和来龍のおもしろ風水メールマガジン

和来龍のおもしろ風水[vol.65]

カテゴリー: 2018年12月31日
◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆
--------------∴◇∴和来龍のおもしろ風水‐メイル編∴◇∴--------------
------------------- ◆ http://www.ryukyufusui.com/ ◆ ----------------

                -2018/12/31‐
◆==================和来龍のおもしろ風水[vol.65]=====================◆

◆△◆----------------------------------------------------------------

 メールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
 ホームページでは味わえない和来龍の世界をお伝えします。

---------------------------------------------------------------------◆
∴◇∴  コンテンツ  ∴◇∴

 【1】 和来龍からのお知らせ
 【2】 風水こぼれ話
 
=====================================================================◆
■□■【1】和来龍からお知らせ■□■
 本年はホームページ・メルマガをご覧いただきありがとうございました。
 来年もよろしくお願い致します。

(1)2018年は北朝鮮が大きく路線変更した年
 琉球風水で占った2018年の運勢で最も大きかった事は北朝鮮情勢でした。
2017年の11月には米朝関係は一触即発の状態でした。いつ戦争が起こってもお
かしくない緊張状態にありました。
 当時の北朝鮮は、先軍政治を掲げ、水爆実験や米国に届くミサイル開発を進
めていて、金正恩委員長はずっと強気の姿勢でいました。
 また、兄の金正男氏をマレーシアで暗殺し、世界中の人々から嫌悪され、憎
まれていました。罰が当たって暗殺されればいいのにという人までいました。
 
 そういう時期に米朝関係の運勢を占いました。金委員長の本心を知りたいと
思い、金委員長の意識とシンクロするように自分の意識を集中させながら、
「軍事力ばかり増強して北朝鮮人民が本当に幸せになると思っているのか?」
と尋ねてみました。
 すると金正恩委員長の困ったような表情と共に「北朝鮮人民のために経済を
良くして、祖父のように人民から尊敬される英雄になりたい」というビジョン
が浮かんできたのです。

 このビジョンを見た時、はじめは私自身がなかなか信じ切れませんでした。
しかし、あまりにもその印象が強かったので、日ごとに「本心でそう思ってい
るのであれば、北朝鮮は変わるかもしれない」という期待が膨らんでいきまし
た。

 2017年11月22日、沖縄の「万国津梁館サミットホール」で『命の感謝祭』が
開催されました。予定を上回る150名が集まりました。
 このイベントで私は、「琉球風水から見た琉球歴史の流れについて」講演し
ました。その中で韓半島情勢が沖縄の米軍基地問題にも影響していることに触
れました。

「沖縄の米軍基地縮小を願うなら、韓半島が平和になることが不可欠です。
北朝鮮は現在、核やミサイル開発を進めていて、アメリカ本国まで届くミサイ
ルと核弾頭を完成させようとしています。

 来年は北朝鮮建国70年であり、70は完成を意味する数字です。核ミサイルを
完成したら北朝鮮は横暴になるでしょう。決して、北朝鮮に核ミサイルを完成
させてはなりません。

 今、ここにいる私たちが出来ることは祈ることだけです。
私が瞑想したところ、金正恩委員長は心の奥では北朝鮮人民を飢えさせないた
めに経済をよくしたいと思っているというビジョンが伝わってきました。
 イエス・キリストは『汝の敵を愛せよ』と言いました。
 今日は『命の感謝祭』です。金正恩委員長を憎むのではなく、軍拡をやめて、
人民のために、経済をよくするために良い方向に変わっていくように皆で祈り
ましょう。」
と言って、その場の150名で祈りました。

 2018年になってからの北朝鮮の動向は皆さんご存知の通りです。
北朝鮮のこれほどまでの変化を予想できた専門家がいたでしょうか?
 朝鮮戦争の終結宣言や韓半島の非核化についての話し合いは始まったばかり
ですが、北朝鮮が軍拡から経済優先に進路変更した年と言えるでしょう。

 2018年11月22日、「命の感謝祭」を企画した一部のメンバーが集まりました。
そこで話題になったことは、イベントが自分たちの力というより、何か大きな
存在(神のような)によって導かれ、進んで行ったということでした。
 会場やその周辺を撮影した写真の中には、神秘的なものが写ったものもあり
ましたが、それよりもあの会場で祈ったことが現実のものとなりつつあること
に、「祈りの力」の大きさを皆で確信しました。

 同じ日、沖縄の浜比嘉島にあるパワースポットに行きました。
そこで戴いた、メッセージを(2)でお伝えします。


(2)2018年11月22日のメッセージ
 11月22日(満月・アメリカ感謝祭の日)浜比嘉島の聖地で以下のようなメッ
セージを授かりました。

”あらたまの ひかり(光)となりて われ(我)・・・”

『あらたまの』は、辞書では新しい年、月、日の枕詞で本来の意味はよくわか
らないと書かれていますが、”「心機一転」、この日から生まれ変わったつも
りで新しい人生をスタートさせる”という意味に解釈して下さい。

『ひかり(光)となりて』は最も難しい課題です。私たち自身が『光の存在』
にならなければならないからです。

 私たちは、とかく愛や赦し、寛容さを忘れ、他人を否定、非難してしまいが
ちです。それは、あたかも氷の殻で魂(玉)が覆われているかのようです。

 光の存在になるためには、「氷のように冷たく硬くなった私の心を、どうぞ
あなた(神)の光で溶かして下さい」と祈ってみましょう。
 穏やかで優しい気持ちや感情が湧いてきて、だんだん体が温かくなってきま
す。氷の自我が溶けてくると、魂(玉)は解放されて暖かな愛のひかり(光)
を放つようになります。

 メッセージの最後では、私たちが光となって何をするのかを宣言しなさいと
言っています。

 一年の計は元旦にあり。

「私は光となって・・・をする」と新年の目標を立ててみて下さい。

 皆様に神の祝福がありますように(祈り)!

 
「和来龍のおもしろ風水」ホームページ
  ↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.ryukyufusui.com/

=====================================================================◆
■□■【2】風水こぼれ話■□■
(1)2019年の運勢
 来年の運勢の概要をお伝えします。詳細はホームページをご覧下さい。

 2019年は『己亥(つちとのい)』年で、『八白土星(はっぱくどせい)』が
巡り、これまで進めてきた物事が頂点に達する年です。

 天運にしたがって物事を進めてきた人には山の頂上から風景を眺めるように
嬉しい結果がもたらされるでしょう。目標半ばなら、一旦立ち止まって今まで
の過程を振り返ってみましょう。

 2019年は変化、変革の年です。昨年までのやり方をそのまま継続するよりは、
継承すべきところは残しつつ、新しい情報サービスやツール、人材、取引先に
移行するほうが良い結果をもたらすでしょう。

 企業や組織、家庭での世代交代をするにも良い年です。
全国的に後継者不足で廃業を考えている中小企業も多いですが、今年は後継者
が現れる可能性があります。気持ちを発展的に切り替えて、新しいことにも意
欲的にチャレンジするとよいでしょう。

 消費税増税が10月1日から施行され、国民の消費行動が控え目になることは
明らかですが、八白土星の影響もあって貯蓄、蓄財傾向が強まると思われます。
政府が様々な景気対策を打ち出しても財布の紐は堅いでしょう。
あまり欲を出さず、“ちょっとでも貯蓄が増えればよい”と考えましょう。

 新しいチャレンジやビジネスなど、2019年に私たちがイメージする構想には
実現可能性が秘蔵されています。不可能に思えることでも丹念に調べていくと
どこかに突破口が見つかるはずです。

 世界情勢は米中貿易摩擦が最大の関心事となります。
アメリカやその友好諸国と中国との関係がギクシャクし、中国は経済発展を維
持するために諸外国にも国民にも歓迎される対策を打ち出すでしょう。

2019年のキーワードは『隆盛』、『変革』、『潜在力』。
「変化を恐れず未来への明るい展望を持つ若々しい人が運をつかむ年」です。
ラッキーグッズは『パワーストーン、クリスタル、陶磁器、猪の置物』。
ラッキーカラーは『白、赤茶、クリア』。
吉方位は『東北東』と『北北西』。
住宅や部屋のこの方位をきれいにして、床の間や居間、玄関に縁起物や干支の
置物を飾ると良いでしょう。

皆様、良い年をお迎えください。


「和来龍のおもしろ風水」ホームページ
  ↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.ryukyufusui.com/
 

  和来龍のおもしろ風水‐メイル編∴【2018/12/31】
◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆△◆

ついでに読みたい

和来龍のおもしろ風水メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/31 部数:  475部

他のメルマガを読む