長野

長野No.149

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    メールマガジン版【長野】 No.149
             2018年(平成30年)12月11日配信
        発行:長野郷土史研究会
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  長野郷土史研究会会員の皆様にお送りしている機関誌『長野』
 第311号(12月号)は、12月4日(火)に発送をいたしました。

◆ 『長野』第311号 

(表紙)古牧地区と西長野の地蔵盆
北信濃の俳諧を指導した小林迎祥(一)  矢羽勝幸
善光寺と周辺の地蔵盆  小林玲子
長野の祇園祭(御祭礼) 平成の屋台巡行  小林竜太郎
資料 ながの祇園祭屋台巡行の記録
ナノグラフィカが関わる 西之門町の歳時記  栢木希望
最近読んだ歴史小説から(6)
 -キリシタン時代の諸作品ー  鬼頭康之
小説『モリのいる場所』執筆の記録  小林雄次

<連載コラム>
郷土史の視界(12)『一茶発句集』と今井彦右衛門  小林一郎
生きた町の歴史を知ろう(17)
 33年続いたNHK長野放送局お昼前番組の終了  小林竜太郎

クイズ はじめの一歩(第17回)


 今後の行事のご案内です。

◆古文書講座「塚田大峯(たいほう)の儒学入門書を読む」(5回シリーズ)

12月17日、2019年2月18日、3月18日、4月8日、5月13日(いずれも月)
各回19:00~20:10
塚田大峯(1745~1832)は桜小路(長野市桜枝町)出身の儒学者で、松平定信の
「寛政異学の禁」に反対した気骨のある学者として知られています。その大峯の
儒学入門書『学語』を読んでみましょう。質問に答える形式の本で、
分かりやすく語っています。

講師:小林一郎(本会会長)
会場:南千歳町公民館(長野駅前)
受講料:5回通し3000円か1回800円

事前申し込み制(メールか電話 026-224-2673 で)


◆本会創立60年・小林計一郎生誕100年記念行事

2019年2月23日(土)
善光寺大本願 明照殿 地下ホール

13:00~13:30 平成31年度総会(会員向け)
14:00~15:10  講演「世界の俳人 一茶を世に出した善光寺門前の人々」
        小林一郎(本会会長)
15:30~17:00 (会員向け)60周年パーティー・交流会

参加費:講演会1,000円
(12月28日発行予定の新刊『善光寺の一茶』書籍代。
 当日までにすでにお持ちの方は無料)
 パーティー 3,000円

 総会、講演会は申し込み不要、
 パーティーは、事前申し込み制(電話、メール、お葉書で)


 本会は昭和33年(1958)に小林計一郎が書籍『善光寺と長野の歴史』を出版
したことに始まり、2018年で60周年を迎えました。常に、一般の方々がご参加
いただける会として、これまで続いてきました。
 2019年は小林計一郎生誕100年、没後10年の節目でもあります。
 パーティーは、これからに向けた会員交流の場にしたいと思います。皆様の
ご参加をお待ちしています。


◆善光寺参りの絵解き 協力:善光寺

2019年3月2日(土)
11:00~11:30善光寺事務局3階講堂

無料、申し込み不要
絵解き:小林玲子(本会副会長)、小林竜太郎(本会青年部長)

毎回演目を変えながら行っています。


◆善光寺釈迦堂の大涅槃図の絵解き

2019年3月15日(金)13:30~14:30

会場:善光寺世尊院釈迦堂
(仲見世通り中央を東に入り、正面)

絵解き:小林玲子(本会副会長)
申し込み不要
希望者は資料500円


◆春の信州 春の絵解き・絵伝の特別公開<予告>

 富山県「立山曼荼羅」(長野初口演)と、
 飯綱町「願法寺縁起絵伝」絵解き

2019年4月28日(日)
13:30~16:00(口演順は、願法寺が先となります)
会場 竹風堂大門ホール(竹風堂善光寺大門店三階)

 大徳寺(富山県魚津市)住職 佐伯徳順師と
 願法寺(飯綱町)住職夫人 日野多慶子氏の
 お二人をお招きいたします。

会費 1,000円
申し込み不要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 近日発売『善光寺の一茶  200年、句が生き続ける門前町』
 小林一郎(本会会長)著

 小林一茶が善光寺とその界隈で詠んだ句と俳文により、
一茶と善光寺の深いかかわりを読み解きます。
 また一茶を世に出したのも善光寺周辺の人々であったことを
明らかにします。

 定価1,000円(税80円、送料215円)
  
 12月末完成予定
 光竜堂刊
 長野西澤書店、朝陽館荻原書店、平安堂長野店で発売
 郵送もいたします。メール( kyodoshi@janis.or.jp )
でご予約ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 参加したい善光寺門前界わいの行事

12月31日(月)~1月1日(火) 二年参り(善光寺、各寺社)

 長野では深夜に寺社にお参りすることを二年参りと呼びます。
 かるかや山西光寺(北石堂町)や十念寺の出世大仏(西後町)なども
 賑わいます。

1月6日(日) 善光寺びんずる廻し 本堂 19時~

 びんずる尊者を参拝者が、妻戸台の周りを引いて廻ります。最後に、
 いただいた「しゃもじ」で尊者像を撫でます。

1月7日(月) 善光寺七草会(ななくさえ)

 午前3時からの本堂での法会に先立ち、午前2時から鐘楼で、
参拝者によって「人よせの鐘」が撞かれます。

1月7日(月)~15日(火)善光寺御印文頂戴(ごいんもんちょうだい)
 本堂 9時~16時

 僧侶から、極楽往生が約束される宝印「御印文」を参拝者が頭に
 押し当てていただきます。御開帳と毎年この期間だけ行われています。

1月19日(土)、20日(日) 西宮神社(岩石町)初えびす祭

 「お種銭(たねせん)」を借りる人たちで、境内には早朝から長い列が
できます。お種銭をもとに商売に励み、翌年は額を倍にしてお返しする
のが習わしです。

2月3日(日) 善光寺節分会、秋葉神社(権堂)節分追難祭(ついなさい)

 善光寺は13時半すぎ、権堂の秋葉神社は16時頃から豆まきがあります。

2月7日(木) 初午(はつうま)祭
         (樋下稲荷、仲町稲荷、菊屋稲荷、千石稲荷)午前

 菊屋稲荷(緑町)では朝9時半頃まで、福だるまをいただけます。

2月11日(月) 青麻(あおそ)社(横沢町八幡社境内)例祭 13時~

 中風除けの神として信仰され、青麻講により盛大に行われます。

3月15日(金) 涅槃会(ねはんえ)

 2月15日はお釈迦様入滅の日とされ、長野は月遅れの3月15日です。
 善光寺世尊院釈迦堂では、大涅槃図が公開されます。(13時半から絵解き)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆新入会員を募集しています

 長野郷土史研究会は、長野県内はもとより、全国に会員のいる
歴史愛好者の会です。長野の文化「絵解き」を始め、長野の歴史を
若手に伝えていきたいと活動しています。
 会員の方には、機関誌『長野』(年3回)をお送りします。
また、多数の行事を行っています。

 どなたでもご入会いただけます。

 年会費:4,000円
   メールでご住所、お名前をご連絡いただくだけでお申し込みを
  いただけます。kyodoshi@janis.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆長野郷土史研究会の取り扱い書籍・DVDはこちらをご覧ください。

http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/shoseki.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:長野郷土史研究会
     (事務所 380-0905 長野市七瀬南部14-7)
       kyodoshi@janis.or.jp
   会長:小林 一郎
   編集人:小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部)
   http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/
---------------------------------------------------------------

長野

発行周期: ほぼ 季刊 最新号:  2018/12/11 部数:  398部

ついでに読みたい

長野

発行周期:  ほぼ 季刊 最新号:  2018/12/11 部数:  398部

他のメルマガを読む