放課後~小泉周二の詩と散文~

放課後~小泉周二の詩と散文~

カテゴリー: 2019年03月06日
パートナー

あなたがいるから
私は私の知らない大切なことに気づく
私がいるから
あなたはあなたの知らない大切なことに気づく


周ちゃんどえーす!
 キンカンの鉢植えを買ってきて、実っている実を数個はちみつ漬けにしました。
 二月九日と十日、阿字ヶ浦のホテル浜田館で「鮟鱇鍋を食べる会」を催しました。
二年前にも詩の同人誌「みみずく」の会員を中心に東京方面から四人の仲間を招いて行いましたが、今回は童話
作家や研究者も交えて総勢八人が参加してくれました。
 九日の三時過ぎにひたちなか海浜鉄道湊線の阿字ヶ浦駅に皆さん到着。
妻と美空と出迎え、旅館にチェックインした後、近くの温泉施設に向かいました。
この日は、関東地方に大雪の予報が出ていました。
こちらは海沿いなので、あまり雪は降りません。
それで、東京方面からの電車に雪の影響はないか心配していたのですが、それは大丈夫。
むしろ、こちらの方が雪が多く降ったようで砂浜に雪が積もるという珍しい景色を見ることができました。
 温泉の露天風呂に細かい雪を浴びながら入るというこの辺ではめったにないことも体験しました。
 温泉から帰って、鮟鱇鍋パーティー。
鮟鱇が苦手という人もいなくて、皆さん、おいしいと言って食べてくれました。
美空は鮟鱇があまり食べられないので特製の大型カレイの煮つけを食べていました。
お酒も進んで皆さん上機嫌になったところで、お部屋を代えて語り、歌う会になりました。
めったに聞けないお話や歌で盛り上がりました。
 美空は浜田館のお子さんで今度一年生になるK君と遊んでいました。

 翌日は、都合で早く帰ることになったFさんを見送ってから、皆さんの希望で、那珂湊にある「お魚市場」で
買い物ということになりました。
一時間のフリータイムで、それぞれが思い思いの海産物を買いました。
 お昼も市場の中のお店で食べました。
浜田館の朝ごはんが豪華でボリュームがあったので、「まだお腹空かないねえ」と言いながら、皆さん、海の幸
に舌鼓を打っていたようでした。
 那珂湊駅まで歩いて、そこでお見送りをしました。
また来年もということで、笑顔で手を振りました。
いつも浜田館の皆さんにはわがままを聞いてもらってありがたく思っています。
これを読んでいる皆さんで、のんびり海を見たいなあと思った時にはぜひご連絡ください。
いっしょにゆったりした時間を過ごしましょう。
 最近、美空ネタが少なくて、読みたいと思っている方がいられるかもしれませんが、大きくなってきた美空、
「僕の許可なく書かないでね」と言うようになりました。
ネタはけっこうあるんですけどね。
許可が出ません。
こっそり書いてしまおうかとも思ったのですが、それは本人の名誉のためにやらないことにしました。

これまでとは違った形で登場してくると思いますので、そちらにご期待ください。



********

●新刊情報

2018年 2月
ミニ詩集「日曜日」ができました。
欲しいかたは直接、小泉さんにご連絡ください。
(小泉さん直通メールアドレス)
shu-izmi@theia.ocn.ne.jp

2017年 2月
岩崎書店から、絵本「朝の歌」が出版されました。
詩と文 小泉周二 、イラスト 市居みか
教科書に出てくる詩シリーズの中の一冊です。
定価 1800円+税



たんぽぽ出版から「子どもといっしょに読みたいいのちをみつめる詩」(水内喜久生編)
というアンソロジーが出版されています。





●ライブ情報


小泉周二は出前ライブをいたします
ご希望があれば全国どこへでも出かけて行きます。お客さんはお一人様から何人
でも。
できれば気楽な雰囲気のところがいいですね。メールで連絡してください。

●メールマガジン放課後2

2005年3月24日から 2009年4月2日までをまとめた「手をつないでメールマガジン
放課後2」が
日本出版制作センターから
出版されました。(定価1500円)
お問い合わせは日本出版制作センター(電話 03-3234-6901)か直接小泉までお
願いします。



●07年4月に刊行された『一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある』に
小泉さんの詩が収録されています。
詩人やミュージシャンによる詩のアンソロジーです。
そうそうたる顔ぶれの中に、なぜか小泉さんの詩も・・・
PHP研究所発行 定価1200円


●既刊の詩集

『小さな人よ』
四季の森社 本体1200円+税。
2010年に出版されました。小泉さんが50歳から60歳までの間に書いた詩を集めています。奥さまとの出会いや、美空くん誕生など色々なことがあった怒濤の10年間の作品です。
『メールマガジン放課後』
このメールマガジンをまとめた本「メールマガジン放課後」が日本出版
制作センターから出版されました。定価1200円です。
書店の注文でお求めいただけます。
ISBN4-902769-05-0
現代児童文学少年詩文庫9『小泉周二詩集』(株式会社いしずえ)1200円
小泉周二の全貌が分かる一冊です。
詩人の津坂治夫氏、菊永謙氏、児童文学者の藤田のぼる氏による小泉周二詩論も
収載されています。

『海』(杉山信子・絵 かど創房 1200円)『こもりうた』(深沢省三・絵
銀の鈴社 1000円)『誕生日の朝』(西真里子・絵 銀の鈴社 1200円)
『太陽へ』(佐藤平八・絵 銀の鈴社 1200円)『放課後』(株式会社
いしずえ 1300円)
書店でお問い合わせください。

『誕生日・おめでとう〜BIRTHDAY〜』
辻友紀子さんのイラストつき。(銀の鈴社 定価1000円)
http://www.yuchan.net/yuchan/milk/hanataba_vol2/tanjyoubi.html 

セカンドアルバム『おめでとうのうた』
収録曲:あいうえおの歌 たんぽぽのように どうして 湊中フォーエバー か
なしい歌
笑顔 旅の歌 星の歌 おめでとうの歌 春はウキウキ
定価1200円
お申し込みは、直接小泉さんまでメールください。

##### ただいまの読者数194人! #####
ご要望・手続きに関するメールはこちらへ
pipitokosa@yahoo.co.jp(発行責任者 濱)


ファンレターはこちらへ(小泉さん直通)
shu-izmi@theia.ocn.ne.jp

************************************** houkago 745






放課後~小泉周二の詩と散文~

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/06 部数:  173部

ついでに読みたい

放課後~小泉周二の詩と散文~

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/06 部数:  173部

他のメルマガを読む