ある自然災害科学研究者の活動

サンプル誌

======================================================================
 ●ある自然災害科学研究者の活動● 創刊号      2001/07/09 No.1
======================================================================

このメールマガジンは,自然災害科学研究者である牛山の研究活動報告を目的
に発行開始したものです.スタートしたばかりですので,どのようなものにな
っていくかわかりませんが,みなさまよろしくお願いいたします.

----------------------------------------------------------------------
【ホームページ更新】
----------------------------------------------------------------------
■[特典?付]防災情報についてのアンケートを開始

6/28から,「防災情報についてのアンケート」の受付を開始しました.特典,
と言うほどでもありませんが回答していただいた方には,次のようなお礼を用
意しています.

・本調査の集計結果速報を,2001年8月末頃までにメールにて送付します
・一定強度の豪雨が全国のどこかで発生するとメールでお知らせする「豪雨発
生通知メールを受信することができます(2001年9月までの期間限定). 

http://www.mars.sphere.ne.jp/nozomi/cgi-mail/q1-input.html

ぜひご協力お願いいたします

----------------------------------------------------------------------
■2001年6月20日〜21日の梅雨前線豪雨災害 研究関連情報

6/19〜21にかけて西日本各地が豪雨に見舞われ,土砂災害等が発生しました.
福岡県筑豊,松山市付近,和歌山県高野山付近などでAMeDAS日降水量の極値が
更新されました.詳しくは下記をご覧ください.

http://www.disaster-i.net/disaster/200106/

----------------------------------------------------------------------
【研究活動】
----------------------------------------------------------------------
■広島豪雨のまとめの論文が発行

自然災害科学(日本自然災害学会誌)Vol.20,No.1に下記論文が収録されました.

●題目
1901年以降の降水量記録から見た1999年6月29日広島豪雨の特徴
●著者
牛山素行

いわゆる広島豪雨から,早いものでもう2年ですが,いろいろな調査に関わった
中で私なりの最終報告がこれのつもりです.別刷りをご希望の方は,送付先を
メールでお知らせいただければ,無料にてお送りいたします.

----------------------------------------------------------------------
【近日中の関連行事】
----------------------------------------------------------------------
■8/1〜8/3 水文・水資源学会 会場:山梨大学工学部(甲府市)

水文・水資源学会は,水に関わる,たくさんの研究分野の研究者が集まった,
分野横断的な学会です.同学会の年に1度の研究発表会が行われます.ちなみ
に牛山は「既往豪雨記録との対比を考慮したインターネット豪雨表示システム
の開発」という題目で発表します.

水文・水資源学会
http://hywr.kuciv.kyoto-u.ac.jp/~hywr/

水文・水資源学会2001年総会・研究発表会
http://civil.cec.yamanashi.ac.jp/~hydro/jhwr2001/


======================================================================
ある自然災害科学研究者の活動

発行人:
京都大学防災研究所 助手 牛山素行
ushiyama@rdp.dpri.kyoto-u.ac.jp
http://disaster-i.net/
----------------------------------------------------------------------
※メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利用して配信しています。
http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
※購読の解除・バックナンバー閲覧は下記から行ってください
http://disaster-i.net/magazine/
======================================================================

ある自然災害科学研究者の活動

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  414部

ついでに読みたい

ある自然災害科学研究者の活動

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  414部

他のメルマガを読む