狸のしっぽ

狸のしっぽ

カテゴリー: 2017年10月18日
**********************************************************************

  ★狸のしっぽ★ (シーズン4)  NO.24 2017.9.18

**********************************************************************

   <内なる神性復活のために。その1 「スキル」>

自分とはどのような存在なのだろうか。なぜ生まれてきたのだろうか。

それが知りたくて、自己探求を続けてきた私が、今一番伝えたいことは「祈りというスキル」と、「誤認を解いてゆくスキル」だ。
祈りというものをどう捉え定義するのかは人によって違うし祈り方も人それぞれだと思う。

私の場合は、「世界人類が平和でありますように」という祈り言葉と「すべては消えてゆく姿」という教えに出会って、それをやり続けて30年ほどになる。
この教えは、すごくシンプルだけど、奥が深い。

生きている限り、色々な出来ごとが起こってくる。病気や事故や人間関係のトラブル等など。
それらは、過去世から今に至る、自分が発した不調和な想念が原因で起こってくる。

しかし、現れたものは消えるので、これで良くなるととらえて、すべてに感謝できればいいのだ。
でもそれは、頭で理解できても、実践は難しい。

私達は、現れたことにとらわれ巻き込まれ、そこで不調和な想念を発して、さらに、不調和なできごとを生みだす原因をつくってしまう。
そして、負のスパイラルからぬけだせなくなる。

自分の中に「祈り言葉」の波動を響かせることで、不調和な波動を減らしてゆくのが、「祈りというスキル」だ。
とは言うものの、私の場合、祈りだけでは、不調和な想念の波動に太刀打ちできなかった。
そして、あくことなく自己探求を続けて、色々なことを学んできたわけだ。

私は、「キャラクトロジー心理学」で、人間の心の仕組みについて学んでいる。
そして、画期的なスキルである、SAS(セルフアウェアネススキル)を学んだ。
それは、日常的に起こる不調和な出来ごとを入口として、その奥にある信念体系をみつけて、それを解除するというスキルだ。

信念体系とは、不調和な想念によってつくられていき、複雑にからみあい固くなっているものだ。
心の仕組みを理解し、信念体系をゆるめてほぐしていけるようになると、心が楽で自由になってゆく。

とはいうものの、私達の心の中には、山ほどの信念体系が潜んでいるので、このスキルを学んでも、使いこなしていくのには、やはり時間がかかる。
そして、セルフとは言っても、人のサポートを受けたほうがうまくいくこともある。

「祈り」のいいところは、いつでも、どこでも、気づいた時に「祈り言葉」を唱えればいいという簡単さと、お金がかからないというところだ。
自分ではどうすることもできない時は、祈るしかない。そして祈り続けることで、心が少し楽になってきたりもする。
そういう体験を何度もしてきたことで、私にとって「祈り」とは本当に効果的なスキルだと自信を持って言える。

すべてのことがそうであるように、「祈り」も、何度も実践し、理解を深めることで、より磨かれていく。
「祈り」とは、命のエネルギーを引き出すもの、私達の心の奥の神性(仏性)につながり、それを現わしてゆくもの。

私達の心の奥には、神性の輝きがあり、愛の波動が充ちている。
それを、おおいつくしているものが、「消えてゆく姿」だ。
それは私達の不調和な想念が作りだしたものであるにもかかわらず、私達はそれが自分だと誤認している。
病気の自分、だめな自分。弱くてずるい自分。人に意地悪をしてしまう自分。そういう自分は、消えてゆく姿。想念がつくりだした自分もどきなのだ。

私達の本来の姿は、無限なる愛や、無限なる叡智や、無限なるさまざまなエッセンスに充ちたものなのだ。

私は、心の学びを続ける中で、人が「自分本来のエッセンスにつながり、その波動があふれて、その場を充たす。」という体験を何度かしている。
そんな時は、その場が暖かくやわらかいような空気感に包まれ、その人がまるで別人のように、美しく輝かしく見えるのだ。

その状態がずっと続くわけではないけれど、少しでもそういう自分で在り続ける時間が増えるといいなと思う。
そして自分もどきの「消えてゆく姿」を減らしていきたいなと思う。

そのために、「祈りというスキル」と「誤認を解いてゆくスキル」を使いこなし、磨いてゆこうと思う。
そして、これらのスキルを縁ある人に伝えることを意図している。

**********************************************************************

さんざん学んで知識はあっても、現実が変わらないという方へ。
祈り続けているのに、なかなか現実が変わらないという方へ。

キャラクトロジー心理学で、心の仕組みについて学んでみませんか。
自分を縛る信念体系に気づいてはずしていきませんか。
ああ、そうだったのか。と腑に落ちる体験を、一度おためしください。

キャラクトロジー心理学1day講座(二日にわけることも可能です)
SAS(セルフアウェアネススキル)レベル1講座
SAS(セルフアウェアネススキル)の個人セッション(電話でもOKです)
1day講座か、SASレベル1講座を受講された方を対象とする、自由な個人セッションもあります。

(HITキャラクトロジー心理学協会HP http://characterogy.com)

興味のある方は、メールで問い合わせてくださいね。
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp 

**********************************************************************

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
を利用して発行しています。(http://www.mag2.com/)

登録、解除、バックナンバーは、http://archive.mag2.com/0000067097/index.html    

狸のしっぽ

発行周期: 月刊 最新号:  2018/07/28 部数:  37部

ついでに読みたい

狸のしっぽ

発行周期:  月刊 最新号:  2018/07/28 部数:  37部

他のメルマガを読む