ある自然災害科学研究者の活動

[disaster-i News]2008/09/02 No.98

カテゴリー: 2008年09月02日
======================================================================
 ●ある自然災害科学研究者の活動●          2008/09/02 No.98
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
【目次】
----------------------------------------------------------------------
■  岡崎市内の被災地現地踏査写真を公開
■  規模評価の難しい今回の豪雨による浸水被害
■  人的被害発生現場についてのコメント
■  9月1日に岡崎市を現地踏査
■  市民からの通報システムは機能しなかったらしい

----------------------------------------------------------------------
2008年9月 2日 (火)
■  岡崎市内の被災地現地踏査写真を公開

 9月1日に愛知県岡崎市の伊賀川流域の浸水などの被災地を現地踏
査してきました.写真を以下に公開します.なお,気象庁により今
回の降雨イベントに名前がつきましたので,ページタイトルを「平
成20(2008)年8月末豪雨による災害に関するメモ」に変更しました.

平成20(2008)年8月末豪雨による災害に関するメモ
http://disaster-i.net/disaster/20080829/
2008/9/1 愛知県岡崎市伊賀川付近現地踏査 (アルバム+地図)
http://disaster-i.net/photo/080901/080901p.htm

----------------------------------------------------------------------
■  規模評価の難しい今回の豪雨による浸水被害

 今回の豪雨(平成20年8月末豪雨)による全国の浸水被害は,9月2
日17時30分現在の総務省消防庁資料によれば,床上浸水1465棟,床
下浸水 7126棟とのことです.うち,愛知県は同1020棟,2755棟で
す.なおこのほかに,名古屋市で床上浸水1147世帯,床下浸水7575
世帯がある旨が注記されており,これらは合算されていません.多
くの場合,世帯数=棟数にはならず,都市部ほどその傾向がありま
すから単純に合算はできません.愛知県庁で公表されている資料で
はこれとは違った値も記載されており,まだ大きく変動する可能性
(増えることもあれば減ることもある)もあります.今回の豪雨によ
る浸水被害の規模評価は,少々難しそうです.

 仮に消防庁の資料をもとに床上浸水の棟数と世帯数を合算すると,
約2000棟となります.愛知県では,床上浸水2000棟以上の事例が19
71年以降5事例あり,おおむね10年に1回程度発生していることにな
ります.

愛知県の主要豪雨災害記録 1971-2006
http://disaster-i.net/disaster/20080829/saigai.html

 下記は,上の表にも載っている1991年の愛知での豪雨被害があっ
た後の1991年9月下旬の朝日新聞記事の見出し抜粋です.我々は,
目先のことにばかりとらわれず,時空間的に長い目で災害に接して
いくしかない.そんな気がしてなりません.

未明の警報、遅れた対応 東海の豪雨災害 【名古屋】
濁流、住宅街のむ 大雨で東海地方に被害 【名古屋】
水位情報を防災に使えず 春日井市の内津川の堤防決壊 【名古屋】
7000余戸が浸水 名古屋の大雨被害 【名古屋】
「水防システムを徹底」 内津川水害で愛知・鈴木知事 【名古屋】

----------------------------------------------------------------------
■  人的被害発生現場についてのコメント

岡崎市内の人的被害発生現場についてのコメントを整理しました.

岡崎市城北町の人的被害発生現場
http://disaster-i.net/disaster/20080829/okazaki1.html
岡崎市伊賀町の人的被害発生現場
http://disaster-i.net/disaster/20080829/okazaki2.html

----------------------------------------------------------------------
2008年8月31日 (日)
■  9月1日に岡崎市を現地踏査

 8/28-29の豪雨に見舞われた地域のうち,愛知県岡崎市を,明日9
月1日に現地踏査することにしました.人的被害が発生した地域な
どを中心に考えています.

----------------------------------------------------------------------
2008年8月30日 (土)
■  市民からの通報システムは機能しなかったらしい

定点観測システム機能せず 名古屋では大雨被害通報5件止まり
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080830/CK2008083002000046.html?ref=related

 これは関心のもたれる話です.名古屋市で,あらかじめ登録され
ている「通報者」から災害時の情報を集めるシステムが稼動してい
たと言う話は以前から聞いていましたが,今回の豪雨ではその通報
は5件にとどまったという記事です.まあそんなものだろうな,と
いう印象を持ちます.

 今回の事例は深夜におこっているため,このような通報がなされ
にくかった面はかなりあるでしょう.しかし,このような双方向の
災害情報システムがなかなか機能しないということは,当方も以前
から具体例を挙げて指摘しているところです.積極的に通報したい
という人がいても,通報すべき事象がそういった人の周囲で起こる
とは限らないということもありえます.

 双方向情報交換が比較的機能した例として,2005年台風14号災害
時の宮崎市がありますが,あの事例も,「整然と運用された」とは
思いますが,「どこで,何が起きている」といった,災害時の対応
につながるような情報は必ずしも多くはありませんでした.

 いつもの話ですが,さまざまな情報システムはそれぞれが,on o
f them であると考えるべきで,一つ一つを取り上げて役に立った,
役に立たないと決め付ける必要はないと思います.


======================================================================
ある自然災害科学研究者の活動
----------------------------------------------------------------------
発行人:
岩手県立大学総合政策学部 准教授 牛山素行
ushiyama@disaster-i.net
http://disaster-i.net/
----------------------------------------------------------------------
このメルマガは,下記のブログの内容をほぼそのまま配信しています.

豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/
----------------------------------------------------------------------
※メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利用して配信しています。
http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
※購読の解除・バックナンバー閲覧は下記から行ってください
http://disaster-i.net/magazine/
======================================================================

ある自然災害科学研究者の活動

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  414部

ついでに読みたい

ある自然災害科学研究者の活動

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  414部

他のメルマガを読む