元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:愛に証拠はいらない

カテゴリー: 2018年08月29日
【愛に証拠はいらない】 

 パリサイ人たちがやって来て、イエスに議論をしかけ、天からのしるしを求めた。イエスをためそうとしたのである。イエスは、心の中で深く嘆息して、こう言われた。「なぜ、今の時代はしるしを求めるのか。まことに、あなたがたに告げます。今の時代には、しるしは絶対に与えられません。」マルコの福音書8:11-12 

+++ 

人は何かを信じるために、それが真実であることの証拠を求めようとします。 

 「愛しているなら、その証拠を見せろ。」「神が愛なのなら、その証拠を出せ」と。 

 そして何を証拠として認めるかは、自分に決定権があると思っている。 

 イエス様が圧倒的な天の力で癒しの業を行い、悪霊を制しているのを見ても、パリサイ人たちは、それをイエス様がイスラエルの救い主であることの証拠とは認めませんでした。 

 イエス様は深く嘆かれます。「君たちは何を見ても信じない。君たちの思いを満足させるような証拠は与えられない」と。それが「今の時代にはしるしは与えられない」という言葉の意味です。 

自分の基準を第一とし、神様さえ裁こうとするのが私たち人間ではないでしょうか。そして、裁いた結果、私たちは何を得たというのでしょうか。 

そんな高慢な私たちを赦すために、イエス様は十字架に死なれたのです。そして甦られました。 

 自分という基準を少し横に置いて、聖書の言葉に耳を傾けましょう。 

私たちのために死に、甦られたイエス様の声が聞こえて来る。愛の証拠ではなく、愛の実体が私たちを満たし、生かすのです。 

岩本遠億 
__________________

☆★今週の礼拝メッセージ☆★

【キリストの遺産を受け継ごう】

イエス・キリストが私たちに与えてくださった新しい神の恵みを新約、新しい契約と言いますが、ギリシャ語で契約は遺言という意味でもあります。

ヘブル人への手紙の著者は、ご自身の絶大な霊的な富と地位を私たち一人一人に与えるというのがキリストの遺言だったと言います。そしてその遺言を有効にするために十字架に死なれたのだと。

今回、イギリスに行って見聞きしたことをもとに、このことが表す意味を考えます。その遺言の内容とは?

今週のキリストの平和教会のメッセージです。よろしければお聞きください。

https://kirisutonoheiwa.jp/message/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%BA%E7%94%A3%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E7%B6%99%E3%81%94%E3%81%86

岩本遠億
__________________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分~12時

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。

https://kirisutonoheiwa.jp/messages

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2019/02/16 部数:  1,017部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2019/02/16 部数:  1,017部

他のメルマガを読む