長野

長野No.143

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    メールマガジン版【長野】 No.143
             2016年(平成28年)12月10日配信
        発行:長野郷土史研究会
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  長野郷土史研究会会員の皆様にお送りしている機関誌『長野』の
 第305号(12月号)が発行されました。

◆『長野』第305号目次

(表紙)24年に一度の湯福神社「御柱大祭」

長野市と上水内郡における平成28年御柱祭の日程 小林竜太郎
『真田丸』に登場する真田家臣たちの略伝
 『本藩名士小伝』より(一)  小林一郎 
武井神社(長野市東町)の棟札 坂口森右衛門と山崎儀作 草間 律
瀬下敬忠の未刊稿本(三)鄙十百韻(乾巻)(3) 矢羽勝幸
森鴎外と信州(4) 鴎外に漢詩を指導 中田敬三
野尻湖宇賀神社で七年目ごとの式年大祭 小林玲子 
七二会西河原耕地の割上げ制度について 太田正彦

連載コラム 郷土史の視界(10) 
 長野の夜店 『長野市郷土資料』より  小林一郎
連載コラム 生きた町の歴史を知ろう(11)
 長野市の御柱祭 地域的特徴と課題 小林竜太郎
クイズ はじめの一歩


 「長野市と上水内郡における平成28年御柱祭の日程」で
紹介した神社について、ブログ「小林玲子の善光寺表参道日記」で
各神社の境内に建つ御柱の写真、訪問の記録を随時更新中です。

http://blog.livedoor.jp/naganoetokino1/


◆平成29年度総会記念行事 
「長野の絵解きを広める会」設立記念シンポジウム

2017年1月29日(日)10:00~11:20
会場:竹風堂大門ホール(大門町 竹風堂善光寺大門店3階)

(1) 講演「長野の文化を支える絵解き」
講師:小林一郎(長野郷土史研究会会長)

(2)シンポジウム「長野の絵解きの今とこれから」
パネラー: 絵解きを行っている寺院・団体の皆様
司会:小林玲子(長野郷土史研究会副会長)

参加費:500円 申し込み不要

 長野県北部には今でも絵解きを行う寺院がたくさんあって、長野の貴重な
文化となっています。今回本会では、長野市周辺の個々の寺院などで行われ
ている絵解きの連携を支援して、長野の文化である絵解きを後世に大切に
引き継いでいきたいと考えました。

【会員の皆様へ】 引き続き11:30より、29年度総会を同ホールで開催します。


◆長野郷土史研究会 古文書講座
  講師 小林一郎(長野郷土史研究会会長)
「善光寺地震の大被害を報じた刷り物を読む」(5回シリーズ)

 弘化4年(1847)の善光寺地震の直後に出版された震災・火災・大水害等の
状況をまとめた冊子を解読します。初心者の方もご参加ください。

2017年
1月16日(月)、2月27日(月)、3月27日(月)、
4月24日(月)、5月22日(月)
各回19:00~20:10
講師:小林一郎(長野郷土史研究会会長)
会場:南千歳町公民館(長野市南千歳公園北側)1階

5回通し3,000円、または1回800円
事前申し込み制(電話かメールで)
定員28名
1回のみのご参加もいただけます。

主催・申し込み先:長野郷土史研究会
(電話 TEL026-224-2673か、メール kyodoshi@janis.or.jp )


◆善光寺参りの絵解き 協力:善光寺 

 全国に伝わる善光寺参りの伝説の絵解きを、毎回演目を変えながら
行っています。

2017年2月4日(土)、3月4日(土)

いずれも11:00~11:30

会場:善光寺事務局3階講堂
(駐車場は善光寺等の有料駐車場をご利用ください)
無料、申し込み不要

絵解き:小林玲子(長野郷土史研究会副会長)、
   小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)


◆善光寺釈迦堂の大涅槃図の絵解き

2017年3月15日(水)13:30~14:30

会場:善光寺世尊院釈迦堂(仲見世通り中央を東に入り、正面)
絵解き:小林玲子(長野郷土史研究会副会長)

申し込み不要
希望者は資料代500円


◆新入会員を募集しています

  長野郷土史研究会は、長野県内はもとより、全国に会員のいる
  歴史愛好者の会です。長野の文化「絵解き」を始め、長野の歴史を
  若手に伝えていきたいと活動しています。
   会員の方には、機関誌『長野』をお送りします。また、多数の
  行事を行っています。
 
 どなたでもご入会いただけます。
 
 年会費:4,000円
   メールでご住所、お名前をご連絡いただくだけで、お申し込みを
  いただけます。kyodoshi@janis.or.jp
 
--------------------------------------------------------

◆新刊
『蚕糸王国信州ものがたり』
 阿部 勇 編著
長野県全域の蚕糸業史をまとめた本としては、戦後初となる貴重な一冊です。
(信濃毎日新聞社、四六判、311頁、定価1,400円+税)

『善光寺の信仰と歴史』
 牛山佳幸 著
著者は信州大学教授。善光寺はいかに有名になったか、発祥から今日までの
変遷を膨大な史料を元に書き下ろしました。
(宝蔵館、四六判、303頁、定価2,500円+税)


◆本会の機関誌『長野』にも何度もご寄稿をいただき、たいへんお世話になった
市川健夫氏(小布施町)が去る12月7日、お亡くなりになられました。ご冥福を
お祈りいたします。


◆長野郷土史研究会青年部のFacebookページができました。
最新情報はこちらでもお知らせします。

https://www.facebook.com/kyodoshiseinenbu/

◆長野郷土史研究会の取り扱い書籍・DVDはこちらをご覧ください。
 
http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/shoseki.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
発行:長野郷土史研究会
     (事務所 380-0905 長野市七瀬南部14-7)
       kyodoshi@janis.or.jp
   会長:小林 一郎
   編集人:小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部)
   http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/
---------------------------------------------------------------

長野

発行周期: ほぼ 季刊 最新号:  2018/12/11 部数:  398部

ついでに読みたい

長野

発行周期:  ほぼ 季刊 最新号:  2018/12/11 部数:  398部

他のメルマガを読む