。

岩本遠億
__________________

☆★今週の礼拝メッセージ☆★

【あなたは完全な者】

あるところに罪を犯し、莫大な借金を負ってしまった息子がいました。父親が、その罪を責を負い、借金を肩代わりし、息子を家に呼び返しました。

その息子が父親に、毎日顔をあわせる度に、「私は、悪い息子です。私は、悪い息子です」と言い続けたら、父親は嬉しいでしょうか。

しかし、息子が「お父さん。僕は、お父さんの子供で良かった」と言ってくれたら、父親はどんなに嬉しいだろうかと思います。

神様は、私たち一人一人とこのような関係と会話を望んでいらっしゃるのです。

今週のキリストの平和教会のメッセージです。よろしければお聞きください。

https://kirisutonoheiwa.jp/message/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AF%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AA%E8%80%85

岩本遠億
__________________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分~12時

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。

https://kirisutonoheiwa.jp/messages

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2019/02/19 部数:  1,014部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2019/02/19 部数:  1,014部

他のメルマガを読む