インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】

◆i哲学062◆なぜ、公職選挙法違反で逮捕してもらえないのでしょうか(苦笑)


カテゴリー: 2007年10月11日
l■■■■■■■■■■■■■■■■■@■■■■■■■■■■■■■■■■■l

   インターネット哲学【ネット社会の謎を解く】 No.062
             2007.10.11. 諸野脇正@インターネット哲学者

l■■■■■■■■■■■■■■■■■@■■■■■■■■■■■■■■■■■l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● なぜ、公職選挙法違反で逮捕してもらえないのでしょうか(苦笑)

                    諸野脇 正@インターネット哲学者 
                  【e-Mail】 ts@irev.org
                  【Web Site】 http://www.irev.org/
                  【Blog】   http://shonowaki.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 私の文章が、ついにグーグルで一位に

 グーグルで「公職選挙法 インターネット」を検索する。
 
  http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls
=GGLD,GGLD:2005-15,GGLD:ja&q=%e5%85%ac%e8%81%b7%e9%81%b8%e6%8c%99%e6%b3%
95%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88
 (文字数制限のため不要な改行が入っています。削除してクリックしてください。)

 私の文章が、一番最初に出てくる。(2007.10.11.現在)
 次の文章である。
 
  ● インターネット選挙は公職選挙法違反か
               −−「馬」は「自動車」か
   http://www.irev.org/shakai/isenkyo2.htm
 
 総務省の見解より、それを批判する私の見解の方が上位に表示されているので
ある。
 負けを認めよ。総務省。(笑)


■ ブログで候補者への投票を呼びかけると公職選挙法違反?

 もちろん、グーグルの順位で、その見解の正否が決まる訳ではない。
 しかし、私の文章が非常に目立っているのは間違いない。定番的文章になって
いるのは間違いない。
 それにも関わらず、総務省はこの明瞭な批判を無視し続けている。
 そして、さらに奇っ怪な解釈を始めている。
 総務省の解釈によると、ブログで特定候補者への投票を呼びかけると公職選挙
法違反になるそうである。(苦笑)
 
  ● ブログ規制は民主主義の否定
   http://shonowaki.net/2007/07/post_17.html
  
 そのような奇っ怪な解釈をする前に、私の批判にきちんと応えて欲しい。既に、
インターネット上の選挙活動は禁止されていないことを詳しく論じたのだ。
 だめ押しとして、この総務省の奇っ怪な解釈を次の文章で批判した。
 
  ● 【戸田書簡への返信】 ブログで特定候補を応援するのが民主主義なのだ
   http://shonowaki.net/2007/07/post_20.html
  
 もちろん、ブログで特定候補を応援することは禁止されていない。禁止されて
いるとすれば、民主主義を否定する悪法である。直ぐに改正しなくてはならない。
 その前に、そんな法律があったとしても、何百万ものブログをどのように取り
締まるのか。非現実的である。
 
 
■ ブログで投票を呼びかけるとどうなるのか

 では、実際に投票を呼びかけるとどうなるのか。
 実験してみた。
 
  ● 【実験】 発見できるかな(笑)
   http://shonowaki.net/2007/07/post_19.html

 はっきりと特定候補への投票を呼びかけてみた。
 どうなったか。
 
  ● 【実験結果】 ブログで特定候補への投票を呼びかけても「お咎め」なし
   http://shonowaki.net/2007/08/post_22.html
   
 何の「お咎め」も無い。
 さらに、驚くべき事実がある。「あなたのブログで『特定候補への投票呼びか
け』を実行しよう」と呼びかけた門真市議・戸田ひさよし氏にも、何の「お咎
め」も無いのだ。
 
  ● 【「解禁」宣言?】 「ネット選挙活動規制を突破する」運動にも「お咎
め」なし
   http://shonowaki.net/2007/08/post_23.html
 
 これで逮捕されないならば、一体何をしたら逮捕してもらえるのか。
 いったい何をしたら私を逮捕してくれたのだろうか。(笑)
 
 
■ 逮捕できない理由があるのだろう

 やはり、彼らには逮捕できない理由があるのだろう。「摘発」できない理由が
あるのだろう。
 
  ● なぜ、世界は変わらないのか
   http://shonowaki.net/2007/04/post_8.html
 
 現状で〈安定した世界〉が成立している。
 しかし、「摘発」することによって、〈安定した世界〉が壊れてしまう。
 「摘発」して裁判になったら、却って彼らは困るのである。〈安定した世界〉
が壊れてしまうのである。
 
 
■ 確信犯的構造

 これは、非常に興味深い事例である。
 「違法だ」と言っている当人が、明白な「違法」行為を取り締まらないのであ
る。彼らは逮捕したくないのだ。
 そして、「違法」行為をしている方は、逮捕を望んでいるのだ。(どちらかと
いうと。笑)
 普通逆である。(笑)
 非常に興味深い。
 これは確信犯的構造である。
 確信犯は、逮捕されることにより、問題を顕在化させようとするのだ。司法の
判断を仰ごうとするのだ。
 それによって、状況を変えようとするのだ。世界を変えようとするのだ。
 逮捕してしまったら、確信犯の思う壺である。だから、世界を変えたくない側
は、確信犯的行動を無視する。「違法」行為を無視するのである。
 
 
■ 「悪法も法」か

 社会科という教科がある。
 社会科で、教師が次のように教えるのはありがちなことである。
 
  悪法も法です。守らなくてはいけません。
  
 しかし、この考えは単純すぎる。現実はもっと複雑なのである。
 「悪法も法」理論では、このような状況を解釈できない。確信犯的構造を解釈
できない。
 「悪法も法」と考えていても、このような状況下でどのような行動をするべき
なのかを発想できない。何をしたらいいか思いつくことが出来ない。
 

■ 社会科で確信犯を教えよ

 社会科で確信犯を教えればよい。例えば、この事例を教えればよい。インター
ネット選挙を実現するために、公職選挙法にわざと「違反」する人達がいる。そ
して、それを無視する人達がいる。
 そうすれば、生徒は、法律・政治・社会の進歩に関わるさまざまな事実を知る
ことになる。現実を認識することになる。複雑な社会を認識することになる。
 「悪法も法」は単純すぎる。社会は、もっと複雑なのである。複雑な社会を認
識しよう。
 

■ そんなことでは逮捕してもらえないぞ

 「悪法も法」だって?
 甘いね。甘すぎる。
 世の中、法律に「違反」したからといって、簡単に逮捕してもらえるような甘
いものではないんだ。
 複雑な社会を認識しなければ、逮捕もしてもらえないぞ。(苦笑)
 
                        (2007.10.11.)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 メールマガジン インターネット哲学【ネット社会の謎を解く】062号
  登録・解除・バックナンバー閲覧は次のページから。
  http://www.irev.org/file/touroku.htm
  この文章は、転送、転載、複写、大歓迎です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


────────────────────────────────────
● 逮捕してもらえないけど、がんばってます(苦笑)
────────────────────────────────────

 何をしても、無視なんです。(苦笑)
 うーん。
 現実だ。
 現実って感じだ。
 でも、淡々と批判・分析を続けています。
 逮捕してもらえないけど、がんばってます。
  
  ◆ 諸野脇 正の闘う哲学
   http://shonowaki.net/
 
 こちらのブログの方も、ご注目願います。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】(週刊を目指して) ◆

  転載、転送、逮捕などへの利用、大歓迎です。

 【筆者】   諸野脇 正 (しょのわき ただし)
 【e-Mail】  ts@irev.org
 【Web Site】  http://www.irev.org/
 【Blog】    http://shonowaki.net/
 【登録・解除】 http://www.irev.org/file/touroku.htm

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。ふるへっへ。( http://www.mag2.com/ ) マガジンID 75412
-----------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】

RSSを登録する
発行周期 週刊(を目指して不定期刊)
最新号 2014/12/30
部数 589部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

インターネット哲学 【ネット社会の謎を解く】

RSSを登録する
発行周期 週刊(を目指して不定期刊)
最新号 2014/12/30
部数 589部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング