河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン

河合塾KALS医学部学士編入対策マガジン

カテゴリー: 2011年05月19日
河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン
   第232号(No232)[2011年5月19日]
   隔週木曜日発行
  
----------------------------------------------------------------------
  http:/www.kals.jp/kals/
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  
 ◆ CONTENTS
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  
01: お知らせ
02: 大学入試情報
03: 講師より
04: 今週の気になる記事
 
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx  
 
 
━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01│ お知らせ
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─---
河合塾KALS最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
==========================================================
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様、そのご家族の方々に
対しまして心からのお見舞いを申し上げます。
皆様のご無事と、一日も早い復旧・復興をお祈りしております。
==========================================================
 
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【イベントのお知らせ】
 
6/12(日)東海大学【医学部】一般編入対策セミナー KALS横浜校 14:30~17:30
 
14:30~東海大学一般編入 試験傾向と対策
15:30~合格者講演&講座説明会
16:15~個別相談会
 
【開講のお知らせ】
 
東海大学対策 申込受付開始しました。
6/25(土)開講 KALS横浜校
 http://www.kals.jp/news/img/img_tokai2011_01.jpg
 
*2012年度実施試験対応(新宿校/横浜校/名駅校/新大阪校)
 基礎シリーズ 通学講座/通信講座 申込受付中
 
体験受講(ライブ/DVD受講)受付中(要申込)
 
*2011年度実施試験対応
 実戦シリーズ(春)  途中入校可能
 
資料請求はこちら
 https://kjp.oo.kawai-juku.ac.jp/kag/pamph/21/
 
体験受講(ライブ/DVD受講)受付中(要申込)
 
■「医学を学ぶための生命科学テストバンク」 申込受付中 
 
サンプル版 公開中
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/testbank.html
 
■講座開講
 
直前対策
 
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/news/chokuzentaisaku2011.html
 
 
ve.3【山口大学・弘前大学・新潟大学 生物対策】
 http://www.wize.jp/kals/kouza/igakubu/news/img/tit_chokuzen2011_ver3.jpg
DVD講座 申込受付中
 
ver.4【生命科学過去問対策】 自宅学習DVD講座
 http://www.wize.jp/kals/kouza/igakubu/news/chokuzen2011_ver4.html
 
ver.5【英語過去問対策】 自宅学習DVD講座
 
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/news/chokuzen2011_ver5.html
 
ver6【滋賀医科大学 英語対策】新宿校/横浜校/名駅校 
 
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/news/chokuzen2011_ver6.html
DVD講座 申込受付中
 
ver7【英語長文時事問題対策】新宿校/横浜校/名駅校
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/news/img/tit_chokuzen2011_ver7.jpg
DVD講座 申込受付中
 
 
【組織学 入門講座】
自宅学習DVD講座 申込受付中
詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/index.html
 
個別相談受付中!!各校舎にお問い合わせください。
 http://www.kals.jp/map/kousya.html
 
★2010年度 合格実績(合格者の声)はこちらです。
 http://www.kals.jp/kouza/igakubu/voice.html
 
◇ガイダンスのお知らせ
 
6/12(日)東海大学一般編入対策セミナー 横浜校
6/18(土)11:00 試験情報ガイダンス+講座説明会(通信+通学) 新宿校 
 
 
 
■KALS合格者 994名 過去9カ年
 
☆2010年度実施試験(2011年4月19日現在)143名
 
旭川医科大学/北海道大学/弘前大学/秋田大学/群馬大学/筑波大学/千葉大学
新潟大学/富山大学/金沢大学(2年次)/金沢大学(3年次)/福井大学
浜松医科大学/名古屋大学/滋賀医科大学/大阪大学/神戸大学/鳥取大学
島根大学/岡山大学/山口大学/香川大学/高知大学/愛媛大学/長崎大学
大分大学/鹿児島大学/琉球大学
東海大学
  
☆2009年度実施試験(2010年4月6日現在)135名

旭川医科大学、北海道大学、秋田大学、弘前大学、群馬大学、筑波大学、東京医科歯科大学、千葉大学
富山大学、金沢大学、福井大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、
神戸大学、大阪大学、島根大学、岡山大学(3年次)、岡山大学(2年次)、山口大学、香川大学、高知大学、愛媛大学(3年次)、長崎大学、大分大学、鹿児島大学、琉球大学、東海大学、金沢医科大学、岩手医科大学、歯学部(大阪大学、徳島大学、新潟)
 
☆2008年度実施試験(2009年3月24日現在)130名
 
旭川医科大学/北海道大学/弘前大学/群馬大学(2年次)/
群馬大学(3年次)/筑波大学/新潟大学/富山大学/金沢大学/福井大学/
浜松医科大学/名古屋大学/滋賀医科大学/大阪大学/神戸大学/
鳥取大学(3年次)/鳥取大学(2年次)/島根大学/岡山大学/山口大学/香川大学/ 
高知大学(3年次)/高知大学(2年次)/愛媛大学/長崎大学/大分大学/鹿児島大学/琉球大学(3年次)/琉球大学(2年次)
東海大学/金沢医科大学/歯学部
 
☆2007年度実施試験(2008年4月20現在)149名
 
旭川医科大学/北海道大学/弘前大学/秋田大学/群馬大学/筑波大学/東京医科歯科大学/
千葉大/新潟大学/富山大学/金沢大学/福井大学/浜松医科大学/名古屋大学/
滋賀医科大学/大阪大学/神戸大学/鳥取大学/島根大学/岡山大学/山口大学/香川大学/
高知大学/愛媛大学/長崎大学/大分大学/鹿児島大学/琉球大学/東海大学/
金沢医科大学/獨協医科大学/日本医科大学/歯学部
 
☆2006年度実施試験(2007年1月29日現在)128名 
 
旭川医科大学/北海道大学/弘前大学/群馬大学/筑波大学/東京医科歯科大学/
富山大学/新潟大学/金沢大学/福井大学/浜松医科大学/滋賀医科大学/大阪大学/ 
島根大学/鳥取大学/岡山大学/山口大学/香川大学/高知大学/愛媛大学/
長崎大学/大分大学/鹿児島大学/琉球大学/東海大学広島大学(歯学部)
 
☆2005年度実施試験(2006年3月28日現在)127名
 
旭川医科大学/北海道大学/弘前大学/秋田大学/群馬大学/筑波大学/
東京医科歯科大学/千葉大学/新潟大学/富山医科薬科大学/金沢大学/
福井大学/信州大学/浜松医科大学/名古屋大学/滋賀医科大学/大阪大学/
神戸大学/鳥取大学/島根大学/岡山大学/山口大学/香川大学/
高知大学/長崎大学/愛媛大学/大分大学/鹿児島大学/琉球大学/
獨協医科大学/東海大学
 
 
 ☆2004年実施試験(2005年3月31日現在) 98名
 
旭川医科大学/北海道大学/弘前大学/秋田大学/筑波大学/東京医科歯科大学/
千葉大学/富山医科薬科大学/金沢大学/福井大学/浜松医科大学/
滋賀医科大学/名古屋大学/神戸大学/鳥取大学/島根大学/岡山大学/
山口大学/香川大学/高知大学/愛媛大学/大分大学/鹿児島大学/
琉球大学/長崎大学/東海大学/獨協医科大学/北里大学/金沢医科大学/
岡山大学(歯)/東京医科歯科大学(歯)/九州大学(歯)/広島大学(歯)/
岐阜大学(獣)/麻布大学(歯)
 
 
 ☆2003年度実施試験合格状況~計56名合格
 
旭川医科大、北海道大、弘前大、群馬大、筑波大、千葉大、
東京医科歯科大、金沢大、福井医科大、浜松医科大、滋賀医科大、
大阪大、島根医科大、岡山大、山口大、高知医科大、愛媛大、
長崎大、大分医科大、鹿児島大、
東海大、新潟大、富山医科薬科大、北里大、鳥取大、琉球大
(累計118名、2003年12月14日現在)
 
 ☆2002度実施試験合格状況~43名合格    
 
滋賀医科1名(定員5名)、浜松医科3名(定員5名)、
東京医科歯科2名(定員5名)、旭川医科2名(定員5名)、
大分医科4名(定員10名)、鹿児島大学3名(定員10名)、
群馬大学5名(定員15名)、山口大3名、高知医科大1名、
千葉大1名、琉球大2名、弘前大3名、新潟大2名、
北海道大1名、東海大2名、島根医科大4名、北里大1名、鳥取大3名 
 
━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 │ 大学入試最新情報
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─---
                      医学部学士編入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
募集要項が発表されました。
 
 
◇福井大学 
 http://www.u-fukui.ac.jp/~nyushi/admission_sect/request.html
 
◇香川大学 
 http://www.kagawa-u.ac.jp/admission/transfer1/
 
◇滋賀医科大学 
 http://www.shiga-med.ac.jp/entrance/gakubu/boshuu/23gakushi.pdf
 
◇弘前大学
 http://hippo.med.hirosaki-u.ac.jp/topics/230217b.pdf
 
◇香川大学 
 http://www.kagawa-u.ac.jp/admission/transfer1/
 
━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03 │ 講師より
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─--- 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
歯科医院にて
 
 
 
 おはよう、新人類諸君!!
 
 
 
 歯科治療に通っている。受講生の方は気がつかれたかもしれないが、
筆者の前歯は1本欠けている。結構見苦しい。見苦しいが、若いころは
そこにタバコを挟んだりして、手を使わずにタバコが吸えたりもするので、
結構重宝していたのである。しかしこのご時勢、そういう不行儀というか
下品(本当に下品ですね)なことをしているわけにもいかないし、大体
医療従事者がタバコを吸うのはご法度という時代であるし(当たり前だ。
他人様に禁煙を勧めているのだから)、医者も予備校講師も客商売でもあるし、
治すべきなのである。
 
 しかし、治らないのである。
 
 正確にいうと、歯が欠けているのではなく、主たる歯の部分(外から見える
部分ですね)はとうの昔になくなっているが、根だけは残っているのである。
しかも割とたくさん残っているのである。根は割とたくさん残っているから、
その上に作り物の歯を建てればどうにかなるのではなかろうか、と思っている
のである。だから治そうという助平根性を持っているわけなのです。
 
 今まで、3人の優秀な先生に治療していただいた。治らない理由、要するに
「きちんとした作り物が建たない」理由ということだが、これも3人の先生
とも丁寧に説明して下さった。説明はもっともな話であった。3人とも熱心に
治療して下さったのだが、「これでダメなら根本的には抜歯するしかないのですが」
とも共通におっしゃったのである。
 
 で、案の定、最後の治療から1年、やはり「ダメになった」のである。しかし
見苦しく、「抜歯せずにどうにかならねえか」と考えた。何でそこまで抜歯を
嫌っているかというと、奥歯なら抜いたって別に構やしない。どうせ
見えねえのだから。しかし前歯は見える。ということは、抜きっぱなしという
わけにはいかず(客商売だから)、ブリッジか義歯にする必要がある。両方とも
鬱陶しそうだなあ、というのが抜歯を躊躇している理由なのである。また、
根は「割とたくさん」残っていたりもする。抜くのは痛そうだなあ、というのも
正直いうと躊躇している理由だったりする。
 
 そこで、今度は別の歯科に通っている。嫌な患者である。患者は嫌な患者である
が医者の腕は良く、今度の歯科の先生がまた素晴らしいのである。
 
 筆者も外科医であるから、歯科医の技量は治療を受けていればわかる(この点でも
やはり嫌な患者である)。歯科の細かいことはわからないが、どういう見通しのもとに
どういう処置をしているのか、は大体わかる。虫歯の治療というのは感染症の外科
治療である。そして、感染症の外科というのは、医者の技量がもろに出るところ
なのである。そうですね、このへんは医者にならないといわく言いがたいのですが、
感染症の外科は「攻めどころ」、「勝負どころ」、「引き際」の判断が難しいのです。
 
 今までの3人の先生も素晴らしかったのだが(だから治療していただいた)、
今度の先生(以下Y先生とする)も素晴らしい。Y先生はまだお若い女医さん
なのだが、説明が明晰で(説明が下手な医者は常にヤブである。自分がわかって
いないのである)、技術は確かで、非常に優秀な歯科医である。筆者も広い意味で
同業者であるから、初診の際既に、この先生ならお任せして大丈夫だ、とすぐに
わかって安心したのである。
 
 ここから本題に入ります。
 
 先日は浸潤麻酔(我々は「浸麻(しんま)」といいます)を受けた。局所麻酔薬を
歯肉に注射する、あれですね。局所麻酔薬の注射というのは痛い。どうやっても
痛い。これは医者なら誰でも知っているし、実感していることでもある。筆者も
患者さんに浸麻するときには「この注射はどうやっても痛いですから
ご勘弁下さい」と説明しているのである。痛くないように工夫はしているが。
 
 前回の受診時、Y先生が「来週は麻酔して治療しますから」とおっしゃっていた
ので、「あれは痛えんだよなあ、イヤだなあ」と思っていた。しかし同時に、
それまでの治療でY先生の力量には完全に感服していたので、「Y先生はどう
浸麻するかなあ」と楽しみにもしていたのである。このへんの屈折した心理は、
同業者ならでは、ですな。
 
 治療当日。Y先生の浸麻は全然痛くなかった。痛いも何も、何も感じないうちに
終わっていたのである。Y先生が「はい、麻酔しましたので口をゆすいで下さい」
とおっしゃったとき、筆者は「もう浸麻が済んだんですか」と思わず聞いた
のである。これはまずい。いかにもやばい。こんなに痛くなく浸麻する技術が
あったのか。それを知らずに20年も医者をやってきた私は一体何もの? 
と一瞬パニック(大げさである)になったのである。「はい、もう終わりです」。
「何にも感じなかったのですが」。Y先生は筆者よりはるかに若いが、「痛みなく
浸麻するコツ」を要領よく説明して下さった。説明の詳細はここでは省くが、
「なるほど、それはそうだ」という部分もあり、「その方法は外科では使えないなあ」
という部分もあった。前者については今後の診療で使っていこうと思った。
後者については、これは外科では使えない技だし(応用はできるが)、知らなくても
やむを得ない、私は何ものとパニックにならずともよかったのだ、と安心した。
 
 神経疾患の診断で「腰椎穿刺」というのがある。これは腰椎の隙間から針を
刺して脳脊髄液を採取する検査なのだが(痛そう!)、筆者は腰椎穿刺には自信が
あって、「痛くない腰椎穿刺」をすることでは人後に落ちないという自負がある。
ささやかながら、それがプロだと思っている。「痛くない腰椎穿刺」には「こうすれば
痛くない」という細かいコツがあるのだが、Y先生の「痛くない浸麻」のコツと
原理的には同じことだとすぐわかった。
 
 浸麻の際に、「注射器に血液が逆流してきたら麻酔薬を注入してはいけない」とか、
「過量に注入してはいけない」とかは常識である。この常識の部分で間違える
医者はいない(最近はいそうだけど)。プロとアマとの違いは細かいところに出る。
すべてそうだが、専門家と素人との違いは常に細部にある。Y先生のおっしゃっていた
コツは、すべて細部にわたるものであるが、得るものは大きかった。
 
 この先生なら最初から抜歯してもらっても良かったなあ、とも思った。見苦しい
患者である。
 
 結論。医者は一生勉強の連続で、その機会はいくらでもあるから、
必ず生かしてゆくことである。そうでないと患者さんに余計な苦痛を
与えます。それは単なる社会的迷惑なのです。勉強の機会として、自分の
病気は、虫歯であっても最大限の材料にすることです。そして勉強の際には、
技芸の巧拙は常に細部にある、という心構えが必要であると思います。
 
 話は全然違うのだが、以下は余談である。
 
 筆者が学生実習で歯科・口腔外科を回っていたときの話である。ちょうど
そのとき、奥歯でグラグラの虫歯があった。担当の先生が「今日は(実習で)
何すっかなあ」とおっしゃっていたので(ちょうど患者さんがいなかったので
実習にならなかったのである)、「実は私、ひどい虫歯があるのですが」と申し出た。
先生は「じゃあ、今日の実習は先生(筆者のこと)の抜歯にすっか」とおっしゃり、
歯を見て「ああ、こりゃあ『抜き』だね」といって、その日の学生実習は筆者の
抜歯見学、ということになった。このときは麻酔も何もなく、瞬時に抜歯が
終わった。麻酔はしなかったが痛くも何ともなかった。その先生は、ちょっと
見ただけで麻酔は不要だと見抜いたのである。これもプロの技だろう。口調は
べらんめえで腕の良い先生であった。抜歯が終わった後、先生は「良い加減な
抗生剤はねえかな、ああ、これでいいや」とそこらへんにあった「良い加減な」
抗菌薬を渡してくれた。抜歯の後には心臓疾患を起こすことがあり、抗菌薬の
投与は必須なのである。そのへんのことは医学部で必ず習います。
 
 というわけで、1本抜いているからその分だけ歯が足りないはずなのだが、
レントゲンを撮るとなぜか歯は全部揃っている。筆者が絶大な信頼を置いている
Y先生も、その前の先生方も、「いやあ、なくなっている歯はありませんが」と
首を傾げておられた。
 
 あの虫歯になった歯は何だったのだろう。今も解けていない謎なのであるが。
 
 
 
(生命科学 井出冬章) 
  
━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
04 │ 今週の気になる記事
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─--- 
                主な新聞の要チェック記事です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■『朝日新聞』
 
被災者、退院後の行き先確保難航 東北3県の病院の半数(5/16)
40代男性、脳死での臓器提供へ 134例目(5/14)
宮城県警警察官、精神疲労訴え 「夢の中で遺体数える」(5/14)
iPS細胞なのに拒絶反応 再生医療応用に課題(5/14)
「カンガルーケアで植物状態に」両親ら国立病院を提訴(5/13)
エイズ感染拡大、早期の投薬で歯止め 米研究所発表(5/13)
ハンセン病療養所で被災者受け入れへ 入所者会議決定(5/12)
ダウン症児が連ドラ出演 脚本家「ありのままの姿を」(5/12)
被災地医療「自立」選ぶ 宮城・南三陸、支援チーム撤収(5/11)
書面なし臓器移植、44例目実施へ 愛知の50代女性(5/10)
手術後植物状態、病院側7千万円支払いで和解 福岡高裁(5/9)
ユッケ集団食中毒、神奈川県警も横浜の店舗捜索へ(5/9)
移植の娘「母いれば頑張れと言ったはず」 医師会見(5/9)
高齢者医療担う7自治体病院、早期復旧困難 岩手・宮城(5/8)
親族優先で腎臓移植 法改正後、角膜以外では初(5/7)
食中毒の焼き肉店従業員3人から新たにO111検出(5/7)
食肉業者、「ユッケ用」とメール 契約前に焼肉店側に(5/7)
肉の食中毒、O111なぜ怖い…子どもやお年寄り要注意(5/7)
医療機関窓口負担、液状化被害の千葉・市川なども免除に(5/6)
ユッケ食中毒、横浜の19歳患者からもO111検出(5/5)
ユッケ食中毒、富山の70代女性死亡 死者4人に(5/5)
飲食店への規制強化へ 焼き肉店食中毒、死者3人に(5/5)
焼き肉チェーン、ユッケ自粛次々 生肉食中毒の影響で(5/5) 
────────
 
■『読売新聞』 
 
殺虫剤誤飲で女性重体…自治会配布のお茶ペット(5月17日)
兵庫・三田市民病院の看護師、87歳患者殴る (5月17日)
富山大学付属病院、災害救急センター開設へ(5月16日)
災害拠点病院、耐震に課題…読売新聞全国アンケート (5月16日)
「放射性物質で健康被害心配」39%…読売調査(5月16日)
原発作業員男性の死亡、心筋梗塞が原因と発表(5月16日)
循環器系疾患、情報正しく(5月16日)
作業員、心筋梗塞か…被曝影響考えにくいと病院(5月15日)
免許取得・更新で持病申告せず…福山4児重軽傷(5月15日)
40代男性を脳死判定、臓器提供へ(5月15日)
福島第一原発作業員が体調不良、病院で死亡(5月14日)
原発作業員、汗だく防護服で3時間・水飲めず(5月14日)
精神科医、沿岸被災地域に派遣…岩手県(5月14日)
遺体DNA鑑定、歯ブラシなど提供呼びかけ(5月14日)
「えびす」食中毒、福井・富山の3店を現場検証(5月14日)
生食肉基準、再三の要請に厚労省「前例ない」 (5月14日)
万能でなかった万能細胞、iPSに拒絶反応(5月14日)
B型肝炎訴訟、追加和解案を双方受諾…札幌(5月14日)
身元確認へ、DNA試料受け付け開始…福島と宮城 (5月14日)
福島の学校放射線量調査、全施設で基準下回る(5月14日)
「カンガルーケア」巡り国立病院機構を提訴(5月13日)
岡山県、感染症予防HPを充実(5月13日)
子供の放射線量10ミリ・シーベルト…文科省が試算(5月13日)
放射性物質を検出した汚泥に取り扱い基準(5月13日)
武田薬品、スイス製薬大手買収で最終調整(5月13日)
ユッケは人気だから…県のメニュー変更指導断る(5月13日)
「生肉基準に罰則」検討、厚労省が11年放置(5月13日)
タレント・上原美優さんが自殺か(5月12日)
「アタック25」児玉清さん、当面休養(5月12日)
ユッケ食中毒事件、食肉市場を実況見分(5月12日)
福島上空、放射性物質滞留か…降雨には問題なし(5月12日)
福島第一周辺、放射性物質の監視強化へ…文科省(5月12日)
ユッケ用肉のアルコール殺菌、識者「効果薄い」(5月12日)
脂肪吸引手術で女性死亡、執刀医を起訴(5月12日)
がれきの石綿、健康被害防止会議…厚労・環境省(5月12日)
校庭表土処理、文科省が2案…福島市は埋設採用(5月12日)
被災地遺体の身元確認、献血血液でDNA鑑定へ(5月11日)
不明者家族「特定少しでも早く」(5月11日)
団子屋食中毒、発症118人に…O157が5人(5月11日)
ユッケ集団食中毒、食肉卸業者に2回目の捜索(5月11日)
石巻赤十字病院、急患数依然多く…震災から2か月(5月11日)
集団食中毒、死亡3人のO111の遺伝子型一致(5月11日)
福山の4児重軽傷、持病で過去に運転中の発作も(5月11日)
生肉は食べなくても食中毒…京都の焼き肉(5月10日)
ユッケ食中毒おこした腸管出血性大腸菌とは?(5月10日)
契約書なしで肉を納入…焼き肉店と加工卸業者 (5月10日)
「焼肉酒家えびす」横浜の系列店を捜索(5月10日)
ハイブリッド人工神経が傷治す…マウス実験成功 (5月10日)
被災情報システム、「被災病院情報」抜け落ち (5月10日)
被災情報システム、運用に課題(5月10日)
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- 
 
   
   ■「河合塾KALS 医学部学士編入対策マガジン」は、
インターネットの本屋さん『まぐまぐ』http:/www.mag2.com/ 
を利用して発行しています。
   アドレス変更、配信中止は、下記URLからお願いいたします。
                http:/www.mag2.com/m/0000093652.htm>
   ■ 河合塾KALS ホームページ
 
                        http:/www.kals.jp/
 
   (Eメールによる質問は一切受け付けられませんのでご注意下さい。なお、
質問等がある場合はフリーダイヤル0120-19-5949にてお願いします。)
  
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
  
━ 河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン
   第232号(No232)[2011年5月19日] 隔週木曜日発行━━
 発行・編集 ◎河合塾KALS
 
◎河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000093652/index.html

河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン

発行周期: 隔週刊 最新号:  2019/03/14 部数:  4,427部

ついでに読みたい

河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/03/14 部数:  4,427部

他のメルマガを読む