元気の出る聖書の言葉

元気の出る聖書の言葉:「神」という言葉

カテゴリー: 2018年06月28日
【「神」という言葉】

神の子イエス・キリストの福音のはじめ。マルコの福音書1:1

+++

日本では、「神」という言葉は随分軽く使われているようです。

数年前から「神対応」という言葉を聞くようになりました。私は、それを最初に聞いた時、「神様に対する対応」という意味かと思いました。しかし、その言葉を発した大学生の説明を聞くと、「神のような対応をしてくれた」、つまり、自分が困っていた時とても親切にしてくれたという意味だということでした。

日本人にとっては、「神」という言葉は、一般的な基準よりもかなり上回っている何かという意味を表すようです。私は、キリスト伝道者の家庭で育ったので、聖書が指し示す「神」と日本人の「神」の理解に大きな違いがあることに、衝撃を受けました。

聖書は、天地を創造し、これを治めている只一人の神がいると言います。そして、この方が、万物を完成する方であるのだと。他の全てのものから本質的に隔絶された絶対的存在、それが聖書の神です。

ですから、聖書が「神の子イエス」という時、それは、「凄い人」とか「聖人」という意味ではありません。只一人、全てから隔絶された絶対的な存在が、この世に来た。それがイエスだと言っているのです。

そのような方がこの世に来たということについて、しばらく心を静めて黙想しましょう。この方が、私を、そしてあなたを罪から救うために来たのだということを。

岩本遠億
__________

☆★今週のメッセージ☆★

【私たちの真の願いを知る方と一つに】

私たちがイエス・キリストを信じる、あるいは、イエス・キリストに従って生きるのは、イエス・キリストに似たものとなりたいという心の奥底の願いがあるからです。

自分の罪深さと汚れを知る者には、口に出すこともできないような願いです。しかし、キリストはその思いを知り、お命じくださいました。「わたしに留まれ。わたしもあなた方の中に留まる」と。

私たちの真の願いを知るお方が、私たちと一つになってくださる。私たちの中に生まれた神の子の実存を育ててくださるお方がいる。

今週のキリストの平和教会のメッセージです。よろしければお聞きください。

https://kirisutonoheiwa.jp/message/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%9C%9F%E3%81%AE%E9%A1%98%E3%81%84%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B%E6%96%B9%E3%81%A8%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%81%AB

岩本遠億
__________

☆★キリストの平和教会☆★

https://kirisutonoheiwa.jp/

キリストの平和教会の礼拝は、以下のように礼拝を行なっています。

場所:早稲田奉仕園セミナーハウス100号室
https://www.hoshien.or.jp/map/
時間:毎週日曜日10時30分?12時

過去のメッセージは以下のサイトでお聞きいただくことができます。

https://kirisutonoheiwa.jp/messages

どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。
__________

元気の出る聖書の言葉

発行周期: 週3~4回 最新号:  2019/02/22 部数:  1,013部

ついでに読みたい

元気の出る聖書の言葉

発行周期:  週3~4回 最新号:  2019/02/22 部数:  1,013部

他のメルマガを読む