インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】

◆i哲学067◆【オリコン訴訟3】インターネットを活用した個人が大企業に勝訴


カテゴリー: 2010年01月31日
l■■■■■■■■■■■■■■■■■@■■■■■■■■■■■■■■■■■l

   インターネット哲学【ネット社会の謎を解く】 No.067
             2010.1.31. 諸野脇正@インターネット哲学者

l■■■■■■■■■■■■■■■■■@■■■■■■■■■■■■■■■■■l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 【オリコン訴訟3】インターネットを活用した個人が大企業に勝訴

                    諸野脇 正@インターネット哲学者 
                  【e-Mail】 ts@irev.org
                  【Web Site】 http://www.irev.org
                  【Blog】   http://shonowaki.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 個人が大企業に勝訴

 オリコン訴訟は、初めてのインターネット裁判だった。
 大企業を相手に個人がインターネットを武器に戦ったのである。
 詳しくは次の文章を読んでいただきたい。
 
  ● インターネットはオリコンを倒せるか
   http://www.irev.org/shakai/oricon-net.htm
 
 この初めてのインターネット裁判で、烏賀陽弘道氏がオリコンに勝訴した。
 オリコンが「請求の放棄」をおこなったのである。「請求の放棄」とは自ら敗
訴を認めることである。オリコンは自爆したのである。(注1)
 つまり、初めてのインターネット裁判で烏賀陽弘道氏が勝訴したのである。大
企業ではなく、個人が勝訴したのである。インターネットを武器にした個人が勝
訴したのである。
 これは画期的なことである。
 そして、インターネットにとって喜ばしいことである。
 
 
■ 個人だけを訴えていいならば、次はブロガーが訴えられる
 
 先の文章で私は次のように書いた。
 
  オリコンの行為は、インターネットに対する脅威である。
  だから、インターネットはオリコンを倒さなくてはいけない。
  そして、インターネットはオリコンを倒せるはずなのである。

 なぜ、オリコンの行為はインターネットに対する脅威なのか。
 オリコンがブロガーを訴える可能性があるからである。インターネット上の情
報発信の脅威になる可能性があるからである。
 オリコンは、烏賀陽弘道氏個人に五千万円もの高額名誉毀損訴訟を起こした。
個人だけを訴える高額訴訟をためらわなかった。
 個人だけを訴えていいならば、次に狙われるのはインターネットである。ブロ
ガーである。(注2)
 インターネットこそ、個人が単独で情報を発信しているメディアであるからで
ある。
 
 例えば、私はブログ・ホームページでオリコンの行為を厳しく批判している。
また、影響力も大きい。
 グーグルを検索すると私の文章が一位になっている。
 
 
  「オリコン訴訟」〔一行文字数の制限で改行が入ってしまっています。直接入力して見て下さい。〕
   http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=
1T4GGLD_jaJP311JP311&q=%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e8%a8%b4%e8%a8%9f
 
  「小池恒」(オリコン社長)
  http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLD_jaJP311JP311&q=%e5%b0%8f%e6%b1%a0%e6%81%92
 
  「笹浪雅義」(オリコン側弁護士)
   http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLD_jaJP311JP311&q=%e7%ac%b9%e6%b5%aa%e9%9b%85%e7%be%a9

 
 オリコンは個人を訴えるのを躊躇しないのだから、私が五千万円訴訟を起こさ
れても不思議はなかった。
 
 
■ オリコンはネット上の「強姦魔」になりかねなかった
 
 しかも、私は、私がインターネットで批判をした事実をオリコンにメールで伝
えているのである。
 正々堂々と行動したかったのである。(批判したらその事実を相手に伝えるの
が学問の世界の常識である。)
 しかし、よく考えると相手は普通の相手ではない。
 
  強姦魔に自分の住所を教えるようものである。(苦笑)
 
 私が五千万円訴訟で「強姦」されても不思議はなかった。
 私以外の多くの人もインターネットでオリコンの行為を批判した。そのような
人は皆、SLAPP(口封じ訴訟)を起こされても不思議はなかった。
 オリコンは、個人だけを対象に高額訴訟を起こした。それならば、インターネ
ット上の情報発信に対しても、高額訴訟を起こす可能性がある。
 つまり、オリコンはインターネットに対する脅威なのである。


■ オリコンは「ネット上の批判」に負けた

 だから、インターネットはオリコンは倒さなくてはならなかった。
 そして、見事にオリコンを倒したのである。
 オリコンは一審で勝訴したにもかかわらず、「請求の放棄」をおこなった。つ
まり、自ら敗訴を認めたのである。自爆したのである。無惨な負けである。
 インターネットがオリコンを倒したのである。「高裁協議」の様子からオリコ
ンが、なぜ自爆したのかを見てみよう。その内容を烏賀陽弘道氏自身が詳しく報
告している。(注3)
 
  黒津裁判官「TBSの取材がオリコンに入ったそうだ。ネット上でも取り上
 げられているし、収束したほうがいいという判断にオリコンは傾いている。
……〔略〕……」
  黒津裁判官「〔オリコンは〕ネット上の批判も強くなってきたので、矛を収
 めたい」
 
 オリコンは「ネット上の批判」に気にして、裁判を止めたのである。これ以上
「批判」が「強くな」るより、敗訴を認めた方が得策だと「判断」したのである。
 これは〈企業が「ネット上の批判」を気にして裁判を止める「判断」をした〉
初めての事例であろう。「ネット上の批判」が企業を倒した初めての事例であろ
う。


■ 世界は烏賀陽弘道氏にお礼を言うべきである

 初めてのインターネット裁判でインターネットが勝利した。インターネットを
活用した個人が勝利したのである。
 
  私達は、烏賀陽弘道氏にお礼を言わなくてはならない。
 
 誰もが、SLAPP(口封じ訴訟)と戦い抜くことが出来る訳ではない。
 やはり、訴訟を続けるは苦しいのである。訴訟に多くの時間を取られ、実質的
に無収入に近い状況に追いつめられるのである。
 その苦しい時、相手は次のようなことを言ってくるのである。
 
  一言謝れば、提訴は取り下げる。
 
 「悪魔の誘い」である。一言謝るだけで楽になれるのである。
 このような状況で耐えられる人は少ない。
 自分だけの損得ならば、その条件を飲んだ方が得かもしれない。
 しかし、烏賀陽弘道氏は、最後まで戦い抜いてオリコンを敗訴に追い込んだの
である。SLAPP(口封じ訴訟)が成功する前例を作らせないためである。烏
賀陽弘道氏は、自覚的にオリコン訴訟をSLAPPと位置づけた。自覚的に言論
の自由を守るために戦ったのである。(注4)
 世界は烏賀陽弘道氏にお礼を言うべきである。
 また、インターネットは烏賀陽弘道氏にお礼を言うべきである。
 ブロガーは烏賀陽弘道氏にお礼を言うべきである。
 
  烏賀陽弘道氏は、言論の自由を守るだけでなく、インターネットをも守った
 のである。
 
 烏賀陽弘道氏は、インターネット上の個人の情報発信を守ったのである。
 

■ これでオリコンもブロガーを訴えると何が起こるか分かっただろう

 烏賀陽弘道氏のおかげで私達ブロガーはオリコンから五千万円訴訟を起こされ
ずに済んだのである。(苦笑)
 個人を狙いうちにしたSLAPP(口封じ訴訟)が大きな「ネット上の批判」
を引き起こすことをオリコンは理解したであろう。
 もし、オリコンがブロガーに対して高額訴訟を起こしたら、大きな「ネット上
の批判」が起こるであろう。
 オリコンもブロガーを訴えるリスクをこれで理解したであろう。SLAPP
(口封じ訴訟)のリスクをこれで理解したであろう。
 オリコンの事例を見ていた他の企業も同様に理解したであろう。オリコンの敗
訴は、SLAPP(口封じ訴訟)を起こそうと考えていた企業に対する大きな警
告になったであろう。
 

■ インターネットが個人に大企業と対等に戦える力を与えた

 日本初のインターネット裁判の結果は、インターネットを活用した個人の勝訴
であった。(注5)
 個人がインターネットを活用することで、大企業と対等に戦えるようになった
のである。
 こう考えると分かり易いであろう。
 
  もし、インターネットが無い状態で、オリコン訴訟が起こったらどうなった
 か。

 たぶん、我々はオリコン訴訟の存在すら知らなかっただろう。
 マスメディアは、この訴訟の危険性をほとんど報道しなかった。このSLAP
P(口封じ訴訟)の危険性をほとんど報道しなかった。
 インターネットが無ければ、オリコンを厳しく批判する文章が多く発表される
ことはなかったであろう。オリコンに不利な証言が多く出てくることもなかった
であろう。
 インターネットによって、それらは多くの人の知るところとなったのである。
 
  インターネットが個人に大企業に対抗できる力を与えた。
  
 まずは、この事実を喜ぼう。
 我々は、楽しい時代に生きているのだ。
 

(注1)

 次の文章を参照のこと。
 
  ● 【オリコン訴訟】烏賀陽弘道氏の勝訴で終結 ――オリコン(小池恒社
長)が自爆せざるを得なかった理由
   http://shonowaki.net/2009/08/post_76.html
 
 
(注2)
 
 この論点は、横山哲也氏が次の文章で論じている。
 
  ● ブログのリスク 
   http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20080508/300931/


(注3)

 烏賀陽弘道氏の「高裁協議」を具体的な報告している。
 裁判での「協議」の内容が公開されることはほとんどない。非常に貴重な報告
である。
 引用部分は次の文章にある。
   
  ● 10.高裁協議詳報/オリコン「もう裁判やめたい」「負けてもいい」
   http://ugaya.com/column/091009kaisetsu10_kyogi2.html
   
 「高裁協議」の全体像を理解するためには次の文章もお読みいただきたい。
 
  ● 9.高裁協議の詳細公開/オリコン敗訴宣言は烏賀陽の要求に屈した結果
   http://ugaya.com/column/0911169kaisetsu9_kyougi1.html
 
 
(注4)

 烏賀陽弘道氏は、早い段階からオリコン訴訟をSLAPPと位置づけている。
 
   http://ugaya.com/column/070217beginners2.html
   
 「『言論・表現・報道の自由』への挑戦状」と位置づけている。
 

(注5)

 インターネットが烏賀陽弘道氏を救い、烏賀陽弘道氏がインターネットを救っ
た。
 美しい構造である。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 メールマガジン インターネット哲学【ネット社会の謎を解く】067号
  登録・解除・バックナンバー閲覧は次のページから。
  http://www.irev.org/file/touroku.htm
  この文章は、転送、転載、烏賀陽氏へのお礼、大歓迎です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


────────────────────────────────────
● 年に二度は出していただけると……
────────────────────────────────────

 次のようなメールをいただきました。
 
  「年に二度は出していただけると、うれしいです」
 
 すみません。すみません。
 今年はがんばります。
 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】(週刊を目指して) ◆

  転載、転送、研修などでの利用、大歓迎です。

 【筆者】     諸野脇 正 (しょのわき ただし)
 【e-Mail】  ts@irev.org
 【Web Site】  http://www.irev.org/
 【Blog】    http://shonowaki.net/
 【登録・解除】 http://www.irev.org/file/touroku.htm

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは,インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ ) マガジンID 75412
-----------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】

RSSを登録する
発行周期 週刊(を目指して不定期刊)
最新号 2014/12/30
部数 589部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】

RSSを登録する
発行周期 週刊(を目指して不定期刊)
最新号 2014/12/30
部数 589部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング