狸のしっぽ

狸のしっぽ

カテゴリー: 2017年08月19日
**********************************************************************

  ★狸のしっぽ★ (シーズン4)  NO.23 2017.8.19

**********************************************************************

   「無条件の愛は地球を救う」

「愛」という言葉を口にするのが気恥ずかしいような気持ちがある。
それは、自分が愛について、よくわかっていないということと、愛の名のもとに、コントロールや束縛をしてきた。という思いがあったりするからだ。

先日、一緒に心理学を学ぶ友達と、ちょっとしたワークをやった。
相手に向かって「愛している」と言うのと、何も言わずにただハートの中にいるのとで、感じるものがどう違うのかということをためしてみたのだ。

その結果「愛している」と言われると気持ち悪くて逃げ出したくなる感じがした。
その言葉に含まれているエネルギーの質は、べたっとしてまとわりついてくるような感じだった。

そして母のことを思い出した。
明るくて優しくて、面倒見がよくて、いい人だった。
だから母が与えてくれるものはみんな愛だと錯覚していた。
あれこれと心配して言ってくる言葉も、あなたのためを思って言ってるのよ。と、自分に都合のいいことを押し付けてくることも。

私は母をモデルとして、いろんな不純物をまぶしつけたものを「愛」と錯覚してきたのだと思う。

愛について頭であれこれ考えてばかりいたけれど、それは違うということにやっと気づいた。
愛はハートで感じるもの。ハートから湧いてくるもの。考えていては体験できないことだった。

ハートを閉ざして感じない様にして、頭で考えて生きていくという癖が身についていた私は、そこからなかなか抜け出せなかった。

でも、目に見えないエネルギーを体感するキャラクトロジー心理学を学んだことで、愛の波動とそうでないものがわかるようになってきた。

そして今回、友達とのワークによって、愛はそんなに難しいものじゃないと気づいた。

ハートの中に居るということが良くわからなかった私は、何も考えないで、ただふんわりと幸せな気持ちになって、みんなのことが好きだなぁと思った。

そのとたん、友達がうるうるとして、それでいいんだよ。と言ってくれた。
愛のエネルギーに触れると、ふわっとゆるんだり、あたたかくなったり、涙がでたりする。

そして、友達の愛を感じて、私は、自分のことも、友達のことも、愛おしいなぁと思う気持ちが湧いてきて胸の中が暖かくなった。
こんな風にして愛は循環していくのだなぁと気づく。

愛は外に向けるものではなく、自分の内側に意識をむけ、自分の体を感じ、感情を感じることで、育ててゆくものだということを体験を通して学び続けてきて良かったなぁと思う。

たとえ、不純物がまとわりついていたとしても、母が私を深く愛してくれていたことは感じる。
感謝の想いが湧いてくる。
母の生きた時代、それが精いっぱいの母にできることだったと理解できる。
でも私は、不純物を少しでも無くした、愛で愛せる人になってゆこうと思う。

無条件の愛。何の期待もせずに、与え導くこと。あるがままのその人を受容すること。

とりあえず、そんな目標を掲げてみる。できる範囲でいいからね。
それにこだわって完璧を目指したら違うからね。

リラックスしているかな? 楽しいかな? 体はゆるんでるかな? 呼吸はゆったりしてるかな?
私の心の中に平和が充ちている感じがあるかな。
そんな感じで、自分の体と心と会話しながら、やってゆこうと思う。


PS:8月8日、私が参加している「祈りによる平和活動」のグループから、今、世界が危機的状況になっているので、いつも以上に祈って欲しいという手紙がきた。
テレビのニュースを見ていると、アメリカと北朝鮮が大変なことはひしひしと伝わってくる。
ということで、その日から一週間、いつもの何倍も、「印」を使った祈りを続けていたら、自分の中がすっきりしてきて、エネルギーが充ちてきて、幸せな気持ちになってきた。
そして、16日にミサイルの発射について「アメリカが次に何をするのかを見守る」というニュースがあった。
世界中でたくさんの人達が平和のために祈りを捧げたのだと思うと嬉しかった。そして自分もその中の一人であることも嬉しかった。

「世界人類が平和でありますように」

これは、無条件の愛の祈りだと思う。
私はこれからも、この祈りを心の中に充たし続けてゆこうと思う。
 
*********************************************************************

自己探求を続けて、さんざん学んで知識はあっても、現実が変わらないという方へ。
心の仕組みを学ぶことと、自分を縛る信念体系をはずしていくことを、サポートします。
ああ、そうだったのか。と腑に落ちる体験を。一度おためしください。

キャラクトロジー心理学1day講座(二日にわけることも可能です)(仲間とコラボで開催することもあります)
子育てキャラクトロジー心理学1day講座(仲間とコラボで開催します)
SAS(セルフアウェアネススキル)レベル1講座
SAS(セルフアウェアネススキル)の個人セッション(電話でもOKです)

(HITキャラクトロジー心理学協会HP http://characterogy.com)

興味のある方は、メールで問い合わせてくださいね。
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp 

**********************************************************************

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
を利用して発行しています。(http://www.mag2.com/)

登録、解除、バックナンバーは、http://archive.mag2.com/0000067097/index.html    

狸のしっぽ

発行周期: 月刊 最新号:  2019/02/06 部数:  37部

ついでに読みたい

狸のしっぽ

発行周期:  月刊 最新号:  2019/02/06 部数:  37部

他のメルマガを読む