暮らしの中の仏教語

暮らしの中の仏教語  今日の法話 第1320話

カテゴリー: 2018年09月20日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--------暮らしの中の仏教語 第1320話------------

*******今回のお話は「青天白日 青山 骨を埋める」***********

                     毎月10.20.30日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=======広大寺からの ご 案 内 ==========
テレホン法話
 毎回皆様にお届けしている
広大寺「暮らしの中の仏教語」の最新のお話を
電話でもお届けしております。
ぜひこの機会にダイアルしてみては如何でしょうか?
 3分弱でお聞き頂けます。
※普通通話料のみご負担下さいませ。

電話番号は  0250-23-1155  こちらまで!

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  第1320話 青天白日 青山 骨を埋める 
 
 青い空・青い海・青い山脈など、天空・海洋・山並は
「青い」と表現されます。
青々とした空や海・青い山々を眺めていると、
希望が湧いてきませんか。
鬱々とした気持ちが、吹き飛んでしまいます。

 仏教では、煩悩妄想の雲も思慮分別の影も無い覚りの境地を、
「青天白日」と表現してきました。    覚った人の心は、
太陽が輝いて、一片の雲影も無い青空のようだからです。
「雲」は覚りを曇らせるものに喩え、正に対する偏と捉えるわけです。
「青山白雲」となれば、青山が「理」で白雲が「事」を表し、
理想的なものと現実的なものを、象徴的に言う句になります。
私達は、現実に振り回されて理想を見失うことなく、
雲に隠された本物を取り戻さなければいけません。

 青天・青海・青山は私達の故郷です。
青山は、樹木の生い茂った青々とした山ですが、
私達が一生を終えたのちに帰る所を指す事にもなりました。
天に帰っても海に帰っても良いのですが、
土になって新しい命を育める山が、
身近で一番の場所だったのでしょう。
中国宋時代の文豪・蘇軾の詩に「青山可埋骨」の句があります。
これが仏教と共に伝えられました。

 どこかへ移住する時、或いは志を抱いてかの地へ赴く時、
「骨を埋めるつもりです」と挨拶する人がいます。
もう戻る事無く、「そこで死ぬまで頑張る」という意味でしょう。
外国人の場合、「死んだら故国にもどる」人が多く、
日本で葬式を挙げても、
お骨は故国の墓地に葬られる場合が殆どのようですね。

 日本人は「至る所青山あり」と考え、
遺骨が故国に戻らなくても可とする人が多いようです。
何物にもとらわれない「凄い心」を持っているのが日本人なのです。
「出稼ぎ」でなく「なりきる」大和魂は、
仏教精神そのものでしょう。 
 
                          終わり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

 「暑さ寒さも彼岸まで」の諺どおり、
あの猛暑はどこかへ行ってしまいました。

 春夏秋冬は経めぐり、止むことはありません。
植物群は季節の移り変わりを知らせてくれます。

 私達は、春夏秋冬の回転を、何回過ごしたら、
人生を卒業できるのでしょうか? 

今回もお読みいただき、有難うございました。
                         A.K.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

     次回のメールマガジン配信予定日時は、10日後です。
    次回の「暮らしの中の仏教語」更新日も同日です。

  法話サイトにも ぜひお立ち寄りください。
    【サイト】
    http://www.koudaiji.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    「暮らしの中の仏教語」公式サイト

        
    広大寺ホームページには
    広大寺住職の法話が、随時更新されております
    ぜひ、皆様お立ち寄りになり、読破してみては
    如何でしょうか?

    暮らしの中の仏教語メールマガジンを読んでの
    ご感想お待ちしております。


    広大寺「暮らしの中の仏教語」公式HP
    http://www.koudaiji.com


    メールマガジンの変更解約などは当サイトよりお願い致します。

    http://www.koudaiji.com


毎日使う言葉の中に「仏教語」が存在しているのはご存知ですか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















暮らしの中の仏教語

発行周期: 10日・20日・30日 最新号:  2018/12/10 部数:  455部

ついでに読みたい

暮らしの中の仏教語

発行周期:  10日・20日・30日 最新号:  2018/12/10 部数:  455部

他のメルマガを読む