私の16番ゲージ鉄道模型ライフ

私の16番ゲージ鉄道模型ライフ251号

カテゴリー: 2010年05月07日


 ★☆ ★☆ ★☆ ☆★ ━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 MODEL RAILROAD MAIL MAGAZINE

 私の16番ゲージ鉄道模型ライフ  Vol,251

     まぐまぐID 0000079031       2010/5/7

 ━━━━━━━━━━━━━━━━ ★☆ ☆★ ★☆ ☆★


     ★ 今週号の主なテーマは? ★

都合で、お届けが一週間遅くなりお待たせしてしまいまし
た。予告通り今回は先日行われた第7回鉄道模型市のお話
になります。成果の方はすでにHPに出しておりますが、
合わせてご覧下さい。
ではどのような模型市だったでしょうか。

今回から読者になられた皆様、どうもありがとうございま
す。お楽しみ下さい。

       ● 早めの「出陣」! ●

スワップミートから模型市に変わって今年で7回目だそう
で早いものですね。
その間、開催時期が12月から3月、4月と変わりました。

昨年は暑さで入場前の列がいつもの会場前の階段では耐え
がたいということで、急遽列の並びを変更するということ
もありました。今回は昨年ほど暑くもなく、何とか階段で
も無事に?過ごせたようです。
また、模型市の帰りはどうしても荷物が多くなりますが、
雨が降ったという記憶がありません。今回も晴天に恵まれ
ました。

さて私は、毎回開場1時間ほど前から並ぶのですが、今回
は少々早めに出かけました。胸騒ぎがしたというわけでは
ないのですが、早めに起床したため、家で時間調整して出
かけるよりは現地で待とうと思ったのです。

最寄り浜松町駅で降りると、いつもと違い「その筋」と思
われる方は少なかったです。真っ直ぐ開催場所入りし4階
に上がります。
毎年階段に並ぶのですが、今回はぎりぎりで4階フロアに
留まることができました。毎回書きますが、模型市は必ず
しも早く入場するほうが良いとは限りません。

さすがに、有料時間を過ぎた時間は何とも言えませんが、
11時入場でしたら列の後方でも十分チャンスがあります。
出展者の方も11時までに品物を出し切れていない場合も
あるので、同じお店でも何度も見ていると新しい品が追加
になったということがかなりの確率であります。
というわけで、いつもように開場前に入場証を販売に来ま
したので1,000円也を払い、首に下げると準備万端整
いました。

      ● いよいよ会場内へ! ●

11時になり列が動き出します。実は毎回待っている時間
は結構長く感じるのですが、今回はたまたますぐ近くに読
者の方がいらして、お話しできたということで、あまり長
く感じなかったのは幸いでした。

さて会場内に入ります。ざっと見渡したところ、昨年と同
じテーブル配置のようです。
入ってすぐに真っ直ぐか左に折れるか迷うのですが、今年
はストレートに窓側目指して進みます。

両サイドは殆ど面白い品はありませんでした。若干16番
を置いているところもありましたが、欲しい品は無かった
です。
毎年目立つ、高い棚を作って品物を並べているおじさんは
ここに居ました。よく考えたもので人が多くても棚が高い
ので後ろからでも良く見えるんですよね。

窓際コーナーのお店に天賞堂DF50が置いてありました。
まだ値段付けの最中でしたが25,000円とのこと。昨
年HPに出した2代目なのでこの値段はぎりぎりです。し
なの製DFもありましたが、こちらもこの調子では2万程
度はしそうだったのでパスします。

その隣、やはり天賞堂製品のMV8時代ものを並べたとこ
ろがありましたが、ここもやや高めなのでパスです。カツ
ミEF66などは18,000円とそれほど高くはなかっ
たのですが。

     ● 値段を見間違える!? ●

ここから窓際に沿って結構16番を置いているお店が並ん
でいました。パーツなどもありそうなので、後でまた来る
ことにします。
カワイ製と思われるクモユニ81があり、2,100円と
値札が見えたので「おっ」と思いましたが、良く見ると、
21,000円の間違いでした。字が小さいので見えなか
ったというわけです。これは高いですね。

窓際の比較的奥側に模型社キハ58とカツミキシ80のボ
ディーを置いているところがありました。キシは初期のタ
イプで1,000円、キハ58は床下も付いて1,500
円でした。部品取りに使えそうなので買うことにし、ご家
族で参加という感じで奥様のような方にお願いして無事購
入、まずは買い物1号となりました。

その隣くらいではテーブル上に綺麗な模型社の箱が置いて
あります。箱はまったく色褪せてなく非常に状態が良いで
す。
蓋が開いていて、キハ20とキハユニ26が入っていまし
た。15,000円位だったのですが、迷うことなく買う
ことにします。1,000円引きにして頂けました。

これはキハユニが欲しかったのですが、あまり状態が良く
なく1両7,000円は少々高いかもしれません。しかし
綺麗な模型社の箱というだけで欲しくなってしまうのです
から困ったものです。

その後、付きあたりを曲がり窓側から内側への通路を見て
みます。まだ入場が続いているようで、それほど人も多く
なく楽に見られます。奥までお客さんが来ないで入口付近
で停滞しているのでしょう。早く見るなら、先に一目散に
奥に入るという手もあります。

壁側は主に外国型やナロー関係が多かったようですが、こ
のようなところも16番車両が見つかる場合もあるので良
く見ます。
模型社キハユニを買ったお店の先、窓際コーナーのお店に
あるビニールに入った品物が臭いと目星を付けます。以前
安く宮沢C57のボディーを買ったのもここだったので、
何かありそうです。

この通路反対側にも16番関係が並んでいました。ホーワ
10系客車などが目に付いたお店では、つぼみセムが見つ
かりました。その他にパーツ数点を購入して「いくらです
か?」とお訪ねすると1,000円位だったと思います。
セムも部品取り用に確保しました。

奥の通路を真っ直ぐ行くと付き当たりにタクトワンの書籍
が目に付きます。相変わらず旧版を安く売っているようで
した。

     ● つぼみB凸にぞっこん! ●

さてこの場所一体ですが、昨年もNさんのお店があったの
ですが、今年も同じ場所にお店を出していました。私好み
の古い製品が一杯ですが、今回は模型社ED16を購入し
ました。色合いが濃い茶色でちょっと渋い感じです。
元箱ではないということですが、模型社の箱に入っていま
した。台枠がプレス製の比較的初期のタイプです。15,
000円也はお買い得だと思います。

他に、やはり模型社キハ10もあったのですが、未塗装品
ということでパスしました。別の方の情報では、何と模型
社EF58のお召仕様のものがあったそうです。

このすぐお隣も古い模型で溢れています。まず目に付いた
のがつぼみBタンクのナローゲージ仕様のものです。外側
台枠が特徴なのですぐそれとわかりました。もちろん売っ
ているのを見たのは初めてです。海外ブランドであるKe
n Kidderの箱に入っていたので逆輸入品でしょう。
これは欲しいです!目の色が変わりました。

ところが、すぐ近くに同じ逆輸入品と思われる、メーカー
も同じつぼみ初期製品のB凸があったのです。これが黒の
塗装が実に綺麗で、この塗装に惹かれてしまいました。
同じ2万円だったのですが、両方というわけにもゆかず、
今回はB凸をお買い上げ、となりました。

買ってお店を離れようとすると「こんなのもあるよ」とい
うことで見せて頂いたのが、またもつぼみ、初期のBディ
ーゼルでした。値段は3万円を超えるということでしたが、
未塗装品ということもあり、正直B凸のほうが魅力的でし
た。

この先は中央の通路に行くか、まっすぐ進んで出口方面に
向かうかですが、まっすぐ進んでみました。

      ● EF30でも迷い ●

右手のほうに外国型主体のお店がありましたが、天賞堂E
F30、それも初期製の写真入り元箱が混じっているのが
見えました。30,000円のお値段が付いていますが、
またもや箱が実に綺麗です。

中を見せてもらうと箱同様、大変綺麗な初期のテールが点
灯する時代の品が入っていました。パンタが何故か後年の
天賞堂製PS16に交換されていて実に惜しいのですが、
他は完璧と言って良いほど状態が良いものでした。しかし、
ここで3万は少々高いな、と思いパスしました。

お客さんも会場に殆ど入ったようで、入口付近は人が途切
れていました。会場入ってすぐは、さかつうのお店のよう
ですが、ここも要注意で外国型主体かと思うと16番もあ
るので良く見ましょう。

ここでは珍しいと思うのですが、Ken Kidderブ
ランドのカワイ製73系2両セットがありました。未塗装
状態でクモハ、クハで2万円です。
床下を見るとメイドインジャパンのプレート見え、面白い
とは思ったのですが、見送りました。

気軽に買える品ということで、マイクロキャストのプラ製
DD13があり、これも面白いのですが、未塗装でバラけ
たものが5,000円で出ていました。パーツなど余分に
入っているようでしたが、すぐ後ろに元箱入りの完成品が
同じ5,000円であったので、これも部品取りに買いま
した。

      ● Bトレ、Nは大盛況 ●

さて中央に1本通路があるのですが、ここは片側大半がB
トレやNのお店で大盛況でした。
模型市は、N関係が比較的少ないということもあり、お客
さんが集中するのでしょう。この通路にも16番関係を扱
うお店もあったのですが、これ、という品が無く買い物は
していません。

ひととおり回ったのでパーツ関係を中心に探してみます。
まず窓際の通路で台車2点を買います。いずれもDT22
でエンドウ製と模型社製です。

その他は、どうもこれといったものがありません。全部出
し切れないということで、リストを作ってきたお店もあっ
たのですが、なかなか見てみようとは思いません。
やはり並べて視覚に訴えた方がこのような場所では有利で
しょう。

気が付かなかったのですが、この窓側通路で天賞堂顧問の
波多野さんがお店を出していました。主に外国型ですが、
ちょうどしなの製ED18のキットを出しているところで
した。8,000円のお値段で、またまた箱が非常に綺麗
です。
基本的には箱が綺麗な品は中身もそれなりなので注目です
し、顔なじみということでお安くしてもらえそうでしたが、
どう考えても作りそうになくパスしました。

先ほど模型社キハユニを買ったお店なども、目ぼしい品は
売れたようで横目で見ながら窓際コーナーに進みます。
例の怪しい?お店です。ビニール袋を早速見ると珊瑚製9
600上回りが5,000円という値段で出ていました。
これも部品取りには絶好なので早速仕入れました。

その他カワイ製と思われるC59機関車下回りなど安く出
ていました。ビニールの透明度が悪く中が良く見えないと
いうこともあるのですが、お買い得でした。

       ● 何とか予算内に ●

ここまでで会場内を数回廻ったわけですが、様子も掴めて
きたので、会場を出るか留まるか考えました。
そこで引っ掛かったのがBタンクとEF30です。さすが
に両方買うわけに行かず、どちらか一方ということで、だ
いぶ迷った結果EF30という決断を下しました。

Bタンクは確かに珍しいのですが、ナローという点でEF
30に軍配が上がったというわけです。

もう一度そのお店に行くとまだありました。値切ってみよ
うと「安くなりませんか」と相談したところ、1割引きの
27,000円で良いというので助かりました。言ってみ
るものです。
ここでTCCのKさんと出会い、特に買い物もないという
ことなので会場を後にしました。

結局、当初予算の10万円をやや下回る9万円程度の買い
物で今年は終了しました。
全体的な印象は、まずお店の数が少なくなったかな?とい
うものですが、実際はそうでもなかったようです。
使った金額も、自分の予想よりは多かったので、そういう
意味では盛況と言えそうです。

一部で蒸機は少ないという声もありましたが、ある程度機
種などを絞り込むと、対象品を置いているお店も、自ずか
ら少なくなるので「目ぼしいものが無かった」という結果
になりそうです。

最近の傾向で、数年前まで見られた「激安」物件は確かに
姿を消したようなので、このような値段で勝負というよう
な買い物も難しくなったと言えそうです。

しかし、一般の中古店では値切って買うことは基本的に出
来ないわけで、そういう意味では「交換会」の精神は生き
ていそうです。

さて、同じように参加された皆さん、成果はいかがだった
でしょうか?今年の「楽しい」模型市でした。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



     ★ マイ ウィークエンド ★
 
週末工作モデラーとして、毎回の工作内容の他、自分自身
の記録として書かせて頂いているコーナーです。

 4/10、11
編成で安く出ていたカツミ製581系の再生作業を行いま
した。すでに581系は昔から手元にある品なのですが、
一部は痛んでいるものもあるということで、再生とは言う
ものの、どちらかというとパーツの入れ替え作業となりま
した。
主な作業は、外れた窓ガラス取り付け、床下機器交換(ダ
イカスト一体から個別にパーツが付いた初期のものへ)
台車交換、全般的清掃作業などです。このうち入手したも
のは初期製品が多かったので、手持ち品と車体ごと交換な
ども行っています。
さらにサシ581は、初期車は妻面のテールライトが挽き
物パーツが付く品だったので、これはそのままにし手持ち
の品を含め2両になりました。

 4/16、17、18
16日は581系で残ったモハネ580の再生作業です。
こちらも古くからある手持ち品に部品供出という感じで、
パーツ交換が主です。
1Mにしてあったものを2Mに復元し、車体のハンダ外れ
など修理を行いました。
部品を外したものも、一応元のように組み立てを行いまし
たが、意外と時間が掛かりました。

17日は出勤日、18日はエンドウ製DD13の再生を行
いました。こちらはHPでご紹介済みです。主に下回りの
再生ですが、デッキ手すりが大半失われていたので、これ
の復元が中心です。

意外だったのが床下の燃料タンク兼用のウェイトです。モ
ーターを床に落とし込むような構造ですが、このウェイト
に前後の向きがあり、反対側に取り付けるとモーターが当
たって取り付け出来ませんでした。

塗装もかなり痛んでいましたが、簡単な修正塗りでまずま
ず見られるようになったので助かりました。

また画像なしですが、HPでご紹介しているトビー製67
60の再生も行いました。接着剤で固定されていたパーツ
などもありハンダ付けを行いましたが、一番の問題は車体
をかぶせるとショートして動かないのです。
ボイラー内にモーターが当たっていると思われるのですが、
どこか不明のままです。次回の課題になりました。

  4/24、25
24日は秩父の羊山公園まで芝桜を見に行きました。ここ
のところ電車内の広告モニターテレビにも登場し、どのよ
うなところか興味ありました。
行き帰りは八王子から八高線、東飯能乗り換えで西武線で
す。西武秩父線は以前にも乗車したことがあるのですが、
改めて車窓を眺めると、古い町並みが残り、とても埼玉県
とは思えないほどのんびりした様子に驚きました。
25日は会社関係の用事で外出し、工作なしです。

  4/29
模型市に出かけました。本文参照です。会場を出た後、浜
松町でKさんと食事し、帰宅は2時過ぎくらいでした。

  5/1~5
5月の連休になりましたが、大半は家におりました。工作
のほうは画像なしですが、先日の天賞堂売り出しと、模型
市で入手した品などを修理再生しておりました。
エンドウ製EF81、カツミEF60、模型社キハ20、
カツミD62、そしてトビー6760などです。
模型市で購入したキハユニ26とEF30も多少手を掛け
ました。

前回からの課題であった6760は、結局モーターがボイ
ラー内に接触しているのではなく、ドローバーからの配線
がキャブ下側に当たってのショートでした。ようやく走行
可能状態になりほっとしています。

5日は午後からムトーネットに出かけました。


「マイウィークエンド」は、私のHP上でもご覧になれま
す。工作の都度アップしていますので、トップページの、
更新情報からどうぞ。
    
    ■ ┃編┃集┃者┃の┃日┃記┃ ■
              
今回も聞いたこと感じたことなど気ままに綴ってゆきます。

          4月XX日
何度目かの予告つき天賞堂売り出し日。時間が取れたので
行ってみた。店内は狭いので2階くらいまで行列か?と思
ったらそうでもなく3階売り場からだった。

列に並んだのだが、なかなか進まない。テーマパークのア
トラクション行列ではないのだが、少しずつでも進んでい
ると気が紛れる。
なかなか進まないのはお店に入ってわかった。1回に10
人くらいを入れており、その人たちの持ち時間が10分と
いうことなので、10分おきでないと行列が動かないのだ。

結局1時間近く待ってようやく店内へ。待った甲斐あって
私好みの少々痛んだ品が安く手に入った。またこのような
機会があると思うが、1時間待ちはやはり辛いものがある。
次回はどうしようか思案中。


          4月XX日
西武秩父線に東飯能からの乗車。来る車両は通勤型の電車
だろうと予想していたら4000系が来た。ご存知のよう
にクロスシートの座席ということで車窓を眺めるには好適。
こんな車両を使っているなんて全然知らなかった。なかな
かサービスが良いと感心。

ところで東飯能というと、その昔電化前に来たことがあっ
た。当時は西武線と連絡とはいえ典型的なローカル駅で、
蒸機時代の名残か駅端に給水タンクもあった。

今回下車してみると、さすがにまだ都会的とは言えないが、
それでも駅舎のあった場所には大きな駅ビルが出来、見違
えるようだ。日帰りの「小さな旅」だが発見多数で満足。

          5月XX日
剥離剤でいつものように塗装剥離作業を行う。あらかた塗
料が落ちたので、水洗いのため洗面台で水洗いする。
いつもは何と言うことのない行程だが、水を掛けた途端に、
なにやら異様な臭気に襲われた。

水と反応したのかとも思うが、こんなことは初めてだ。剥
離作業中は、よく換気を十分にという話は聞くが、本当に
これは注意した方が良いと改めて感じてしまった。
強力な剥離剤ほどこのような現象が起こるだろうし、皆さ
んも十分注意して欲しい。

          5月XX日
今回のマガジンは作成するのに苦労した。またかと言われ
そうだが、いつも家での作成はしていないので、どうも感
じが違うのだ。

通常だと昼休みや帰宅途中など家にいる以外の時間で作成
している。ところが模型市が終わってからは30日が平日
だったが、それ以外はほとんど休日だったため、どうして
も作成は家で行うことになる。
家にいると、工作以外にもテレビを見たくなったり、昼寝
してみたりでなかなかPCで文章作成と行かないのだ。

そんなわけで今回は眠さと戦いながら?作成した1本。味
わって読んで欲しい?!

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


        ● 次号予告 ●

次号は5月28日発行となります。内容は未定、お楽しみ
に。


    ★本誌ホームページをご覧下さい★

私のホームページ、アクセスも多数頂きありがとうござい
ます。アドレスはこちら。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/tetumo16/

   ★★ お便りをお待ちしています ★★

最近こんな模型買いました、などというお話や、模型店情
報、中古模型再生工作についてのお問い合わせ、また個人
的なお便りなど内容は問いません。お気軽にどうぞ。
お便り等は、Kuhane58@js8.so-net.ne.jpまで。
ご意見、ご希望、お問い合わせもお待ちしております。

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
発行者 林 信之でした。

新しい読者の皆様、バックナンバーもご覧下さい。
バックナンバーと解除は、まぐまぐさんのページ
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000079031 

からどうぞ。解除と登録は基本的にお手数様ですが、
読者の皆さんでお願いいたします。       
--------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000079031)
--------------------------------------------------------







ついでに読みたい

私の16番ゲージ鉄道模型ライフ

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/02/08 部数:  545部

他のメルマガを読む