ある自然災害科学研究者の活動

[disaster-i News]2008/09/23 No.100


カテゴリー: 2008年09月23日
======================================================================
 ●ある自然災害科学研究者の活動●[disaster-i.net News]
  2008/09/25 No.100
======================================================================

★100号到達 & 著書刊行★
 本号でこのメルマガは100号に達しました.ささやかですが,記
念記事(ご挨拶+略史)を載せました.また,タイミングよく,著書
「豪雨の災害情報学」を刊行することができましたので,著者割引
のお知らせも載せています.どうかご覧ください.

----------------------------------------------------------------------
【目次】
----------------------------------------------------------------------
■ 100号のご挨拶
■ [disaster-i.net News]略史
■ 「豪雨の災害情報学」刊行
■ 防災教育に関するアンケートの報告書公開

----------------------------------------------------------------------
■ 100号のご挨拶
----------------------------------------------------------------------

 本号で,このメールマガジンは100号の大台に乗りました.2001
年7月9日の創刊から7年余でようやくです.No.99の時点で,発行部
数は480となっております.ここまで継続できましたのも,読者の
みなさまからの心強いご支援のおかげです.あらためまして,みな
さまにお礼を申し上げます.ありがとうございました.

 このメールマガジンの発行を始めたのは,当方で開設しているホ
ームページdisaster-i.netを訪問していただいた方に,ページの更
新をいち早くお知らせしたいという動機からでした.特に,災害時
の速報などはアピールしたいところで,いろいろなメーリングリス
トで紹介するなどしていたのですが,MLですとこちらのアピールを
うるさく感じられる方などもいることが懸念され,当方のページに
興味を持っていただける方に限定した案内をしたいと考え,メルマ
ガの開設に踏み切りました.その後,特に専門的なMLが次第に衰退
していき(メルマガ自体も衰退気味ですが)ましたので,この時点で
のメルマガ開設はよかったなと思っています.

 当初は,webのURL紹介の他は文章などもメルマガ独自に編集して
いました.よくある,数号で終わるメルマガや,内容のほとんどが
どこかからのコピペといったものにはしたくありませんでしたので,
何とか独自編集を続けてきましたが,正直なところ,しんどかった
時期もありました.1ヶ月に1号を目指したのですが,実際には2ヶ
月以上空くことが多く,2006年前半には休刊も考えました.しかし,
この頃からブログが一般化しましたので,2006年6月にブログを開
設し,以後はブログの内容を一定間隔で集約・配信することとし,
発行が安定しました.2008年はまだ9月ですが,身近で災害が多か
ったこともあり,現時点ですでに1年あたりで過去最高の発行数と
なっています.

 現在ではブログやwebの更新状況は,RSSフィードなどで知ること
ができますから,いずれは今のようなブログの内容をそのまま転送
するようなメルマガは不要になる日が来るかもしれません.しかし,
要はいくつかのチャンネルで当方からの情報発信を行う手段を用意
しておくことが目的ですので,当面は今のような方針で発行を続け
たいと思っています.読者のみなさまには何かとお世話になります
が,今後ともご指導,ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます.

----------------------------------------------------------------------
■ [disaster-i.net News]略史

1996年
7/5 web開設

2001年 No.1-6
5/10 独自ドメインのweb disaster-i.netに完全移行
7/9 [disaster-i.net News]創刊号発行

2002年 No.7-14
7/11 初の号外発行.梅雨前線・台風0206号豪雨災害研究関係情報の紹介

2003年 No.15-21
7/20〜26 3回連続号外発行.水俣などの豪雨災害.

2004年 No.22-37
7/31 号数重複.7/20発行と7/31発行がいずれもNo.30.

2005年 No.38-51
この年は号外を発行せず,号外的内容にも号数を付与
10/5 No.50を発行

2006年 No.52-68
4/24 最長発行間隔.No.52〜53の間隔が110日.休刊も考える.
6/1 ブログ「豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館」開設
7/14 No.55からブログ記事を集約する体裁に変更

2007年 No.69-81
この年も号外発行なし.速報の必要な大規模災害がなかったことも起因.

2008年 No.82-
6/14 岩手・宮城内陸地震覚知約10分後に号外を配信
7/24 岩手県沿岸北部の地震覚知約35分後に号外を配信
9/25 No.100を発行


----------------------------------------------------------------------
2008年9月22日 (月)
■ 「豪雨の災害情報学」刊行

 このたび,古今書院から「豪雨の災害情報学」という本を出すこ
とになりました.

********************************************
書  名:豪雨の災害情報学

著   者:牛山素行(岩手県立大学)
発 行 所:古今書院  http://www.kokon.co.jp/
 *トップページのカバーをクリックすると、内容紹介に入れます。
発 行 日:2008年10月10日
本体価格:\3,500(税込 \3,675)
図書符号:ISBN 978-4-7722-3114-5
備  考:A5判 180ページ
********************************************

 牛山がこれまでに行ってきた豪雨災害に関する研究の中から,主
なものを取り上げ,整理したものです.

    * 過去の災害事例にもっと目を向けよう
    * 災害情報は整備しただけでは使われず,生かされない
    * 災害情報による減災効果は残念ながら限定的

など,牛山が日頃から強調していることの背景となった調査結果を
紹介しています.内容は,これまでに学術論文などで発表した原稿
を整理したものが中心となっていますが,状況が変わっているもの
は書きあらためるなどしています.特に第1章は,牛山が考える
「豪雨災害情報」という概念を紹介するために,書き下ろしたもの
です.

 少々お値段が高くなりまして恐縮ですが,以下の方法で注文する
と,著者の紹介ということで,著者割引(2割引)+ 送料無料 (税
込 \2,940) で購入できます.

【申込方法】 
 この本の編集担当の 関 秀明 さんまでメールにて御連絡下さ
い.メールの件名は「豪雨の災害情報学 注文」としてください.

seki@kokon.co.jp

 割引条件は、著者の紹介かつ以下の注文フォームを利用した場合
に限ります.

−−−−−【注文フォーム】−−−−−
 1. この情報を知った媒体名を以下から選んでください
  (a)disaster-i.net(牛山のホームページ)
  (b)disaster-i.net News・ある自然災害科学研究者の活動
     (牛山のメールマガジン)
  (c)豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館
     (牛山のブログ)
  (d)各種メーリングリスト[ML名                 ]
  (e)牛山個人からの紹介

 2. 送付先
  郵便番号:
  住所:
  電話番号:
    ※メール便にて届きます

 3. 注文の書名・冊数
  『豪雨の災害情報学』    冊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 注文受付時に返信メールが届きます。代金は、本に同封されてく
る郵便振替用紙で後払いになります。1週間以内に古今書院様に送
金願います。

●『豪雨の災害情報学』目次

第1章 豪雨災害と災害情報に関する基礎的概念
 1.1 自然災害の構造
 1.1.1 HazardとDisaster
 1.1.2 素因と誘因
 1.1.3 災害のライフサイクル
1.2 防災の構造
 1.2.1 防災・減災
 1.2.2 ハード防災とソフト防災
 1.2.3 ハード防災とソフト防災の決定的相違
1.3 災害情報の基礎的概念
 1.3.1 災害情報と災害情報学
 1.3.2 情報の位置付けと災害情報
 1.3.3 情報の価値と災害情報
 1.3.4 災害情報の価値は相対的かつ個別的
 1.3.5 災害情報の価値は組織化によって増大する
 1.3.6 災害情報の価値は周知によって低下する
1.4 豪雨災害情報
 1.4.1 豪雨災害と豪雨災害情報
 1.4.2 観測値・統計などの情報
 1.4.3 警告的な情報(warning)
 1.4.4 災害の素因や災害への対応に関わる情報
 1.4.5 人の知識や経験に関わる情報
 1.4.6 情報伝達システム
1.5 まとめ
第2章 73年前にもあった豪雨
2.1 1999年広島豪雨災害
 2.1.1 概要
 2.1.2 降水量の特徴
 2.1.3 被害の特徴
2.2 広島市周辺における降水量の経年変動
 2.2.1 検討の方針
 2.2.2 利用資料についての検討
 2.2.3 暖候期降水量の経年変動
 2.2.4 豪雨の発生傾向
2.3 既往豪雨災害記録からの豪雨事例の抽出
2.4 本章のまとめ
2.5 補足
第3章 認知されない・使われないリアルタイム水文情報
3.1 2002年頃の豪雨災害情報を巡る情勢
3.2 2002年台風6号豪雨災害
 3.2.1 総観気象の概要
 3.2.2 降水量の特徴
 3.2.3 全国の被害概要
 3.2.4 岩手県東山町付近の浸水災害
3.3 市町村におけるリアルタイム雨量・水位情報の利用に関する調査
 3.3.1 調査手法
 3.3.2 雨量・水位等の情報取得・利用状況
 3.3.3 土砂災害危険度表示システムの認知
3.4 岩手県東山町・川崎村における住民の防災行動に関する調査
 3.4.1 調査手法
 3.4.2 住民の水害経験
 3.4.3 避難の状況
 3.4.4 家財の保全行動
 3.4.5 リアルタイム雨量・水位情報の利用実態
 3.4.6 雨量・水位情報の取得と被害軽減行動
 3.4.7 ハザードマップに対する評価
3.5 本章のまとめ
第4章 リアルタイム水文情報の具体的活用例を初確認
4.1 2003年7月19日〜21日の九州における豪雨災害
 4.1.1 概要
 4.1.2 降水量の特徴
 4.1.3 7月19日九州北部の豪雨
 4.1.4 7月20日熊本県南部付近の豪雨
 4.1.5 全国の被害状況
 4.1.6 福岡県内の被害状況
 4.1.7 熊本県水俣市における被害状況
4.2 リアルタイム雨量・水位情報を活用した減災例
 4.2.1 福岡市博多駅前のホテルにおける防災対応
 4.2.2 福岡市防災対策ホームページ
 4.2.3 水俣市の事例との対比
4.3 本章のまとめ
第5章 情報による減災効果の限界
5.1 本災害の概要と人的被害原因解析の意義
5.2 2004年台風23号による豪雨災害
 5.2.1 総観気象状態の概要
 5.2.2 10月20〜21日の降水量の特徴
 5.2.3 被害状況
5.3 人的被害の特徴と災害情報による減災効果の推定
 5.3.1 調査手法
 5.3.2 死者・行方不明者発生場所の特定
 5.3.3 死者・行方不明者の発生原因
 5.3.4 死者・行方不明者発生原因と年代・性別・被災場所
 5.3.5 防災情報による減災の可能性
5.4 本章のまとめ
第6章 避難により人的被害はまぬがれたが
6.1 本災害の概要と日之影町の事例に着目する意味
6.2 2005年台風14号および前線による豪雨災害
 6.2.1 総観気象状態の特徴
 6.2.2 降水量の特徴
 6.2.3 被害の概要
 6.2.4 人的被害の特徴
 6.2.5 機能した宮崎市災害掲示板
6.3 宮崎県日之影町における被害軽減とその背景
 6.3.1 調査手法
 6.3.2 日之影町御影地区の被災状況
 6.3.3 降水量と大雨警報・記録的短時間大雨情報
 6.3.4 大雨警報[重要変更]
 6.3.5 水位情報
 6.3.6 災害対策本部設置と避難勧告
 6.3.7 避難行動と消防団の活動
 6.3.8 ハザードマップ等の整備状況
 6.3.9 集落の歴史と災害経験
6.3.10 その他の特記事項
6.4 本章のまとめ
第7章 災害情報研究のこれから
7.1 ハード対策とソフト対策の構造的相違をまず意識しよう
7.2 災害情報は公開しただけでは効果を発揮しない
7.3 災害情報は認知されただけでは活用されない
7.4 「分かりやすい情報」・「高精度な情報」が減災に直結しない
7.5 災害情報によって軽減できる被害は限られる
7.6 ますます重要になる「限界の説明」
7.7 長い眼でみることの重要性
7.8 災害情報という「防災対策」はじつにやっかいな代物
7.9 では「災害情報」はどこへ行くべきか

----------------------------------------------------------------------
2008年9月18日 (木)
■ 防災教育に関するアンケートの報告書公開

 岩手県内の全小,中,高校を対象に実施した,防災教育などに関
するアンケート調査の結果概要を報告書として公開いたしました.

岩手県における初等・中等教育段階での防災教育の実施状況について
http://disaster-i.net/notes/080827report.pdf

 この調査は,岩手県大船渡地方振興局との共同調査として実施し
たものです.主な注目点を以下に示します.

      * 地域に関わる自然災害についての紹介や学習を,教科教
      育・総合的学習の時間・特別活動などの場で実施しているか
      尋ねたところ,「津波災害」は実施率35.8%,「将来発生が
      予想される災害」同36.3%,「台風災害」同25.6%と,必ずし
      も高くなかった.
      * 「内陸」「沿岸」で実施率を比較すると,ほとんどの項目
      で沿岸が高かったが,最も高い「津波災害」でも55.2%と半
      数強程度だった.
      * 「総合的な学習の時間や特別活動などの教科教育以外の時
      間に取り上げる題材・テーマとして,『自然災害』や『防
      災』は,他の様々な題材と比較すると,どの程度の重要性が
      あると思いますか」に対しては,「非常に重要性が高い」と
      「重要性はやや高い」を合わせても37.8%にとどまった.
      * 防災教育の重要性に関する認識でも,「非常に重要性が高
      い」と「重要性はやや高い」の合計が,沿岸57.7%,内陸27.
      8%と,内陸と沿岸で明瞭な差が見られた.


======================================================================
ある自然災害科学研究者の活動[disaster-i.net News]
----------------------------------------------------------------------
発行人:
岩手県立大学総合政策学部 准教授 牛山素行
ushiyama@disaster-i.net
http://disaster-i.net/
----------------------------------------------------------------------
このメルマガは,下記のブログの内容をほぼそのまま配信しています.

豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/
----------------------------------------------------------------------
※メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利用して配信しています。
http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
※購読の解除・バックナンバー閲覧は下記から行ってください
http://archive.mag2.com/0000071583/index.html
======================================================================

ある自然災害科学研究者の活動

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 415部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ある自然災害科学研究者の活動

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 415部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング