カエルニュース

カエルニュース

国難招来?皆さんの声とチカラを活かし全力で対決!

◆異例ずくめの総選挙を終えて。
議論と説明責任を無視した国会冒頭解散。野党混乱そして投票日の大型台風直撃による低投票率と異例で厳しい総選挙。
しかし藤沢市・寒川町の皆さんの声とチカラで、あべともこは国会の場で働く七度目の機会をいただくことができました。

当選 あべともこ 立憲民主党 86,550
比当 星野剛士  自民党   83,924
      原輝 雄  希望の党  29,852

◆立憲民主党を立ち上げて。
10月3日に枝野さんと私・あべともこ、長妻さんらで総務省に届けを提出、同日午後、枝野さんが広く結集を呼びかけて誕生した立憲民主党。
「政治理念・信念は曲げられない!」「独裁者も排除もいらない!」と公示日まで一週間たった6人のスタートでしたが、
市民の皆さんからの熱烈な後押しをいただいき全国で多くの仲間を得て、この神奈川でも6人の公認・1名の推薦と7名、
うち女性が3名の候補者を揃えて戦いに臨むことが出来ました。
そして時間も体制もあらゆる意味で厳しい選挙戦を全力で闘い抜き、県内で小選挙区3名、比例2名の当選を得ることが出来たのは、
市民の皆さんのご声援ご支援のおかげです。心よりの御礼と立憲民主党へのさらなるご支援をお願いいたします。

◆不支持内閣勝利は野党の責任。
しかし、今回の安倍総理による理不尽な大義無き解散総選挙…最大の争点は国会と国民を無視して暴走する安倍強権政治との対決でした。
選挙結果は私たち野党の完全な敗北です。安倍内閣不支持率が支持率を上回っている中での与党圧勝は、
野党側での排除と分裂で闘う前から敗北が決まってしまったという事実を私たちは厳しく受け止めなければなりません。
安倍政権は国民の信任を得たと憲法改悪などさらに暴走するでしょう。とても厳しい状況ですが、
あべともこは皆さんの思いを糧に、子どもを守る、原発ゼロ、核廃絶と平和など訴え続けた政策の実現と政権交代をめざし、
藤沢・寒川、そして全国のみなさんとご一緒に全力を尽くして参ります!

カエルニュース

発行周期: 不定期 最新号:  2017/12/11 部数:  911部

ついでに読みたい

カエルニュース

発行周期:  不定期 最新号:  2017/12/11 部数:  911部

他のメルマガを読む