はあと通信

鳩山由紀夫メールマガジン 第409号

┏━☆はあとめーる☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    衆議院議員 民主党代表 鳩山由紀夫 メールマガジン    ┃
┃  2009年第30号(通算第409号)   2009/7/23 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆━┛

┏━【 鳩山由紀夫のメッセージ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

みなさん、こんにちは。

ようやく国会が解散されました。8月18日告示、30日投票の日程も事実上確定
いたしました。言うまでもなく、「政権交代選挙」となります。衆議院本会議場
で河野議長が「本院を解散する」と読み上げたとき、多くの議員たちは万歳を
叫びましたが、私は万歳をする気にはなれませんでした。隣の岡田幹事長も手
を挙げていませんでした。むしろ、「いよいよ来たな、世紀の戦いが始まるぞ」
との思いが頭をよぎり、緊張感をもって河野議長を見詰めていたように記憶し
ています。

今回の選挙は確かに、国民のみなさんがこの4年間の自公連立政権の総括を行
っていただく選挙です。郵政の民営化を行えばすべてがうまくいくと主張した
自民党の公約が果たされたか否か、2年前の参議院選挙で民主党が勝った結果、
消えた年金、消された年金問題が明らかになったことの評価、後期高齢者医療
制度の実施、医師不足、看護師不足の地域医療の実態、介護現場の悲鳴、深刻
化する雇用問題と低迷する経済、こういった4年間の変化を国民のみなさんが
いかに判断するかの選挙です。もしみなさんが今の暮らしに満たされぬものを
感じておられ、十分な機能を果たして来なかった政治を変えようと思っておら
れるのならば、ぜひ政権交代にご協力ください。その意味で、日本の大掃除を
行う千載一遇のチャンスが訪れたのです。

ただ、今回の選挙の意味はそこに留まりません。私は両院議員総会で、この選
挙は単に長期に亘った自民党政治に終止符を打つと言った小さな目的の選挙で
はない。ましてや、失われた10年、20年を取り返すための選挙でもない。明
治維新以来続いてきた官僚主導の政治、国民にとっては受け身の政治から開放
され、国民が総参加して民主政治を創り上げるという、国民が主体的に政治に
かかわる政治を日本に初めてもたらす革命的な選挙であると申し上げました。

それは脱官僚依存の政治を創ることです。単なる官僚バッシングではありませ
ん。「長期政権は腐敗する」の言葉通り、ポスト争いに興じてきた自民党が政策
を官僚に丸投げしてしまったことが最大の問題です。少なくとも政策に関して
は、政治家の上に官僚が存在していたのです。だから、いよいよ総選挙直前と
なったこの期に及んで、仄聞するところによると、自民党はマニフェストを作
成するに当たって、各省庁に3項目ずつ上げさせているようです。官僚依存丸
出しです。肝の部分を官僚に丸投げをしてしまうのですから、後期高齢者医療
制度のような国民の声を無視した法律が出来上がってしまうのです。私たち民
主党は、官僚の上に政治家が存在して官僚をコントロールすることが重要と考
えます。国民の声を大切にする政治家が政策に責任を持つことです。その目的
を果たすために、事務次官会議を見直して閣議を活性化させることや、閣僚委
員会の設置、民間人も登用する国家戦略局の設置、無駄遣いを一掃する行政刷
新会議の設置などを求めていきます。お上意識を植え付けさせるような「陳情
行政」も廃止すべきです。明治以来の官尊民卑の発想を今こそ覆さなければな
りません。

歴史的な使命を帯びた総選挙が間近になりました。あなたが日本の新たな歴史
を創るのです。頑張ろうではありませんか。


───────────────────────────────────
  鳩山由紀夫のすべてが分かる「鳩山由紀夫ホームページ」はこちらから
            http://www.hatoyama.gr.jp/ 
───────────────────────────────────



┏━【ご意見・ご要望・ご提言などはこちらへ】━━━━━━━━━━━━┓
        yuai@hatoyama.gr.jp
◆皆様から頂いたご意見ご要望は、鳩山自身が必ず目を通し、
 政治活動の参考にさせて頂きます。
◆件数が非常に多いため、個別にお返事を差し上げることはできません。
 予めご了承ください。
◆セキュリティ確保のため、添付ファイルは開かず削除しています。
 ご意見は、本文のみでお送りください。



┏━【このメルマガについて】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
☆転送、転載は自由ですが、著者の意図に反する引用はご遠慮ください
☆是非、ご友人にご紹介ください
●『まぐまぐ』 を利用して配信しています http://www.mag2.com/
●購読解除はHP「メルマガ>登録・解除」で http://www.hatoyama.gr.jp/
●マグマグでも解除できます  http://www.mag2.com/m/0000074979.htm
●バックナンバーは http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000074979



======================================================================
 衆議院議員 鳩山由紀夫
 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館334号室
   TEL 03-3581-5111 / FAX 03-3502-5295
   yuai@hatoyama.gr.jp  http://www.hatoyama.gr.jp/
======================================================================

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む