築地書館BookNews

【築地書館Book News】Vol.185--6/30号


カテゴリー: 2017年06月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【築地書館Book News】Vol.185  2017年6月30日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       __   =======================
     ///│  
   ∠∠/  │      ・新刊情報
  │││ B │            ・書評抜粋
  │││ O │            ・ほっとトーク
  │││ O │            ・重版情報
  │││ K │            ・ニュース
  │││  /             *書名下のリンクで本の詳しい内容紹介のほか、
  │││/        訳者あとがきや序章をお読みいただけます。
    ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新刊情報★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『マンガ古生物学 ハルキゲニたんと行く地球生命5億年の旅』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1539-9.html
川崎悟司[著] 
1,300円+税 A5判並製 96頁 オールカラー 2017年6月刊行 ISBN978-4-8067-1539-9

小学生から大人まで
5億年の地球と生物の歴史がこの1冊で!!

大陸移動・気候変動にともなって、どのような動物がどのように繁栄したのか。
5億年前の生物の多様性が花開いたカンブリア紀から白亜紀の恐竜が繁栄した時代まで。
おもな古生物たちの特徴や暮らしぶりをマンガで紹介。

かじられた痕のある三葉虫、生物の陸上進出、石炭紀の森林、
巨大トンボのメガネウラ、家族生活を送るディイクトドン、
低酸素時代を生きる動物たちの秘密、始祖鳥、翼竜類、
モササウルス、ティラノサウルスvs.トリケラトプス……。
----------------------------------------------------------------
『カラスと人の巣づくり協定』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1540-5.html
後藤三千代[著]
1,600円+税 四六判上製 128頁 2017年6月刊行 ISBN978-4-8067-1540-5

カラスはなぜ電柱に巣をつくるの?
止めさせることはできないの?

30年に及ぶ研究でわかった、なわばり意識と巣づくりの習性。
カラスの巣を減らすには、「撤去」ではなく「設置」が鍵だった!
カラスの生態研究を通して、カラスと人が共生するやさしい社会を作り出す画期的方法。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★書評抜粋★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『小鳥 飛翔の科学』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1532-0.html
◆中日新聞 近郊版(2017年5月25日付)
九十三枚の写真は美しく力強い。人間の肉眼では捉えられない一瞬ばかりだ。中部大工学部の中村佳朗教授が空力学分野を監修。科学に基づいた新しいバードウオッチングの手引書となっている。
----------------------------------------------------------------
『落葉樹林の進化史』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1528-3.html
◆日本生態学会ニュースレター No.42(2017年5月)山浦悠一氏(森林総合研究所)評
通してみると、アメリカにおける森林の再生、分断化の研究、シカの増加、自然保護の展開などが私にとっては特に興味深かった。しかし、読者によって関心は異なるであろうし、多岐にわたるテーマを扱っているので、森林の生物の生態や保全に関心を持っている人には、広く興味を持っていただけると思う。
----------------------------------------------------------------
『先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか!』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1538-2.html
◆日本経済新聞 夕刊(2017年6月15日付) 竹内薫氏(サイエンス作家)評
ハラハラしながらゲラゲラ笑える。そして科学的。そんな編集方針?がシリーズ第1作から全く変わっていないのも素晴らしい。
----------------------------------------------------------------
『アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1536-8.html
◆読売新聞(2017年6月19日付) 塚谷裕一氏(植物学者・東京大学教授)評
選ばれた十九種の中には、庭木や街路樹でも身近な種類も多いため、山歩きをしない街の園芸愛好家も楽しめる内容となっている。都心のあちこちでも目にするマテバシイが、実は国内では九州南部以南が本来の自生地であり、今、関東南部で見られる林は、昔の大規模植林の名残だというような話は、誰にとっても興味深いものだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ほっとトーク★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
黒くて酸っぱいドイツパンにハマる

自宅の近所にあるOKスーパーというチェーンストアで、食パンを買おうとして、見慣れないものを見かけた。ヤマザキの食パンや菓子パンが9割がたを占めるパンの棚で、明らかに異質な黒っぽい直方体のドイツ製の有機ライ麦パンが棚の端に蒸しパンやカレーパンに埋もれるように並んでいる。
有機無農薬野菜や食品を専門に扱っている店ではなく、普通のスーパーだ。高円寺に住んでいたときには、住まいの1階がこのOKスーパーだったが、このパンは見かけなかった。なぜこんな変わったパンを売っているのか? 私が知らないだけで、いまこのパンが流行っているのだろうか。怪訝に思いながらどっしりと重いパッケージを1つ買い求めた。
学生の時、ドイツを旅行しているときに、お金がなくて、よく食べた。炊きたての白いご飯と対極にある食べ物。ドイツ人はこんなものを日常食べているのか、とカルチャーショックだった。腹持ちはよいが、酸っぱくて(くさっているのか?と、当時は正しい発酵食の知識がなかった私はおもったものだ)、冷たくて、固くて重い。全粒ライ麦や、カラスムギ(燕麦)や大麦でできているので、よく咀嚼しないと、いつまでも口の中でぼそぼそする。個性の強いチーズやハムと一緒ではないと食べられたものではなかった。
それが、数十年ぶりに口にしてみると美味しいのである。冷たいままで少しずつかじっても、雑穀の風味が口の中に広がって、まっとうな、懐かしい食べ物のあじがする。オーブンに放り込んで、カリッと温めても、酸味はなくなるが、温めないで食べるのとはまたべつの香ばしさだ。かなりの咀嚼を要求されるので、量を食べられないのも、体重過剰の私には好ましい。このパンを食べはじめたら、あじけなくて、白いパンが食べられなくなった。

築地書館社長 土井二郎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★重版情報★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『農で起業する!』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-1301-5.html
◆28刷出来!
----------------------------------------------------------------
『樹は語る』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1496-5.html
◆3刷出来!
----------------------------------------------------------------
『反★進化論講座』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-1340-6.html
◆4刷出来!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ニュース★ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●品切れ・在庫僅少本リストも充実した総合図書目録を発行しました。
ご希望の方は、メールもしくはお電話でご連絡ください。
----------------------------------------------------------------
本メールマガジンの転送は大歓迎です。

ご意見・ご要望などございましたら、
ぜひ、下記メールアドレスまでお寄せください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Mail to:doi★tsukiji-shokan.co.jp
(★を@に書き換えてお送りください)
----------------------------------------------------------------
*レイアウトが乱れる場合は、等幅フォントの指定でお読みください。
*書名の下のホームページアドレスで本の詳しい内容がご覧になれます。
*各URLのISBNが各書籍のISBNとなっております。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【築地書館Book News】
発行元:築地書館株式会社
郵便番号:104-0045
住所:東京都中央区築地7-4-4-201
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799
URL:http://www.tsukiji-shokan.co.jp/ 
築地書館ツイッターURL:
https://twitter.com/tsukijishokan 

-----------------------------------------------------------
本のご注文、ご感想、図書目録のご請求(無料)は下記メールアドレスまで、どうぞ。

<ご注文> eigyo★tsukiji-shokan.co.jp 
(★を@に書き換えてお送りください)
※直接のご注文は1回の発送につき何冊でも送料230円を頂戴しております。
お支払方法は、
・代金引換(手数料無料)(税込1500円未満の商品の場合、別途手数料300円をいただきます)
・郵便局での振込(手数料無料)
・銀行振込(手数料お客さま負担)
のいずれかになります。コンビニエンスストアでのお支払いはできません。予めご了承ください。
ご希望のお支払い方法をお書き添えいただき、上記メールアドレス、もしくは小社電話番号(03-3542-3731)までご連絡下さい。ご注文お待ちしております。

<ご感想> doi★tsukiji-shokan.co.jp
(★を@に書き換えてお送りください。全員の方にお返事をお出しできませんが、お送りいただいたメールは必ず読んでいます)

-----------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000052908)を利用して発行しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込・解除・バックナンバーは、http://www.tsukiji-shokan.co.jp/merumaga/index.html からどうぞ。

築地書館BookNews

RSSを登録する
発行周期 月1回
最新号 2018/09/28
部数 350部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

築地書館BookNews

RSSを登録する
発行周期 月1回
最新号 2018/09/28
部数 350部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング