こころをめぐる話-内観に学ぶ

認識の歪みを正すこと

カテゴリー: 2003年11月03日
こころをめぐる話ー内観に学ぶ NO86
                          認識の歪みを正すこと
                     
                発行者 白金台内観研修所 本山 陽一
                    Mail to: zan25224@nifty.com
                                    http://homepage3.nifty.com/shirokanedai/

当研修所には、悩み苦しむ人々が毎週のように訪れる。アルコール、摂食障害、
親子問題、さまざまな精神的心理的病気、いじめ、非行、不登校、ひきこもり
等、本当にいろいろなのである。そういう人々の話に耳を傾けていると、ほと
んどの人が自分自身を駄目な人間だとか生きる価値のない人間だとか否定的に
感じていることに気がつく。外に向かっては威勢のいいことを言ったり、攻撃
的だったりするが本当は自分に不満を持っていたり、自分を責めていたりする
場合が多い。

大脳新皮質の使い方を間違ったのである。認識が歪んでいる。人間に対して本
当に正しい認識は一つだと私は思っている。つまり、こうである。「世界中に
存在するすべての人間は、どんな人でも皆平等にかけがえのない価値と尊厳を
持っており、平等に大切な存在である」ということである。否定的な観念で自
分自身を見ている人は、こういう正しい認識が持てない人たちで認識が歪んで
いるとしか思えない。

どうしてこんな歪んだ認識を持つようになったかといえば、それは歪んだ認識
の中で育ったからと言わざるを得ない。私たちはどんな間違った認識でもその
中にいれば、知らず知らずにその認識を受け入れてしまう場合がある。例を挙
げよう。

ある高校生の話である。中学の時に仲間のほとんどが万引きをしていた。仲間
の間では万引きができるということは、勇気があるということの証明だという
認識があった。この高校生は恐くて万引きができない自分に劣等感を持ってい
た。だから、ある日思い切って万引きができたときは、とても嬉しかったらし
い。また帰国子女の大学生は、アメリカにいた時は自分の体型のことはあまり
気にしていなかったが、日本に帰ると痩せることをまわりがすごく気にしてい
るので、自分も気にするようになったら拒食症になってしまったと話していた。

歪んだ認識から受ける影響をわかっていただけただろうか。高校生は万引きが
できるのは勇気のある証拠だという考えそのものを否定できなかったし、帰国
子女の大学生は日本女性の歪んだ認識を否定できなかった。どちらも自らの存
在を否定したのである。残念ながら現実世界は不平等に満ちている。アメリカ
兵の命の値段とアフガン兵の命の値段は何百倍も違う。

現実の世界はこの歪んだ認識に満ちている。たとえば織田信長や徳川家康が尊
敬されたりしている。前にも書いたが彼らは多くの人を殺した人殺しでもある。
彼らのために地獄の苦しみを味わった人もいたと想像される。しかし、天下を
取ってしまえば尊敬されるのだ。私たちの社会は、競争に勝つ人、強い人、権
力者、お金持ちの人、能力の高い人、容姿のきれいな人等を評価する傾向があ
る。

そういう現実世界で競争に負けたり、大切に扱ってこられなかったりしたと感
じている人々にとって、自らの尊厳を取り戻すことは確かに難しい。しかし、
私たちの社会はまたいろいろな認識を持った社会でもある。競争だけですべて
を評価する世界だけでもない。違った認識で物事を見られるようになり自分の
存在の意義に気づけば、自分は敗北者でも価値のない人間でもなく貴重な尊い
存在だということを感じられる。

現実世界や私たち人間は、いつも不完全で残酷で矛盾に満ちている。しかし、
私たち人間はどんな状況になっても現実や自分自身をも乗り越えられる精神性
を与えられている。この大脳新皮質にある精神性を上手に使えば、歪んだ認識
から開放されて、どんな現実が来てもどんな駄目な自分を見せつけられても、
生死すらも超えて自分の尊厳に気づき感謝する生活が可能になると吉本伊信先
生は教えてくれている。

内観法はそうなれるための具体的訓練で、自分を見るあるいは自分を知る訓練
を繰り返しするのである。内観法では歪んだ認識のこの現実世界にありながら、
自分を一人の人間として尊重してくれた人、大切にしてくれた人、愛してくれ
た人とその行為を具体的に探しながら、自分自身の中の歪んだ認識に気づき、
訂正しながら自らの尊厳を取り戻して、真の意味で精神的な本当の人間になっ
ていく作業でもある。

こころをめぐる話-内観に学ぶ

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  611部

ついでに読みたい

こころをめぐる話-内観に学ぶ

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  611部

他のメルマガを読む