こころをめぐる話-内観に学ぶ

いつもここから


カテゴリー: 2016年12月07日
こころをめぐる話ー内観に学ぶ NO130
                              いつもここから
                                        
                発行者 白金台内観研修所 本山 陽一
                                    Mail to: zan25224@nifty.com
                       http://www.shirokanedai-naikan.com/index.html

高校時代に、恋愛小説を読みあさった時期があった。といっても純文学では
なく、気軽に読める青春ノベルの文庫本で、大概ハッピーエンドで終わる軽
いものである。乙女のように恋に恋していたのかもしれない。ありふれた恋
愛シーンに胸をときめかせ、主人公二人の恋の行方にハラハラしながらも、
最後は結ばれる二人の姿に感動したものだった。途中はハラハラ、ドキドキ、
最後はよかった、よかった、の感動と安心が好きだったのかもしれない。
TVドラマ「水戸黄門」の人気が出る少し前のことである。

その時、ある本のあとがきで読んだ作者の言葉に「二人は幸せな結末を迎え
たわけだが、実際はこれからが本当の人生でいろいろあったわけだが、それ
はここには書かない」といった意味の文章があった。50年近く経った今でも
不思議に覚えている。人生は死ぬまでエンドレスで続く、ということがその
後の人生で身に沁みたせいかもしれない。

たとえば、子育てである。結婚してしばらく子どもが出来なかったので、妊
娠できるかがちょっと気になった。妊娠すると、五体満足で産まれてくるこ
とを祈った。無事に五体満足で産まれると、身長、体重が標準と比べてどう
か気になる。寝返り、ハイハイ、つかまり立ち、歩行に一喜一憂して、発熱
にうろたえ、夜泣きに悩まされる。それが終えると言葉の発達、オムツの卒
業等健康や成長に関することの一つ一つに神経を遣う。

成長に伴い、幼稚園や保育園選びが始まり、入園すると団体生活に馴染める
かが気にかかる。小学校に上がると今度は学力の心配が加わり、高学年にな
ると進路を考えるようになる。中学受験をするかを迷い、中学に上がると確
実に高校受験がある。無事受験を突破したと思ったらすぐに大学受験である。
大学に入ると今度は就職試験が待っている。就職が決まってしばらく経つと
結婚の心配である。

結婚すると、また、自身の子育てのような心配が最初から始まる。夫婦仲は
どうか?、子供は無事に産まれるか?産まれたら無事に育つか?等である。
無論、孫は子どもほど責任はないので、親のときほどひっ迫したものはない
が、孫がどこかでつまづいたら、やはり子供と同じ程度に心を悩ますに違い
ない。いつの間にか年をとった爺婆夫婦は、体力、気力、社会的能力も衰え、
気持ちは焦れど実際の力になってやれないので、心配は一層募るのかも知れ
ない。

このように、人生はエンドレスなのである。確かに途中での小さな成功は、
その都度喜びをもたらしてくれることも事実である。初めての子どもが歩い
たときの感激は今も忘れないし、受験合格や就職、結婚等の喜びも同様であ
る。しかし、その喜びは一瞬で、浸り続けることはできない。人生の転回は
目まぐるしいのである。私たちは、次から次に迫り来る人生からの課題を解
決しなければならない。

このような問題を根源的に解決するためには、自らの中にある愛欲をなくさ
なければならない、と釈尊は説く。そのことについては全く同感で反論の余
地はない。ただ、悲しいかな、私のような凡人は、愛欲をなくすことは不可
能なことである。したがって、私はこれからも愛欲に振り回されて、死を迎
えるまでこの終わりのない喜びと苦しみに一喜一憂して過ごしていかなけれ
ばならないことになる。

そこで内観である。内観は、そんないろいろな欲や周りの情報に振り回され
て生きている日常を止めて、静かに幼い頃からの自分を振り返る。すると、
自分にとって一番大切なことは何か、が見えてくる。私の場合、内観を終え
てまた目まぐるしい日常生活に戻ったが、以前の自分とは何かが違った。い
ろいろな欲に振り回されながらも、大切なものを知った安心感というか余裕
というか、荒波に揺れている船から見える灯台のような道しるべが自分の中
に生まれたのである。

いろいろな欲に振り回されながら、目の前の小さな成功や失敗に一喜一憂し
ていても、目前の成功、失敗を超えた別次元の変わらぬ大切なものを知って
いる人生は、何かが違う。どんな状態になっても自分の人生を肯定的に受け
止め、常に希望を失わないで生きられる。いつもありのままの自分を愛し、
応援してくれている人の存在は、その人が生きていようと死のうと、現在ど
んな状態にあっても関係なく、私を支えてくれる。

大局的に見れば、人生の今の状態は、単に良い波が来ているか、悪い波が来
ているかだけの一過性の状態に過ぎない。人生にはいい時もあれば、悪いと
きもある。しかし、愚かな私たちは、その状態は自分が創りだしたものだと
勘違いして、いい時には自惚れ、悪い時は失望して自らを責める。その結果、
いい時は長続きせず、悪い時間は長く続いたりする。ひどい場合には、さら
に悪い事態を引き寄せたりする。

今の状態にこだわらず、いつも前を向くことが肝要である。結果がすぐに表
れるスポーツ選手はそのことをよく理解している。インタビューに勝者は
「今晩、一晩喜びに浸ります。そして、明日から次に向けてまた練習です」
と応え、敗者は「悔しいけどもこれが今の自分の実力です。今回の教訓を糧
にして、また明日から頑張ります」と応える。勝者も敗者も、結果に関わら
ず明日から次に向かってトレーニングをするのである。

私たちの生活では、スポーツ選手のようにすぐに結果が表れないのでわかり
にくいが、スピード感が違うだけで基本的には彼らと同じだと思われる。今
の状態に囚われて前を向かなければ未来はないであろう。今年一年、いい年
だった人も、そうでなかった人も、たまたまそういう波が来た一時的な状況
だと考え、来年からはまた、前を向いてやるべきことを真剣に取り組むべき
であろう。そうでなければ、悪い時間を引きずることになる。

人生はエンドレスなのである。成功した人も失敗した人もさらに人生は続く
のである。気を抜けば、いつ奈落の底に落ちるかわからない。“駄目だ”と
思った瞬間からまた始まるし、“やったー”と喜んだ瞬間が始まりなのであ
る。そういった意味で人生は平等なのであって、“いつも今ここから”始ま
るのである。死ぬまで人生にゴールはない。今の時間を皆で平等に共有して
おり、時間に対する態度も自由なのである。

ただ、いつも変わらぬ愛情を与え続けてくれる人の存在を発見し、その思い
を常に身近に感じられる人の時間は、そうでない人とはちょっと質の違う時
間を味わえるのも事実である。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年も一年間内観者さんのお世話ができ、本当に恵まれた一年でした。
ありがとうございました。

こころをめぐる話-内観に学ぶ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/24
部数 612部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

こころをめぐる話-内観に学ぶ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/24
部数 612部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング