僕らはみんな生きている!

【僕らはみんな生きている!】「平和の詩」

カテゴリー: 2018年06月27日
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
==================================

  杉山武子のコラム&エッセイメールマガジン◇◆◇2018年6月27日発行

     【僕らはみんな生きている!】     704回

==================================
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
  
         「 平和の詩 」

6月23日、沖縄県糸満市の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が開催
されました。23日が慰霊の日となったのは、太平洋戦争末期、日本では唯
一アメリカ軍との地上戦が行われたのが沖縄でした。その組織的戦闘が終
結したとされるその日が、沖縄慰霊の日となったそうです。

式典には安倍首相や永翁沖縄県知事も参列。その様子をテレビで見ていま
した。多忙な安倍首相の顔は心なしかむくんでおり、手術を受け退院間も
ない翁長知事はげっそりと痩せて見えました。そんな中、中学3年生の相
良倫子さんが「生きる」という平和の詩を朗読されました。

明瞭な力強いその声は、一番心に響きました。翌朝の新聞に詩の全文が掲
載されましたので、ここに6割ほどを掲載して、彼女の思いを共有できた
らと思います。この長い詩を、14歳の相良さんは原稿を手にせず、間違え
もせずに堂々と朗読。彼女は曽祖母の語る戦争体験談を聞いて育ったそう
です。

生きる
私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ
遠くから聞こえて来る潮騒に耳を傾けて。
私は今、生きている。
………(中略)
私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。
ありったけのわたしの感覚器で、感受性で
島を感じる。心がじわりと熱くなる。
私はこの瞬間を、生きている。
………
七十三年前、
私の愛する島が、
死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、
光輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、
懸命に生きる命だったのだ。
   ………
摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に思いを馳せて、
心から、誓う。
   ………
全ての人間が、国境を越え、人種を越え、
宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。
   …………
だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、当たり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
   …………
摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。

   ※「南日本新聞」6月24日付朝刊より転載。 
詩は沖縄県平和祈念資料館提供

14歳の語る「平和への誓い」は理想に溢れており、なんだか遠い日の
自分を思い出します。理想を失えば、後退するのみです。いまではす
っかり現実にばかり目を奪われているダメな大人のわたしですが、彼
女のように理想を生きる力にして命を燃やしている若い人たちに期待
し、未来を託したく思います。

-----------------------------------------------------------------
<あとがき>

 こんにちは。
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

大都市大阪とその周辺での地震発生には驚きました。
自分の通う小学校のブロック塀の下敷きになり、亡くなった
女の子を思うと、残念無念でなりません。可哀想すぎます。

今回の地震で亡くなられた人のご冥福をお祈りします。
また被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

     ※このメルマガはブログにも転載しています。
   ブログ:http://bronte.at.webry.info/

 次回は7月11日(水)配信予定です。どうぞお元気で!
----------------------------------------------------------
◆ご感想ご意見等、お待ちしております。
筆者宛のお便りはこのメールの返信機能をお使い下さい。
=====================================================================
【僕らはみんな生きている!】2001年3月18日創刊 月2回第2・4水曜日発行
著作・編集・発行:杉山武子  
 ※バックナンバー(まぐまぐ)http://archives.mag2.com/0000062264/
 ※発行者ウェブサイト  http://www5a.biglobe.ne.jp/~takeko/  
 ※このマガジンは「まぐまぐ」「メルマ」の発行システムを利用して
配信しています。 
※購読の登録・解除は下記より行えます。 
 「まぐまぐ」ご利用の方:http://www.mag2.com/m/0000062264.html
 「マイメルマ」ご利用の方:http://melma.com/backnumber_153639/
 ※メルマガの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
 ※Copyright(C)2001-2018 「僕らはみんな生きている!」
=====================================================================
*.:*★*.:*゜*・゜☆*.:*゜*・゜★*.:*゜*・゜☆*.:*゜*・゜★*.:*・゜☆゜
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

ついでに読みたい

僕らはみんな生きている!

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/13 部数:  153部

他のメルマガを読む