NNA.EUメールマガジン

【NNA.EU】(DE)GDP改定値、0.7%拡大:内需拡大で大きく加速

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨーロッパの経済ビジネス情報/NNA.EUメールマガジン   2013/8/27(火)
                                                   http://www.nna.eu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━■PR■━━……………………………………………………………………………━━
  ◇◆◇ アジアでも、日経BP社の雑誌を定期購読いただけます ◇◆◇
        雑誌+デジタルで、より速く、より便利に!
    「日経ビジネス」「日経エレクトロニクス」「日経コンピュータ」
  
  ◎詳細・お申し込みはこちらから◎⇒ http://nb241.jp/nna3/
━━……………………………………………………………………………━━■PR■━━
    
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ 各地のニュース

■英国(GB)
◎トップ記事                     <全文公開> 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・速報値から0.1ポイント上方修正:第2四半期のGDP成長率[経済]

政府統計局(ONS)は23日、第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP、改定
値)が前期比0.7%増加したと発表した。製造業や建設業の上方修正に伴い、速報値
から0.1ポイント引き上げられている。2010年第3四半期以降で初めて全産業がプラ
スを確保し、第1四半期の0.3%増から伸びが加速した。(英国&EU版編集長・吉村研
郎)

http://news.nna.jp/free_eu/news/free_gbp_daily.html

◎その他の記事                    <会員限定> 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・統計局、「ゼロアワー」契約の実態調査へ[労働]
・ジョン・ルイス、休日手当の支給不足を補償[商業]
・人材会社S・オグデン、香港事務所を開設[商業]
・ろう人形館「マダム・タッソー」、北京で開業へ[観光]
・英国でEADS製ヘリの運用停止=事故多発で[社会]

http://news.nna.jp/free_eu/news/free_gbp_daily.html

■ドイツ(DE)
◎トップ記事                     <全文公開> 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・GDP改定値、0.7%拡大:内需拡大で大きく加速[経済]

連邦統計庁は23日、第2四半期(4~6月)の国内総生産(季節要因・稼働日数調整
済み、改定値)が速報値と同じく前期比0.7%拡大したと発表した。主に内需の拡大
が貢献し、ゼロ成長だった第1四半期から大きく加速した。フランスと共にユーロ圏
のリセッション(景気後退)脱却の原動力となった格好だ。(ドイツ&EU版編集長・
吉村研郎)

http://news.nna.jp/free_eu/news/free_dem_daily.html

◎その他の記事                    <会員限定> 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・携帯電話Eプルス、テレフォニカが買収条件上げ[IT]
・民放プロジーベン、投資2社が出資縮小へ[媒体]
・VW、インドネシア新工場建設に2億ユーロ投資[車両]
・自動車部品ボッシュ、中国・成都工場が稼働[車両]
・エボニック、シンガポールに飼料分析センター[化学]

http://news.nna.jp/free_eu/news/free_dem_daily.html

■フランス(FR)                   <会員限定>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・マカロンのラデュレ、台湾で有名菓子店と火花[食品]
・事務用品販売のリレコ、中国の斉心と提携[商業]
・電子たばこに発がん性物質=仏国立消費研究所[社会]

http://news.nna.jp/free_eu/news/free_frf_daily.html

■EU                         <会員限定>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・【今週の主な予定】8月26~30日[経済]
・【欧州環境トピックス】第62回:7月29日~8月11日[経済]

http://news.nna.jp/free_eu/news/free_eur_daily.html

■その他各国                     <会員限定>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【アイルランド】独金融ヒポ・リアル、アイルランド事業売却へ[金融]
【イタリア】アリタリア航空、エティハド航空が出資も[運輸]
【ギリシャ】ギリシャ、百億ユーロの追加支援必要も=財務相[経済]
【スウェーデン】ボルボ、中国生産事業の認可を取得[車両]
【スペイン】百貨店エル・コルテ・イングレス、18%減益[商業]
【デンマーク】デンマークのFLスミス、1千人超削減[製造]
【ハンガリー】ハンガリー、景況感改善も消費者信頼感は悪化[経済]
【ハンガリー】岸田外相、ハンガリー訪問=原発技術の輸出促進[公益]
【ハンガリー】ハンガリー、パナソニック工場閉鎖で再就職支援[製造]
【ハンガリー】産業ロボットの墺IGM、ハンガリー工場拡張[製造]
【オランダ】蘭保険ING、韓国生保事業を投資MBKに売却[金融]
【オランダ】蘭金融ラボバンク、国内リテールで8千人削減[金融]
【ロシア】スタットオイル、露シェールオイル開発に期待[資源]
【ロシア】ルクセンブルクの民放RTL、ロシア撤退へ[媒体]
【ロシア】モスクワに欧州最大のヘリポート建設へ[運輸]

▼[POWER EU]では全ての記事の詳細をご覧になれます。
http://news.nna.jp/free_eu/service/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ Big Eye

電子たばこに発がん性物質=仏国立消費研究所[社会]

フランス国立消費研究所(INC)はこのほど、電子たばこに発がん性物質が含まれ
ている可能性があるとの調査結果を発表した。同国では通常のたばこより健康への害
が少ないとして電子たばこの愛用者が増えているが、INCは「無害とは言えない」
と指摘している。

電子たばこはニコチンなどの化学物質を蒸気にして吸引するもの。INCによると、
この蒸気にはホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アクロレインに加え、微量の重
金属など極めて有害な物質が含まれている。また、一部の製品は子どもにとって致命
的となり得る量のニコチンを含んでいるにもかかわらず、子どもが開けられない仕組
みのパッケージを採用していないという。INCはこの結果を受け、保健総局(DG
S)と競争・消費・不正抑止総局(DGCCRF)に警戒を促している。

仏政府は5月、公共スペースでの電子たばこの利用を禁止する方針を発表したばかり。
電子たばこは禁煙運動が広がる中、世界的に人気が高まっているが、有害性への懸念
からブラジル、ノルウェー、シンガポールでは全面的に禁止されている。また、ニュ
ージーランドなど一部の国では既に医薬品として規制され、薬局のみが販売できる。
英医薬品庁(MHRA)は6月に、電子たばこなどニコチンを含むすべての製品につ
いて、2016年から医薬品として規制する方針を明らかにしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:株式会社エヌ・エヌ・エー
本メールマガジンについて、皆さまからの要望や感想、質問等を歓迎いたします。
info@nna.jpまで遠慮なくお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)1997- NNA All rights reserved.
無断転載・複製・転送を禁じます。

NNA.EUメールマガジン

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  6,042部

ついでに読みたい

NNA.EUメールマガジン

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  6,042部

他のメルマガを読む