T-mode 遠山清彦の国会奮戦記

遠山清彦のメールマガジン[T-mode]No.338 ドバイ・ヨルダン・アムステルダムから帰国

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
■■■ T−mode  〜参議院議員・遠山清彦のメールマガジン〜 ■■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
              【No.338】 2006年(平成18年)2月17日発行

======================================================================
       ドバイ・ヨルダン・アムステルダムから帰国
======================================================================
みなさん、こんにちは。昨日午後3時過ぎ、無事海外出張から戻りました。全
体の日程がやや強行軍で、まだ疲れが残っていますが、日本での仕事もどんど
ん来るのでがんばります。

<驚異的な発展都市ドバイ>
今回の出張の最初の訪問地は、アラブ首長国連邦のドバイ首長国(同連邦は、
7つの首長国の連邦制)でした。ドバイは、長い間ホルムズ海峡における中継
貿易拠点として有名ですが、近年特にその経済発展、一大リゾート・ビジネス
拠点としての開発は目覚しく、私もヨルダンでの投資促進のための国際会議出
席に先立ち視察をしてきました。

感想は、誰がみても「なんだ、これは!」と言ってしまうほどの発展・開発ぶ
りでした。私もたった1日でしたが、ドバイ市内と郊外の自由貿易地域・海上
巨大リゾート拠点建設現場などをぐるぐる回りましたが、印象としては新宿副
都心を5つくらい同時に建設しているような感じです。とにかく、市内中央も
郊外も高層ビルの建設ラッシュ。クレーンの数も大量で、現地の日本企業関係
者によると全世界に存在するクレーンの約15%がドバイで使用中とか。ジャ
ベルアリ自由貿易地域にも、5000社の企業が進出しており、最終的にはさ
らに3倍ほど拡張する計画があるという説明をドバイ政府から説明を受けて唖
然としました。

また、ドバイは外国人が非常に多い街です。一説によると140万人ほどの人
口の少なくとも7割は、外国人とのことで、その証拠に街ではアラビア語より
も英語による会話が一般的になっていました。ちなみに、多いといえば全人口
に占める男性の割合も圧倒的でなんと人口の約8割が男です。理由は、建築関
係の仕事の急増だそうです。(確かに車の窓からは、男性しか見えませんでし
た。)

<中東の重要国:ヨルダン>
2日目・3日目はヨルダン王国を訪問しました。投資促進会議に先立ち、急遽
ヨルダンのアブドラー国王と会見することになり、アンマン空港から郊外の国
王執務室に向かいました。国王陛下との会見は約20分ほどでしたが、非常に
深い感銘を受けました。米英両国への留学経験もある国王は、英語が非常に堪
能(中東諸国の国王の中では抜群との評判)で、かつスーツに身を包み紳士的
かつ精力的に国際情勢を語る国王はどちらかといえば欧州の知識人のような印
象を受けました。しかも、44歳と若く、気さくなお人柄で、私もあまり緊張
せず意見交換をすることができました。

通訳抜きの20分間の会談だったので話題は多岐にわたり、イラク情勢から日
本ヨルダン関係の強化まで双方の立場から率直な意見交換をさせていただきま
した。国王自ら内外の現場を回り、また海外においては首相や大統領と直接意
見交換されてきているだけに、非常に興味深い専門的な内容でした。訪日歴も
7回にわたり、日本のこともよくご存知で驚きました。(日本で一番好きなの
は、鉄板焼きだそうです。)今回の会談を契機に、今後さらにヨルダンとの交
流に力を入れていこうと決意しました。

時間がなくなりましたので、続きは次回に配信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「遠山清彦のピースpeaceピース」好評放送中です! 
   毎週月曜日よる9:00〜9:30 ラジオ日本(1422kHz)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
遠山清彦(とおやま きよひこ)    

参議院議員、外務大臣政務官、
平和学博士(Ph.D in Peace Studies, University of Bradford,UK,1998)    

参議院:厚生労働委員会理事、沖縄北方特別委員会委員、決算委員会委員    
公明党:参議院国会対策副委員長、青年局長、宣伝局長、国際局次長、
    東京都本部副代表、沖縄県本部・山梨県本部顧問    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行部数:  4,139部(2006年2月17日現在)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――   
バックナンバー: http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000060924 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――   
登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000060924.htm 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――   
ホームページ:  http://www.toyamakiyohiko.com 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む