水島広子の国会報告

水島広子★メールマガジン No.293


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  水島広子の
  メールマガジン No.293--------------------- 2008.3.10発行
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              政治における「メンツ」と政策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日銀総裁と道路特定財源という二つのテーマで国会が「空転」しているが、
流れを見ていて、政治文化の問題を改めて痛感している。

日銀総裁はさておき、道路特定財源については、多くの国民が問題を感じ
ている。特に、衆院審議を通して明らかになってきた「常軌を逸した無駄
遣い」を目にして、このまま道路特定財源を守っていくべきだと考える人
はまずいないだろう。

ところが、与党を中心に「それでも道路は必要だ」「地方切捨てだ」という
ような声が出てくる。これは政策論の明らかなすり替えであり、一般財源化
した上で、地方分権の中、何に優先的にお金を遣うかは地方が決めていけば
よいことだ。その地方が「それでも道路は必要だ」と思えば、一般財源から
道路を作ればよいだけのことだ。地方切捨てでもなんでもない。

こうした政策論議は、どんどん進めていくべきだし、進めれば進めるほど国
民の政治意識は高まる。自分たちが政治に関心を持つことがなぜ必要なのか、
ということも本当に理解できるようになってくる。
政策論議を活性化するのは、まさに野党の役割であり、与党による「政策論
のすり替え」を鋭く指摘して、論議を正しい軌道に乗せていく必要がある。

衆院審議は、その役割をよく果たしたものだと言えるだろう。

ところが、強行採決という「手続き」から流れが変わる。
気づくと「政治を混乱させて国民の利益を損なっているのは野党」という
ような空気ができてくる。私もかつて選挙区でそのような批判をたびたび
受けた。
今回も、すでにそのような空気が作られ始めている。
「本来は与党が仕掛けたことなのに」という悔しさは、野党議員が常に抱く
ものである。民主的な手続きを先に放棄したのは与党の方なのに、応援して
くれるはずの有権者が案外冷たい、ということはよく経験されることだ。

これは、強行採決という「手続き」を境に、主役が政策論議から「メンツ」
に移るために起こることだと言える。
私ですら、先日新聞で「民主党の幹部が『衆院で強行採決をした与党が謝罪
してこなければ先に進めない』と言った」という記事を読んで、かなり呆れた。
進めるべきなのは政策論議であり、与党と野党の「メンツ」問題は国民の利
益とは何の関係もないからだ。


国会が紛糾していくうちに国民が飽きてくるのは、政策論議から「メンツ」
へ、という主役の変化と直接関係している。「メンツ」の応酬を見ていると、
「政治は関係ない」「自分が関心を持ってもどうせ変わらない」という気持
ちになってくる。政策論議を聞いていたときには「自分の問題」だったのに、
「メンツ」問題になってくると「勝手な政治家たちの問題」に変わって
しまう、という構造である。


ところが実際に、政治を動かすエネルギーは「メンツ」だということは、
私も政治の場にいて痛感したことだ。いかにして相手の「メンツ」をつぶさ
ないかが、国会で成果をあげるためのポイントとなる。


確かに日本の社会はまだまだ「メンツ」が重要な構造になっているので、
その代弁者である政治家たちが「メンツ」を中心に動くというのは仕方の
ないことなのだろうが、ここで野党が「怖れの綱引き」から手を放して、
「メンツではなく政策を」という姿勢に徹することができれば、どれほど
日本の政治文化が変わるだろう、と思っている。道路特定財源は、まさに
そのための理想的なテーマだと思うのだが。


なお、「石原銀行」(新銀行東京)も、どれだけ「メンツ」から脱して
政策論議ができるか、という重要なテーマだ。ポイントは都議会の対応に
なるわけだが、「どちらが正しかったか」という「怖れの綱引き」をする
のではなく、現状に合わせた柔軟な政策論議が行われることを強く希望
している。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
・発行者     水島広子
・ホームページ  http://www.mizu.cx/
・メールアドレス info@mizu.cx
―――――――――――――――――――――――――――――――
・本メールマガジンの登録・解除 http://www.mizu.cx/contents/mag.html
・有料メールマガジン
「☆〜こころの健康便〜☆ 心の姿勢を変えれば、生き方が変わる」
 登録は  http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/51/P0005192.html 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 

水島広子の国会報告

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/19
部数 2,483部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

水島広子の国会報告

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/19
部数 2,483部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング