現代の龍馬たちへ!アクティブシニア通信

アクティブシニア通信:2011年はポジティブ思考で


カテゴリー: 2011年01月12日
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「アクティブ・シニア通信」+ 「おとなのためのイベント・セミナー」 
   おとなのオピニオンコミュニティ『シニアわーくすRyoma21』 
    http://www.ryoma21.jp 2011/01/12 第106号 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

50代以上の皆さん、シニア予備軍の40代、シニア世代のご両親をお持ち
の若い世代の方々にも、読んでいただきたいメールマガジンです。

********************************************************************

◆年頭ご挨拶:理事長・松本すみ子

遅まきながら、明けましておめでとうございます!
久しぶりに、冬らしい寒さになっていますね。
私は東北の生まれなので、こういうピリッとした感じは好きです。
東京にも雪が降ってくれると、もっと、いいんだけど...

最近は、気が滅入るような話題が増えています。特に、多いのが日本は
だめだという言い方。○○は中国に抜かれたとか、○○は先進国で下の方だ
とか。そうやって、他と比較して自虐的になっていることの方が問題です。
そんな大人の繰り言を子供たちに聞かせたくありません。

だから、今年、私は意識して、ものをいい方向に見ることにしました。
人口が減っているというけど、日本の人口はまだ世界で10番目です。
労働人口が減っているというけど、女性と60代が働けば相当部分の問題は
解決されます。

年末年始に温かい話題がありました。
タイガーマスク・伊達直人などのランドセルプレゼント。漫画やアニメの
主人公を名乗るとは、いかにも日本人らしいシャイな行動です。
日本はまだまだ捨てたものではありませんよね。

**********《INDEX》*************************************************

◆NPOの活動 
 ◎ ジャズ同好会「 J 」、1月例会は18日(火)19時~
 ◎ 「敬聴の会」第4回は、1月26日(水)18時30分~
 ◎ 茶道サークル「凛」、第1回月例会は2月20日(日)10時~
 ◎ 第1回ききがきすと養成講座」終了、次回は5月開講予定
◆会員の活動
 ◎ リンク集に山本健治さんのブログ「山本健治の平成徒然草」を掲載
 ◎ 中村 義さんの新シリーズエッセイ「アメリカ生活あれこれ」開始
◆編集後記
 ◎ 今年も元気にいきましょう

********《NPOの活動》******************************************

◆ジャズ同好会「 J 」、1月例会は18日(火)

赤坂の「J's Bar」で毎月第3火曜日に定例会をやっています。
はじめての方も、聞くだけの方もお気軽にご参加を。

<開催日時>1月18日(火)19時~
<場 所>赤坂の「J's Bar」で…申込者には地図案内を送ります
<参加費>会員 4,000円・非会員 4,500円 フリードリンク・おつまみ付き
<申込先>リーダー豊島さんにメールで。 toyoshima@ryoma21.jp

◆「敬聴の会」第4回は、1月26日(水)18時30分~20時30分

各分野で活躍されている方をお招きして、「豊かな人生に役立つ話を聴く」と
いう勉強会を開催している「敬聴の会」。
第4回は、ファイナンシャルプランナーの木下利信さんに、相続についてなど、
問題を起こさないために知っておきたいことをわかりやすく話していただきます。

<日 時>1月26日(水)18時30分~20時30分
<会 場>銀座風月堂ビル5F 銀座ビジネスセンター
<テーマ>「備えあれば憂いなし、大事な資産の使い方・残し方」
<ゲスト>木下利信さん
<参加費>会員 2,000円・非会員 2,500円
<申込先>「敬聴の会」事務局 山崎さんにメールで keicho2010@ryoma21.jp

詳細はこちらで→ http://counseling.ryoma21.jp/article/173219330.html

◆茶道サークル「凛」、第1回月例会は2月20日(日)10時~

昨年11月に立ち上げプレ茶会を行った、茶道サークル「凛」。
いよいよ2月から月例会を開催します。
月例会は、毎月第3日曜日・10時~開催予定です。

<開催日時>2月20日(日)10時~12時30分
<会 場> 目黒区菅刈公園内 和館
<参加費> 会員 3,500円 ・非会員 4,000円
<申込先> 茶道サークル「凛」リーダー岩崎さんまで tya_rin@ryoma21.jp

◆第1回「ききがきすと養成講座」終了、次回は5月開講予定

昨年10月30日~12月4日まで、第1回「ききがきすと養成講座」が開催
され、受講者は今月末に提出期限の最終課題にとりくんでいます。
課題提出後に最終審査を経て、2月に合否が発表され、めでたく
“ききがきすと第1期生”が誕生します。

この講座は実践が命。
講座の様子や、受講生が講座のなかで作成した作品(=ききがきの冊子)は、
こちらでご覧ください。
→ http://kikigakist.ryoma21.jp/article/178420778.html

すでに、次回の受講希望やお問い合わせメールもいただいています。
次回は5月開講予定です。スケジュールや詳細が決定しだい、サイトや
このメールマガジンでお知らせします。

********《会員の活動》**********************************************

◆リンク集に山本健治さんのブログ、「山本健治の平成徒然草」を掲載

新会員の山本さんが、リンク集に参加してくれました。
音楽活動などを通して、日々の思いを綴っています。ぜひ、ご覧ください。
→ http://www.ryoma21.jp/link/

リンク集には、このほかにも会員のユニークなサイトが。
あなたのサイトやブログもリンクしてみませんか
申込み・問合せは事務局まで。 info@ryoma21.jp

◆中村義さんの新シリーズエッセイ、「アメリカ生活あれこれ」掲載開始

昨年は「司馬遼太郎シリーズ」のエッセイで楽しませてくれた中村さん。
今年は、新シリーズ「アメリカ生活あれこれ」と、毎月1編の「口直しエッセイ」
を執筆してくださるそうです。

・「アメリカ生活あれこれ(その1)」
→ http://www.ryoma21.jp/member/essay/past/essay101221_02.html

・読みやすい文章とは?
→ http://www.ryoma21.jp/member/essay/past/essay101221_01.html

◆「会員のページ」を活用しよう!

Ryoma21正会員の皆様、エッセイを連載している中村さんや、
リンク集に参加された山本さんのように、あなたの思いや、活動を
Ryoma21ホームページ上でアピールしませんか。

掲載には2つの方法があります。
1.ホームページやブログを相互リンクする
2.その都度、活動内容を掲載する
「会員の活動紹介」ページ…ご自身の活動や仕事のトピックス、イベントを紹介
「しなやか広場」…エッセイや紀行文を掲載
「会員の著作」…書籍を出版されている会員の情報を掲載

申込み・問合せは事務局まで。 info@ryoma21.jp

********《入会のご案内》******************************************

◆Ryoma21に入会ご希望の方、サイト上から会員登録できます!

あなたの“やってみたい”をRyoma21で、仲間を募ってはじめてみませんか。
また、会員になると、各種セミナーの会費が会員価格で受講でき、お得です!
ご希望の方は入会のご案内をお読みになり、「登録」ボタンへおすすみください 

→ http://www.ryoma21.jp/message/member_guide/index.html

********《編集後記》**********************************************

◆今年も元気にいきましょう!

日本列島はすっぽりと寒気団に覆われて、寒い日がつづいています。
“この冬一番の冷え込み”の言葉を聞くのは何度目でしょう?
また、首都圏を中心に新型インフルエンザ患者が増加のニュースも。

体調管理に気を配り、今年も元気にいきましょう!
そして、兎さんのようにその跳躍力で、皆様にとって新たな年の展望が
ひらけますように。今年もお付き合いのほど、お願いします。

★=================================================================★

『現代の龍馬たちへ!アクティブ・シニア通信』 2011/01/12 第106号
■発行元/NPO法人『シニアわーくすRyoma21』
 http://www.ryoma21.jp/ 
 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル 
 TEL:03-5537-6790 FAX:03-5537-5281
■発行責任者/理事長 松本すみ子  ■編集者/事務局 寺坂瑞恵
■購読の登録・停止・配信先変更 http://www.ryoma21.jp
■ご意見・ご感想などのお問合せは info@ryoma21.jp
■まぐまぐID/0000080652(アクティブシニア通信) http://www.mag2.com/
 まぐまぐID/0000101693(イベント・セミナー情報)http://www.mag2.com/
このマガジンの転送は自由です。その場合は、必ず発行元、発行責任者名と
URLを記載願います。お知り合いにも、入会とご購読をおすすめください。

★=================================================================★

現代の龍馬たちへ!アクティブシニア通信

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/23
部数 709部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

現代の龍馬たちへ!アクティブシニア通信

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/23
部数 709部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング