T-mode 遠山清彦の国会奮戦記

サンプル誌

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ■ ■「T−mode」            創刊特大号 ■ ■ ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大変にお待たせいたしました!
遠山メールマガジン「T-mode」がいよいよ発刊です。登録して頂いた皆さん、本当に
ありがとうございました。
てんやわんやの毎日で発刊が遅れてすみません。今後は私の近況、所感、政治解説な
どをどんどん発信していくつもりです。ご愛読よろしくお願いします。

──────────────────────────────────────
 1カ月で9700kmを走破!
──────────────────────────────────────

この3カ月間、これまでの割合地味だった教員生活から生活は一変。各種イベントへ
の参加や深夜のスタッフとの打ち合わせ、政策立案、そして日本中を駆け巡っての対
話と、目まぐるしい毎日を送っています。試しに、この4月の1カ月間、予定を含め
て移動距離を調べてみたら、驚いたことに約9700kmになりました! このペースでい
くと4カ月で地球を一周してしまうことになります。
多忙になると身体に疲労が溜まってくるものですが、温かいご声援や激励の言葉をい
ただくと、一気に疲れが吹き飛びます。本当に、応援していただいている方、支持者
の方というのはありがたいものだと、実感する毎日です。

──────────────────────────────────────
 無党派への「対策」?
──────────────────────────────────────

この2月から3月、全国で青年の方々が私の「モニタリング調査」に協力して下さいま
した。その調査数は100万人を超えました。本当にありがとうございました。協力し
て下さった方々はまさに「無党派」と呼ばれる人たちです。マスコミには「無党派層
」と呼ばれて既成政党を脅かす集団とされ、永田町ではその対策に躍起になっている
集団かもしれません。しかし、私の実感ではそうではありません。ある学生は言いま
した。「無党派対策なんて、いらないのにね」と。彼らは「若者向け」の政策だけを
望んでいるのではないのです。たとえ「選挙うけ」が悪くとも、日本の未来に必要な
「真実」を知りたい、そう彼らは「真実を知りたい」一人ひとりなのです。だからこ
そ私は、政治の「真実」を語ることが、彼らとの約束を果たすことであり、途方に暮
れる日本政治改革の第一歩だと思っています。「対策」などと言っているうちは「無
党派」は増え続けることを政治家はもっと知るべきではないでしょうか.

──────────────────────────────────────
 食事の時間
──────────────────────────────────────

過密スケジュールの中で、楽しみなのはやはり食事。もうコンビニ弁当はすべて制覇
しました。もちろん某店の牛丼250円セールもチェック! この激安セールでお客さ
んの入りは普段の3倍になり、緊急事態に陥るほどと報道されていました。私が利用
したお店はスタッフの手際がよく、混乱というほどではありませんでしたが、店員の
必死の姿になにか感動を覚えました。価格破壊の大胆さといい、スタッフの真剣さと
いい、この必死な姿が多くの政治家(与党・野党ともに)にあれば、もう少し政治状
況はよくなるのではないかと思いました。「日本の知恵は民間にあり」といわれます
が、本当にそうですね。

──────────────────────────────────────

今後のスケジュールですが、全国各地で大学生が主体の集会も開かれる予定になって
います。政治に無関心といわれる若い方々に、私の思いをすべて語り尽くし、政治を
より身近に感じてもらいたいと思います。全国の皆さん、お会いできることを心より
楽しみにしています。

それから最後に、ぜひご友人にもこのメルマガをお薦めください。
では、また次回に!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行「T−mode」事務局                  http://www.toyamakiyohiko.com
 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む