T-mode 遠山清彦の国会奮戦記

遠山清彦のメールマガジン[T-mode]No.497 再び『太田総理』に登場!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
■■■ T−mode  〜参議院議員・遠山清彦のメールマガジン〜 ■■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
              【No.497】 2007年(平成19年)10月31日発行
======================================================================
            再び『太田総理』に登場!
======================================================================
遠山清彦です。今週もスタートから目まぐるしかったです。月曜日の午前中は、
遠藤財務副大臣に杉並区方南町の国家公務員宿舎建て替えの件で申し入れをし、
午後は、参院決算委員会で久しぶりに約40分間質疑に立ち、ODA改革につ
いてかなり政府を追及しました。特に、今回は、政府全体のODA予算のうち
約4割を占める「外務省以外の省庁」のODAプロジェクトの中身について、
(農水省ODAの具体例を挙げながら)もっと厳格に評価・検査すべきである
との主張をし、なぜか民主党議員からも応援の野次をたくさんもらいました。

その決算質疑を終えた直後に、日本テレビのスタジオへ向かい、今週の金曜日、
11月2日、放映予定の『太田光の私が総理大臣になったら・・・』の収録に
参加しました。この番組、今年に入ってこれで4回目の登場になりますが、初
めて政治的でないテーマのマニフェストで初めてライバルの原口議員(民主党)
と隣りあわせで議論しました。マニフェストは、カンニング竹山氏が提出し、
「インターネット利用者に実名公表を義務付けます!」というものでした。ネ
ット犯罪が広がる今日、賛成したい気持ちもありましたが、反対の立場で議論
しました。ご関心のある方は、金曜日にご覧ください。

昨日火曜日は、法務委員会の一般的質疑4時間があり、初めて委員長として議
事を長時間采配しました。「委員長は質問できないので退屈?」と思っていま
したが、実際にやってみるとかなり緊迫感があって、それほど退屈ではありま
せんでした。鳩山法務大臣は、気さくな人柄で愛嬌があるのですが、色々物議
をかもす発言が多いので、今後慎重かつ公平に委員会運営をしていこうと思い
ます。がんばります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
遠山清彦(とおやま きよひこ)参議院議員、
平和学博士(Ph.D in Peace Studies, University of Bradford,UK,1998)   
参議院:法務委員会委員長
公明党:宣伝局長、国際局次長、
    東京都本部副代表
    沖縄県本部・山梨県本部・静岡県・神奈川県本部顧問    
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行部数:4,639部(2007年10月31日現在)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む