長野

長野No.141

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   メールマガジン版【長野】 No.141
            2015年(平成27年)12月6日配信
       発行:長野郷土史研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  長野郷土史研究会会員の皆様にお送りしている機関誌『長野』の
302号(12月号)が発行になりました。『長野』は2016年で創刊から
52年を迎えます。


◆『長野』302号主な内容

瀬下敬忠の未刊稿本(二)窓の月花  矢羽勝幸
加古川の鶴林寺・教信寺と善光寺   小林一郎
美和神社(長野市三輪)本殿
 ─新たに見つかった柴宮長左衛門(大隅流)の建造物  草間 律
森鴎外と信州(1) 信州で詠んだ漢詩  中田敬三
「奈良ヨリ名所道中日鑑」解読(二)  中村仙之助
長野のまちを横切っていた裾花川の痕跡をたどる  小林竜太郎
御開帳後、目的や意義が広まった善光寺参りの絵解き  小林玲子
相生座・ロキシー 名称から見た映画館の価値  小林竜太郎



◆【平成28年度総会記念行事】
「全国各地の絵解きの現状と善光寺の絵解き」

2016年1月16日(土)13:30~15:00

会場:竹風堂大門ホール(長野市大門町 竹風堂善光寺大門店3階)
講演「全国各地の絵解きの現状と善光寺の絵解き」
 講師 阿部泰郎氏(名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学
 研究センター長・教授)
シンポジウム「これからの善光寺と絵解き」
 パネラー 阿部泰郎氏、若麻績敏隆師(善光寺白蓮坊住職)、
     小林一郎(長野郷土史研究会会長)

参加費:500円 申し込み不要

 本会では「善光寺参り絵解き図」を制作して、絵解きの継承と普及に努めて
います。今回ご講演いただく阿部先生は大学院生に絵解きを指導して、毎年
富山県城端の善徳寺虫干法会で絵解きを披露していらっしゃいます。また、
かるかや山西光寺の絵解きをフランスで紹介されました。日本の絵解きの
最前線の現状をお聞きして、今後の長野の絵解きを考えます。また本会が
複製した「善光寺如来絵伝」を初披露します。


◆「善光寺参りの絵解き」 協力:善光寺

2016年1月9日(土)、2月6日(土)、3月19日(土)

いずれも11:00~11:30

会場:善光寺事務局3階講堂
無料、申し込み不要
絵解き:小林玲子(長野郷土史研究会副会長)、
    小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)


◆「古文書で読む真田氏とその家臣の世界」(5回シリーズ)

2015年12月14日(月)、2016年1月25日(月)、
2月22日(月)、3月28日(月)、4月25日(月)

各回19:00~20:10

会場:南千歳町公民館(長野市南千歳公園北側)1階
講師: 小林一郎(長野郷土史研究会会長)

参加費:通し3,000円、または1回ごと800円(1回のみの参加もできます)
事前申し込み制

 いよいよ1月からNHKの大河ドラマ「真田丸」が始まります。それに
合わせ、真田家の家臣の記録を読みます。歴史的な背景も詳しく解説します。
古文書初心者の方もご参加ください。

主催・申し込み先:長野郷土史研究会
(電話 TEL026-224-2673か、メール kyodoshi@janis.or.jp )


◆新入会員を募集しています

 長野郷土史研究会は、長野県内はもとより、全国に会員のいる
 歴史愛好者の会です。長野の文化「絵解き」を始め、長野の歴史を
 若手に伝えていきたいと活動しています。
  会員の方には、機関誌『長野』をお送りします。また、多数の
 行事を行っています。

 どなたでもご入会いただけます。

 年会費:4,000円
  メールでご住所、お名前をご連絡いただくだけで、お申し込みを
 いただけます。kyodoshi@janis.or.jp


--------------------------------------------------------
 ■出版■


◆『真田幸村』小林計一郎著

 本書は、長野郷土史研究会の初代会長、小林計一郎が昭和54年に
出版した『真田幸村』を底本としています。文庫版の「文春学藝
ライブラリー」の1冊として10月に出版されました。
(文芸春秋、税別1,050円)

◆『(決定版)真田幸村と真田一族のすべて』小林計一郎編

 本会初代会長の論考などを再構成したものです。年表も充実。7月刊。
(KADOKAWA、税別1,800円)

◆『篠ノ井 追分』山田昭雄著

 本書は、元長野郷土史研究会塩崎支部長や本会幹事を務めた山田氏が
長年調べた研究成果をまとめたもの。篠ノ井追分はもともと北国街道と
北国西街道(善光寺街道)の合流する地であり、間の宿として栄え、
今日の篠ノ井地区の原点と言える重要な地です。(非売品)

◆長野郷土史研究会の取り扱い書籍・DVDはこちらをご覧ください。

http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/shoseki.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:長野郷土史研究会
    (事務所 380-0905 長野市七瀬南部14-7)
      kyodoshi@janis.or.jp
  会長:小林 一郎
  編集人:小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部)
  http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/
 ---------------------------------------------------------------

長野

発行周期: ほぼ 季刊 最新号:  2018/12/11 部数:  397部

ついでに読みたい

長野

発行周期:  ほぼ 季刊 最新号:  2018/12/11 部数:  397部

他のメルマガを読む