河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン

KALS(河合塾ライセンススクール)医学部学士編入対策マガジン

カテゴリー: 2004年01月08日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  
   KALS(河合塾ライセンススクール) 医学部学士編入試験対策マガジン
                                      第40号(No.40)[2004年  1月  8日]
                                                          隔週木曜日発行
  
----------------------------------------------------------------------
  http:/www.kals.jp/kals/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  
 みなさん、明けましておめでとうございます。
本年も、医学部学士編入に関する有益な情報をお届けしていきたい
と思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
   
  ◆ CONTENTS
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  
     01: お知らせ
     02: 大学入試情報
     03: 講師より
     04: 今週の気になる記事
  
 
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx  

  
━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  01│ お知らせ
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─---
                           KALS(河合塾ライセンススクール)最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ガイダンスのご案内


医学部学士編入講座SPECIAL EVENTS【参加無料/要電話予約】

試験情報ガイダンス 【講座説明会】

1/10(土)13:00 講座説明会[池袋校]
1/17(土)14:00 講座説明会[横浜校]


____________________________


 ■KALS合格者累計124名(4ヵ年)

 ☆2003年度実施試験合格状況〜計56名合格

旭川医科大、北海道大、弘前大、群馬大、筑波大、千葉大、東京医科歯科大、
金沢大、福井医科大、浜松医科大、滋賀医科大、大阪大、島根医科大、岡山大、
山口大、高知医科大、愛媛大、長崎大、大分医科大、鹿児島大、東海大、新潟大、
富山医科薬科大、北里大、鳥取大、琉球大(累計118名、2003年12月14日現在)

 ☆2002度実施試験合格状況〜43名合格    

滋賀医科1名(定員5名)、浜松医科3名(定員5名)、東京医科歯科2名(定員5
名)、旭川医科2名(定員5名)、大分医科4名(定員10名)、鹿児島大学3名
(定員10名)、群馬大学5名(定員15名)、山口大3名、高知医科大1名、千葉
大1名、琉球大2名、弘前大3名、新潟大2名、北海道大1名、東海大2名、島根医
科大4名、北里大1名、鳥取大3名 

   *複数合格者含む

  ____________________________


■講座案内〜通学講座
2004年実施試験対策
「錬成シリーズ≪冬≫」(生命科学/英語/小論文)1月より順次開講!
「実践シリーズ≪冬≫」(生命科学/英語/小論文)開講中!
その他、オプション科目(出願書類対策、面接対策ほか)も3月より順次実施予定!

■講座案内〜通信講座
「出願書類(課題論文)対策/小論文対策」2004年2月スタート予定!


  ※ 講座の詳細はKALSのHPおよびパンフレットをご覧ください。
  ――――――――――――――――――――――――――――
  ――――――――――――――――――――――――――――  
  詳細は資料請求をどうぞ → http:/www.kals.jp/kals/  


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 02 │ 大学入試最新情報
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─---
                                   医学部学士編入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ▼鳥取大学が急遽、2次試験を実施

 鳥取大学医学部が平成16年度学士編入(3年次)の2次募集実施を発表。
 出願期間は2004年1月19日(月)〜1月22日(木)で、事前に募集要項を
 取り寄せる必要がある。詳細は同大HPを参照。

  http://www.adm.zim.tottori-u.ac.jp/Admit/2004/
         2003henyuugaku-igakukagakusihennnyuu.htm



   ▼ こちらは平成15年度入学の最新情報です。
    既に公表済みの情報等はHPをご覧下さい! 
    随時更新中です。    http:/www.kals.jp/kals/

 
━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 03 │ 講師より
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─---
                                  医学部学士編入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    
あけましておめでとうございます。
今回はお題があって「学習スタート」について述べることになります。


             英語講師  永川隆史


今年度受験のために、以下英語の学習計画について述べたい。

 まず、英語という科目の重要性を肝に銘じる必要がある。英語が苦手では
合格は覚束ない。その理由は配点の高さと受験者の英語力の高さにある。
配点を明示している大学は少ないが時間比から考えるとほとんどの大学で
半分程度はあると考えられる。岡山大学は生物と英語が1:2の配点に
なっている(点数表示あり)。旭川は生命科学:英語が3:1と配点は
低い(同)。もっとも旭川の場合、英語は素直な良問であるのに対し、
生命科学は学士試験の中でも難易度が高いほうであることを考えると
英語は絶対落とせないとも考え得る。受験生の英語力の高さとは?
学士試験は最終合格率が20倍〜30倍程度で学科試験突破率が6倍〜10倍
程度であるが、残っている顔ぶれを見ると留学経験者、TOEFL高スコア
保持者が多い(出願者比)。専門性の高さや生命科学での大きなアドバン
テージとともに英語力が要素になっているということである。
 
 学習の前提として、学士編入試験の英語試験とは1.医学を学ぶ上での
基礎的英語力と2.医学・生命科学への興味・関心を問うものであること
を認識する必要がある。1.にいう英語力とは内容中立的な単語・文法の
知識とその総合たる読解力・英文作成能力・答案作成力をいう。2.の
意味するところは医学・生命科学の持つ社会・倫理的側面と自然科学的
側面の基礎的知識の理解である。英語学習においては1.を中心に2.にも
留意する必要がある。

 学習計画を立てるとは、(1)自己の客観的位置(学力)を測定し、(2)合格
に必要な英語レベル・実際の試験内容(出題形式も含む)を知り、(3)レベル
差を埋め、試験内容に対応するための作業工程を定めることである。
(1)(2)なくしては(3)が不能なのは自明である。

 通常の資格試験や一般入試であれば、模試を通じて(1)(2)が可能となるが、
学士編入試験においては模試が存在しない。そこで、1.基礎英語力について
(1)(2)のためにセンター試験とTOEFLの利用を提案したい。センター試験は
毎年、傾向とレベルが安定しており、国立大学出身者であれば既に経験済み
であり、物差しとして適当であると考える。とりあえず過去問を手に入れて
大問4〜6を45分を目途に解いてみて頂きたい。9割得点できれば、一定の
単語力と文法力は担保されたと考えてよい。9割は、一般受験の国立
医学部・東大合格者レベルならほとんどが越えているラインである。勘違い
してもらうと困るが、9割とは文法とか高校レベルの単語を今さらやる必要は
なく、学士試験の対策に何とか取り組めるという程度の基準に過ぎない。学科
試験突破の必要条件であって十分条件ではないのである。9割とれない場合
(点数によるが)、学士受験者の中では、半分以下のレベルであろう。学科
試験の倍率を考えると苦戦は必至である。英語の基礎力はないと認識すべき
である。TOEFLに関しては高スコア保持者が多いのも事実であるが、学科試験
突破レベルとしては、220程度あれば安心してよい。アドバンテージがあろう。
170以下では厳しい(合格者はみられない)。以上まとめると、センター試験
9割なら全受験者の上位半分に入れるか?というレベル。それ以上は、TOEFL
を利用して220以上あれば、上位2〜3割には入るだろう。参考にして頂きたい。
(2)においては、更に2.を考慮する必要がある。即ち、Nature、Sciense、
TIME等(主要な出典である)で扱われる記事・論文の知識(語彙も含む)を識る
必要がある。また志望校の出題形式にも対応しなければならない(特に記述量
の多い大学、富山800字、鹿児島400字等は単なる英語力に尽きない答案作成
能力が問われる)。そのためには過去問の徹底した研究が必要となろう。さて、
ここまで書いて少し営業活動をしたい(笑)。上記、(1)(2)について本年度から、
KALSの英語科では単語力テストと実力判定テストの実施を考えている。過去の
合格者の成績との比較において英語力を判定し、学習計画に役立てようという
ものである。詳細は後日、メルマガでも告知されるだろう。
(3)実際に何を、どの教材を使って、どのように(方法)、どの程度時間を割く
かを策定しなければならない。TOEFLが220以上あれば、医学・生命科学分野の
単語の増強と論点整理、問題演習で足りる。むしろ英語に時間を割くよりは
生命科学に時間を使ってください(笑)。それが合格への近道です。市販の
単語帳としては「基礎医学・臨床医学・薬学・理学・農学系の最重要専門
用語2,400語を収録」とうたう羊土社の『ライフサイエンス必須英単語』
が手頃である。時間は限られいるので間違ってもNatureを読んで単語を覚
えようなどと思わないこと。まず、2400語潰してからのほうが効率がよい。
論点整理は小論文、生命科学の学習と平行してやればよい。英語プロパーな
論点としてはバイオエシックスの分野があるが、最近は多くの本が出ている
ので何でもよいから一冊読んでおく。定評があるのはみすず書房の『医療倫理
?,?』、最近のものでは法研の『バイオエシックスハンドブック』がまとま
っている。理想社の『生命倫理のキーワード』は辞書的に使える。サイエンテ
ィフィックな分野は日経サイエンスのバックナンバーを過去2年分目を通して
おく。ご存じかと思うがこれはScientific American誌(主要出典の一つ)の
日本語版である。問題演習は過去問を解くことがまず第一である。学士の問題
レベルに近いのは国立一般入試の後期試験の英語小論文の問題である。河合出
版から年度別に『小論文』として出ているので利用すればよい。問題集として
は駿台受験シリーズの『お医者さんになろう医学部への英語』がハイレベル。
河合出版『英語医学部系読解 河合塾SERIES―こだわって!国公立二次分野別
問題集』(1)-(3)は網羅的。問題演習で気をつけなければいけないのは時間を
計ることである。試験は時間との戦いである。準備しておこう。基礎的英語力
に不安のある方は、まず、何が問題かを分析する必要がある。経験から言うと
、英語が苦手な人は総じて単語力がない。そして短期間に単語を習得すること
で苦手意識はかなり解消できる。まず、旺文社の『TARGET1900』を購入する
なり、立ち読みするなりして欲しい。前半800語がセンターレベルである。こ
こで知らない単語があるようでは単語力が足りないのである。まず、短期間に
後半部も含めて1900語を潰すこと。コツは短期・大量・繰り返しである。忘れ
ることを前提に短期間に何回も繰り返して覚えるのである。文法はどうか。学
士試験では純粋な文法問題は出ない。読解に必要な文法事項に絞ってチェック
してみよう。関係詞、分詞構文、不定詞など。読み方はどうか。細かい技術論
はおくが、和訳と読解を混同していないか。読んで理解することと日本語に変
換することは別の作業である。具体的には関係詞の訳し上げ(戻って訳すこと
)をしていないか。これは厳禁である。読解はすべて決して戻らず読み下すの
である。以上、整理すると英語力に応じて、まず基礎単語力、文法のチェック
、これをクリアした上で専門分野の単語の暗記、知識整理、問題演習に進む。
ペースメーカーと情報収集に予備校の利用も考えてよいかもしれない。最後に
時間はつくるものである。テレビを見たり、漫然と飯を食べているようでは甘
い。歩いているとき、通勤時にはテープなりMDなりを聴けばよい。トイレも
然り。




 KALSでは、ガイダンス、オープンイベントも随時行っていく予定です。都合
のつくかたは、参加されてはいかがでしょうか。直接、講師に質問してみてく
ださい。 また、メルマガ、HPでも情報を提供していきます。寒いですが体に
気をつけて頑張ってください。 




━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 04 │ 今週の気になる記事
--─┴---─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─-----─---      
                      主な新聞の要チェック記事です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■『朝日新聞』

  ○MRSA「乳幼児の5.6%保菌」 順天堂大教授ら調査(04/01/03)
  ○慶大、学会に受精卵診断申請へ 筋ジスの可能性判断(03/12/31)
  ○献血輸血後HIV感染 高感度検査すり抜け(03/12/29)
  ○SARS疑似患者と接触の81人隔離 中国サイトで報道(03/12/29)
  ○エイズ拠点病院、6割が「患者増に対応困難」 本社調査(03/12/29)
  ○広東省からの帰国者に注意喚起 中国SARS騒動(03/12/27)
  ○救急救命士の薬剤注射容認へ 気管挿管などに続き厚労省(03/12/26)
  ○診療部長と医師2人を懲戒解雇 慈恵医大・青戸病院事故(03/12/26)


     ────────
  
  ■『読売新聞』

  
  ○キリン、腎不全患者向けの貧血薬を開発(04/01/04)
  ○HIV治療ワクチン“日本人向け”に開発(04/01/04)
  ○中国の新型肺炎疑い例、変異ウイルス感染か(04/01/04)
  ○「エフェドラ」食品 米で販売全面禁止(04/01/01)
  ○輸血でHIV感染、「いつか起きる」現実に(03/12/30)
  ○新型肺炎疑い例でWHOが広州入り(03/12/30)
  ○輸血でHIV感染(03/12/30)
  ○新型肺炎ウイルス保有など実態調査(03/12/29)
  ○病院間の搬送、全面民間委任(03/12/28)
  ○中国の新型肺炎「疑い」、広州の32歳男性(03/12/28)
  ○広東省から入国「体調異変」申告を…厚労省(03/12/28)
  ○新型肺炎「疑い」、中国広州1人報告(03/12/27)
  ○「薬害エイズ」重複感染の恐怖(03/12/27)
  ○薬剤投与、救命士もOK(03/12/26)
  ○遺族同意で臓器提供、「15歳以上」撤廃(03/12/26)
  ○抗うつ剤で副作用か(03/12/26)



──────────────────────────────────
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- 

   
   ■「KALS(河合塾ライセンススクール) 医学部学士編入対策マガジン」は、
       インターネットの本屋さん『まぐまぐ』http:/www.mag2.com/ 
       を利用して発行しています。
   アドレス変更、配信中止は、下記URLからお願いいたします。
                   http:/www.mag2.com/m/0000093652.htm>
   ■ KALS(河合塾ライセンススクール)ホームページ

                        http:/www.kals.jp/

   (Eメールによる質問は一切受け付けられませんのでご注意下さい。なお、
        質問等がある場合はフリーダイヤル0120-19-5949にてお願いします。)
  

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

  
━  KALS(河合塾ライセンススクール)医学部学士編入対策マガジン
                   第40号(No.40)(2004年 1月  8日) ━━
   ■ 編集長:佐久間安秀    ■ 担当:石橋
   ■ 発行:KALS(河合塾ライセンススクール)
  
   本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
   Copyright(c)2002 Kawaijuku Licence School. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ついでに読みたい

河合塾KALS 医学部学士編入試験対策マガジン

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/03/14 部数:  4,425部

他のメルマガを読む