暮らしの中の仏教語

暮らしの中の仏教語  今日の法話 第1324話

カテゴリー: 2018年10月30日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--------暮らしの中の仏教語 第1324話------------

*******今回のお話は「両 両足 両肩 両部 両界」************

                     毎月10.20.30日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=======広大寺からの ご 案 内 ==========
テレホン法話
 毎回皆様にお届けしている
広大寺「暮らしの中の仏教語」の最新のお話を
電話でもお届けしております。
ぜひこの機会にダイアルしてみては如何でしょうか?
 3分弱でお聞き頂けます。
※普通通話料のみご負担下さいませ。

電話番号は  0250-23-1155  こちらまで!

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  第1324話 両 両足 両肩 両部 両界
 
 「両」の元の字は、左右に重りを付けた量りの形をしていて、
「ふたつで成り立つ」意です。
また、量る事から、日本では貨幣の単位にもなりましたね。
仏教でも、両足・両肩・両部・両界など、
両の字を使った表現が多くあります。

 人体には、両目・両耳・両肩・両手・両足など、
それぞれ二つあります。
鼻は一つですが、鼻の穴は二つあるでしょう。
「両足・りょうそく」とは、立って歩く人間の事で、
「両足尊」は人間の中で最も尊い人、
つまり仏様の尊称として使われてきました。
釈尊は両足で智と悲を踏まえ、私達を救う旅を続けられたのです。

 また、私達の「両肩」には両肩神が乗っているとされます。
右肩には「同生」という女神、
左肩には「同名」という男神が常にいて、
私達と行動を共にしているのだそうですが、私達には見えません。
私達と同時に生まれた神様ですから俱生神とも言い、
私達の言動の善悪を逐次、閻魔大王に知らせるのがその役目です。

 また、「両部」「両界」は金剛界と胎蔵界を言い、
仏の世界を二つに分けて図解したものです。
大日如来は、金剛界にあっては智拳をし、
胎蔵界にあっては法界定印をして、それぞれに智と理を教え、
理と智が不二である事も示しています。
二つ合わせて両部曼荼羅とし、
二つ一組の曼荼羅絵図とした掛け軸は、よく知られていますね。

 「二つで一つ」の「両」の世界は、絶妙な世界です。
別々でもなく、対立するでもなく、同じでもない。
両足・両手・・だけではありません。両親・両輪・両岸・両立など、
両の世界を考えてみてください。
「片方だけでは成り立たない」ことが、よく解るでしょう。

 私は去年、加齢の為でしょうか、左耳を失聴しました。
声や音がどこから聞こえるのか、わかりません。
両耳が機能している事は、本当に有り難い事でした。
 
                         終わり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

 暖房が必要な季節を迎えました。
人間は冷暖房をします。人間しか冷暖房をしません。

人間だけが、気候に順応できない生き物なのでしょうか?
人間のせいで、気候変動がうまく機能しなくなるとしたら、
・・大自然のしっぺ返しが怖いと思いながら、
暖房にしがみついています。
 
今回もお読みいただき、有難うございました。
                         A.K.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

     次回のメールマガジン配信予定日時は、10日後です。
    次回の「暮らしの中の仏教語」更新日も同日です。

  法話サイトにも ぜひお立ち寄りください。
    【サイト】
    http://www.koudaiji.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    「暮らしの中の仏教語」公式サイト

        
    広大寺ホームページには
    広大寺住職の法話が、随時更新されております
    ぜひ、皆様お立ち寄りになり、読破してみては
    如何でしょうか?

    暮らしの中の仏教語メールマガジンを読んでの
    ご感想お待ちしております。


    広大寺「暮らしの中の仏教語」公式HP
    http://www.koudaiji.com


    メールマガジンの変更解約などは当サイトよりお願い致します。

    http://www.koudaiji.com


毎日使う言葉の中に「仏教語」が存在しているのはご存知ですか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















暮らしの中の仏教語

発行周期: 10日・20日・30日 最新号:  2018/12/10 部数:  455部

ついでに読みたい

暮らしの中の仏教語

発行周期:  10日・20日・30日 最新号:  2018/12/10 部数:  455部

他のメルマガを読む