ある自然災害科学研究者の活動

[disaster-i News]2009/05/17 No.108


カテゴリー: 2009年05月17日
======================================================================
 ●ある自然災害科学研究者の活動●[disaster-i.net News]
  2009/05/17 No.108
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
【目次】
----------------------------------------------------------------------
■ リアルタイム豪雨表示システムのパンフを公開
■ 「専門家」としての情報発信
■ 「標高」に対する人の認識に関する論文を公開
■ ワークショップの効果に関する論文公開

----------------------------------------------------------------------
2009年5月16日 (土)
■ リアルタイム豪雨表示システムのパンフを公開

当方で管理している,

リアルタイム豪雨表示システム
http://disaster-i.net/rain/

は,特に問題なく運用中です.このたび,同システムの使い方,理
念などをまとめたパンフレットを作成,公開いたしましたのでご案
内いたします.

リアルタイム豪雨表示システムの紹介パンフレット
http://disaster-i.net/notes/rain_leaflet.pdf

----------------------------------------------------------------------
2009年5月13日 (水)
■ 「専門家」としての情報発信

 筆者は現在,web,blog,メルマガで災害研究関係の資料,調査
研究成果,コメントなどを,実名で発表しています.これらの媒体
で私が記述している内容は,災害科学の研究者という「専門家」と
しての外向けの発言であると考えています.

 災害研究と行っても幅はかなり広いですが,筆者の専門は,豪雨
を中心とした自然災害にかかわる災害情報に関する話題です.また,
時系列的に言うと,「災害が起こる前〜まさに起こっている最中」
を対象にしています.起こってから少したった後の事象,すなわち,
危機管理,救出救援,復旧復興といったキーワードに関しては専門
的知見を持ちません.

 最近は,「防災」の範疇が広くなってきて,「防災研究をしてい
るなら当然,危機管理の専門家なんだろう(であるべきだ)」と思い
込まれることがありますが,残念ながら私はそうではありません.
専門的知見を持たない以上,「専門家としてのコメント」をしては
いけないと私は考えています.意識が低い,役立たずと批判される
かもしれませんが,よく知らないことを,専門家のような顔をして
コメントする方が,私はよっぽど無責任であると考えています.

 新型インフルエンザに関わる動きは,「危機管理」のターゲット
の一つと言えます.私はこのテーマは全く素人なので,内容的なコ
メントはしませんが,この分野で(おそらく)第一線の専門家であろ
うと思われる複数の方々が,実名で専門的なコメントを出し続けて
いることには関心を持っています.

鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集
http://nxc.jp/tarunai/

楽園はこちら側
http://georgebest1969.cocolog-nifty.com/blog/

新型インフルエンザ・ウォッチング日記
http://blog.goo.ne.jp/tabibito12

感染症診療の原則
http://blog.goo.ne.jp/idconsult

 上記サイトに共通しているのは,それぞれ発信されている方(あ
るいはそのサポートグループ)が,自分はどこの何者で,何を専門
としているかを簡潔に明示した上で専門的なコメントをされている
ことです.このテーマに関しては,岡本真さんが言っている,「学
者や専門家がそれぞれ個人のウェブを管理し,最新の専門知識を競
うように公開する時代」が,かなり実現しているような感じがしま
す.

「これからホームページをつくる研究者のために」
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_4de8.html

 自然災害研究の分野では,まだまだこういった状況にはなってい
ません.が,トンネルの出口は意外に近くまで来ているのかもしれ
ません.私自身が取り残されているのでなければいいのですが.

----------------------------------------------------------------------
2009年4月28日 (火)
■ 「標高」に対する人の認識に関する論文を公開

下記の論文を公開しました.

太田好乃・牛山素行・吉田亜里紗,2009:地形認知と津波リスク認
知の関係について,災害情報,No.7,pp.101-110.
http://disaster-i.net/notes/2009JDIS_ohta.pdf

 「自宅の標高はどれくらい?」という情報は,意外に把握しづら
いものですが,津波災害をはじめとして,流れるものがある災害に
際しては重要な情報となります.この研究では,海岸近くに住む人
がどのくらい自宅標高を認知しているのかを調べた上で,自宅標高
の認知の程度と,各種防災行動の間に関係がありそうだという結果
を導き出しています.

 ちなみに著者の太田さんは現在,岩手県立大学総合政策学部の学
部4年生です.つまり,学部3年の夏頃にこの論文を書いています.
学部3年で査読論文を通すというのは,大変立派なことです.

----------------------------------------------------------------------
2009年4月25日 (土)
■ ワークショップの効果に関する論文公開

下記の論文を公開しました.

牛山素行・吉田淳美・柏木紀子・佐藤聖一・佐藤庸亮,2009:非居
住者を対象とした防災ワークショップの参加者に及ぼす効果の分析,
自然災害科学,Vol.27, No.4,pp.375-385.
http://disaster-i.net/notes/2009JSNDS27-4.pdf

 防災ワークショップ的な取り組みは多数行われていますが,その
効果についての客観的な評価はまだほとんど行われておりません.
正直なところ,この「効果検証」はかなり難しいと考えていますが,
その一つの試行過程をまとめたのが本論文です.

======================================================================
ある自然災害科学研究者の活動[disaster-i.net News]
----------------------------------------------------------------------
発行人:
静岡大学防災総合センター 准教授 牛山素行
http://disaster-i.net/
----------------------------------------------------------------------
このメルマガは,下記のブログの内容をほぼそのまま配信しています.

豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/
----------------------------------------------------------------------
※メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利用して配信しています。
http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
※購読の解除・バックナンバー閲覧は下記から行ってください
http://archive.mag2.com/0000071583/index.html
======================================================================

ある自然災害科学研究者の活動

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 417部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ある自然災害科学研究者の活動

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 417部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング