暮らしの中の仏教語

暮らしの中の仏教語  今日の法話

カテゴリー: 2019年02月10日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--------暮らしの中の仏教語 第1368話------------

*******今回のお話は「劫を経る」*****************

                     毎月10.20.30日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=======広大寺からの ご 案 内 ==========
テレホン法話
 毎回皆様にお届けしている
広大寺「暮らしの中の仏教語」の最新のお話を
電話でもお届けしております。
ぜひこの機会にダイアルしてみては如何でしょうか?
 3分弱でお聞き頂けます。
※普通通話料のみご負担下さいませ。

電話番号は  0250-23-1155  こちらまで!

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  第1368話 劫を経る
 
 長い年月を経ることや、
年功を積むことを「劫を経る」と言いますね。
「劫」は梵語カルパの音写語「劫波」に由来する字で、
「無限」に近い時間の単位を指す言葉です。
具体的な長さには諸説ありますが、一説には、
10の64乗を阿僧祇劫、
10の80乗を不可思議劫というそうです。

 「あの人は劫を経ている」と言っても、
そんなに長い時間生きてきたわけはありません。
この場合は、長い間にわたって年功を積み上げてきたことを、
強調しているのですね。
「劫」の字を、功や甲に書く人も居ますが、
字が面倒だから
功労や甲羅にした事によるのかもしれません。

 とにかく、「劫」は、
人間や他の生き物の寿命など問題にしない長さの単位です。
人は「長生きしたい」「永遠に生きたい」と、
昔から考えて来ました。
しかし、劫の単位を経て生き続けるなんて出来ません。

 囲碁の名人・本因坊は、こんな句を残しています。
「碁なりせば 〈劫〉なりたてて 凌がんも 死ぬるばかりは 
手はなかりけり」。  囲碁では、
「交互に相手方の石を取ることが出来る形」を「劫」と言います。
これをお互いに反復すると、
「劫」が続く限り何時まで経っても死ぬ事は無いわけです。
勝負がつかなくては困りますので、今では、
「一手以上他に打った後でなければ、相手の石を取れない」
という規則が出来ているそうですね。

 国語としては、「劫を経る」事と「年功を積む」事は同じ、
と考えてよいでしょう。
「年功序列」は、そんな考えに基づいて行われてきた習慣です。
劫を経たらそれなりに功労者となり、
蟹や亀の甲羅が大きくなるのに倣って、
オーラを大きくしたいものです。
 
                          終わり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

 二月は、旧暦の正月に当たります。
節分の翌日が立春で、暦の上では春ですね。

 今年の新潟は暖冬で、雪まつりの為に作った像が、
建設中に崩れるほどでした。
 
今回もお読みいただき、有難うございました。
                         A.K.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

     次回のメールマガジン配信予定日時は、10日後です。
    次回の「暮らしの中の仏教語」更新日も同日です。

  法話サイトにも ぜひお立ち寄りください。
    【サイト】
    http://www.koudaiji.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    「暮らしの中の仏教語」公式サイト

        
    広大寺ホームページには
    広大寺住職の法話が、随時更新されております
    ぜひ、皆様お立ち寄りになり、読破してみては
    如何でしょうか?

    暮らしの中の仏教語メールマガジンを読んでの
    ご感想お待ちしております。


    広大寺「暮らしの中の仏教語」公式HP
    http://www.koudaiji.com


    メールマガジンの変更解約などは当サイトよりお願い致します。

    http://www.koudaiji.com


毎日使う言葉の中に「仏教語」が存在しているのはご存知ですか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















暮らしの中の仏教語

発行周期: 10日・20日・30日 最新号:  2019/02/10 部数:  452部

ついでに読みたい

暮らしの中の仏教語

発行周期:  10日・20日・30日 最新号:  2019/02/10 部数:  452部

他のメルマガを読む